おかげさま
古民家カフェ おかげさま 加古川市八幡町野村字三家556-2 tel:079-438-3024

記録☆スライドショー

2014.9.28
播磨の國 豊穣祭




2016.3.7~4.2
菅原真樹 出版記念
はりま11カ所
山から海への数珠つなぎ




2016.6.12
青木敬介×菅原真樹
『タマシイの海トークショーVOL.2』