おかげさま
古民家カフェ おかげさま 加古川市八幡町野村字三家556-2 tel:079-438-3024

記録☆スライドショー

2014.9.28
播磨の國 豊穣祭




2016.3.7~4.2
菅原真樹 出版記念
はりま11カ所
山から海への数珠つなぎ




2016.6.12
青木敬介×菅原真樹
『タマシイの海トークショーVOL.2』




2016.6.26~6.27
菅原真樹
in西脇市住吉町2days




2016.3.21(月・祝)
おかげさま春の手作り市




スポンサーサイト

11/23(木・勤労感謝の日)は@おかげで

明日は、ここ、おかげさまにて
朝10時から
太陽光ボイラーの組み立てから熱が採れるまでのしくみを、学びます♪
お日さまでたら、いいのにね☆

お昼ご飯は
わたしが、一汁一菜をお作りし
お出ししますね。


先日、愛知県の方から頂いた無農薬野菜


立派なショウガと、大根を使って
佃煮にしました。
これも一品、お出しします♪

それから〜、地元市川町のレンコンを
播磨の友人から、頂きましたので、これも当日、使わせて頂く予定♪


昨日(11/21・火)は私のOFFで
朝から、『ご当地エネルギー』のミーティングがあり、行っていたのですが

23日は参加できないけれど〜と
co-op自然派のサツマイモを、差し入れして下さった方もいて(笑)



みんな優しいし、来れなくても気持ちで参加して下さっている方々にも、日々支えられていて、それで本来地域は、成り立っといるようにも思います☆

感謝


明日のお昼ご飯後は〜
3名の講師をお迎えして、学習会です☆

お時間のあるかた、ふらっとご参加もOKです♪


さてさて
高砂で
11月になって、知り合い2組が
立て続けにオープンしたカフェがあって

昨日はミーティングが終わったあと
みんなでランチに、そのひとつのカフェに行ってきました

ビーガンカフェです。


私がオーダーしたのは、カレー♪



地元では、なかなかまだまだ
ビーガンカフェは、なかったので
ひとつ、できて、よかったかな。


そして
🔴11/25(土)には

今年のアンコール開催だとか☆

福崎にて、オーガニック・コートが開催されます。

福崎町サルビアドームにて

10時〜15時

私も、ギター倶楽部までには、戻ってきます♪



で、翌日
🔴11/26(日)は
播磨灘を守る会☆総会に、行ってきますね♪(笑)

11/19(日)加古川マダン♪

明日の11/19(日)は
こちら

第15回なかよし
加古川マダンに、行ってきます。

最近は、私も常連と言ってよいほど、おかげを締めて、毎年行ってます(笑)

第一部
朝10時〜お昼ごろまで
学習会

第二部
お昼からは
野外ステージにて
司会、ターザン山下さん
各国の伝統・民族舞踊や音楽のステージです♪

そのまわりには
各国の屋台もでてるよ♪
楽しいよ♪♪

お時間のある方は、ぜひ☆


そして・・・
ご案内です☆


エネルギーの地産地消をめざして

今、エネルギーの多くは遠い外国から運ばれてきた化石燃料などによって、まかなっております。
しかし近年、日本でも電力の自由化がはじまり、先進地では地域でエネルギーをつくり、地域で使う動きがでてきております。
播磨地域でも、高砂では「ご当地エネルギーはりま」というグループが活動を進めております。
そこで、はりま塾では「ご当地エネルギーはりま」の活動の紹介と自然エネルギーのパワーを体験いただくことで、参加される皆様にエネルギーの地産地消について考えていただく機会を提供できればと下記のような勉強会を開催いたします。
是非とも参加いただきますようよろしくお願いいたします。


日程:11月23日(祝木) 10:00~15:00程度
場所:喫茶おかげさま (加古川市八幡町野村556-2)
参加費:500円(一汁一菜付)
<プログラム(予定)>
受付9:45~10:00
0)はじめに 
1)福寿さんの太陽熱ボイラーの紹介及び組立
  *11時頃~イモ焼き等デモンストレーション開始
  *12時頃~できたものをいただきましょう。(晴れたらいいね。雨ならごめんね。)  
2)12:30~13:30 昼食タイム                      
3)13:30~13:50 「ご当地エネルギーはりま」の活動経過紹介 山本清子さん
4)13:50~14:20 横山先生より総評と最新情報提供 
5)14:20~14:30 休憩              
6)14:30~15:00 福寿さんの太陽熱ボイラーのお話
7)15:00~三々五々解散 希望者はティータイム 
 
申込締切 11月19日(日)


◎講師紹介
「ご当地エネルギーはりま」山本清子さん
勉強会重ね、映画「日本と再生」の上映会を実施。
最近では「10/28 高砂での「市民電力」の可能性を探る」「11/12 地域のエネルギー資源 発見ツアー」を開催。

横山孝雄先生
専門は環境経済学
西脇市をはじめ多くの市町村の環境審議会の会長を歴任。はりま塾でも、一年目、○エコロジーとエコシステム○地球温暖化問題の本質を知る○温暖化問題の抑制と低炭素社会づくり  ○地産地消の再生可能エネルギーに取組む○加古川流域の生態系をもっと詳しく知ろう―森編―海編―川と里編○エネルギー・電力の自由化と分散○加古川流域のバイオマスエネルギー利活用などをテーマに講義いただいた。

福寿喜寿郎さん
元JFEメカニカル技術者、シエラテクニクス株式会社代表取締役
太陽熱ボイラー開発者
途上国で水の殺菌にこまっているいう仲間の報告から、太陽熱ボイラー開発をした。
東日本大震災の時にも、ボランティアでお湯の提供をした。
世界に向けて、太陽光ボイラーの開発、流通にいそしまれています。


<申し込み先>はりま塾世話人 島﨑淳二 秋田和美
連絡先
TEL/FAX 079-440-2720(島﨑) 
携帯 090-6734-7344(島﨑) 090-8233-4371(秋田)
Email j_shima@msf.biglobe.ne.jp(島﨑)  c-12.12@i.softbank.jp(秋田)


11/16(木)第二回はりまなだ潜水調査

今年6月に実施した
播磨灘、潜水調査の第二回目が
綿密な計画の元

11/16(木)に実施されました。

主宰は、「播磨灘を守る会」代表の青木先生と前回から引き続きの地元の有志たちです。

秋の海中は、透明度が高いと言う事と
実施前の天候、潮の状態などを加味し

午前9時集合場所の西念寺で
一同、作戦会議

西念寺の庭では、併設の保育園園児たちが
マラソンしてました(笑)



そして、書斎にて
作戦会議


今回の実施内容は、海中撮影。

10時
室津港より出航



お見送り


境内では、チャロ、園児の人気者(笑)


12時
室津港帰港

おかえり


予定どおり
海中撮影も、成功したようで

一同冷えた身体を、温め
西念寺に戻って
昼食を頂きながら、振り返りミーティングでした。



今回も、地元のお母ちゃんたちの、お手製お昼ご飯は

旬の地元の干物や、牡蠣の佃煮
ぬか漬け
かぼちゃの煮物
大根と人参のなます
ご飯と具沢山お味噌汁

デザートは
おはぎ
クッキー


など、優しく温まるお母ちゃんの味でした。
ありがとう!!





途中
海中撮影の画像や動画の、データ処理の間

体調の優れない青木先生の身体を診る
整体師のだいちゃん
短い間でしたが、血行も良くなり、先生も喜んでおられたり


ご自身が著者の本に、サインをお願いしたり



データチェックも






最終17時過ぎごろまで(丸一日)
西念寺に長居し、今回の振り返りと、この後のアクションなど、話しも尽きぬまま

次なる予定
高砂に戻って

18時過ぎからは、ファーマーズキッチン
イヌイットにて☆

昨秋以来の、今秋の各人の報告会を兼ねた交流食事会に、はりま地域のみならず、各地(愛知・京都)・各種団体から、異業種の方々など、仕事帰りにも、駆けつけてくださいました。

あったかい
ペレットストーブと、イヌイットマスター・スタッフのあたたかい出迎えで

交流会もはじまりました。







第一部を満喫し
イヌイット閉店後、マスターのはからいで
第二部(笑)
マスター、ありがとう〜!!

まずは、お土産の愛知県の日本酒
地酒は、水が命
地元の清水を護りたいと、地元の酒屋が丹精込めた日本酒で、一同なにやら、盛り上がっちゃって、乾杯(笑)



スクリーンも、でてきた(笑
午前中の潜水調査ドキュメント(笑)

ふるさとのはりまなだの水深8mの映像は
私たち地元民にとっても、県外の方々にとっても、
感慨深いものでした。

なかなか、水深8mの海底の現状を、みれることも無いですから。。

この潜水調査実施の目的と今後を、ミーティングしながら、あっと言う間の温かくて、美味しい夜が過ぎてゆきましたました。

今回、潜水調査を実施してくれたスタッフメンバー、カメラを新調し、入念なコンデションキープで海中撮影をして下さったダイバー
そして、地元から、また遠方からも、集まって頂いたメンバー
スペースを提供して下さったイヌイット

なによりも、私たちに学びの機会を与えて下さった青木先生とはりまなだに

感謝し
この出会いや経験を、今後に活かして
ひとりひとりのふるさとを大切に、より良く次の世代へと手渡してゆこうと、私は思うのでありました。

ありがとうございます。
そして
お疲れ様でした!


11/12高砂ツアーレポ☆2



つづいて
海浜周辺の石炭火力発電所をあとに
北へとあがってゆきます。

到着したのは
日笠山

頂上から、西を見渡せば
高砂の海浜が見えました
そして、姫路市大塩の塩田跡地に、企業のメガソーラーが一面に広がっていました

頂上から、東を見渡せば
明石大橋、淡路島が、一望できました。

日笠山を出発し、阿弥陀小学校(屋根の太陽光パネル)を見ながら高砂市の北部山側へ移動


北部地域の長尾の「ため池コウノトリプロジェクト」の看板とエサ場としての魚道をみて
小水力発電の可能性も、探ります


高御座
ため池(新池)の駐車場で下車
高御座を見て一休みでした。
        
高御座は、「高砂市で一番風力の強い場所」
風況についてはどの地域でも環境省の   
NEDOで見ることができるのだそうです。

高御座をあとにして

高砂の名所のひとつでもある、石の宝殿
を、横切り

向かったのは、明姫幹線沿いの竜山県住
今回は、自治会長さんもご参加で、共益費(共同で使用するエレベーターの動力電気代など)削減を目指しての、再エネ導入の課題も、本格的に考えておられました。


そして、お次は、県住からすぐ

福祉法人施設の
ステップハウスさんの屋根の状況など見てきました。






そして、最後は
高砂市米田水源地

そして、ユーアイ帆ッとセンターに、戻ってきました。



約3時間強の、バスツアーでしたが

「高砂」を、ひとつのモデルケースに
姫路、西脇、明石、播磨町、加古川などからも、学びに参加され

自分の暮らす地域に戻って、「再エネ」を手段とした街づくりを。
今後の地域の情報交換も交え、新たな産業構造の構築を、これから、更に楽しんでゆきたいと思います。

資源発見ツアーのフィードバックは、これから追い追いに。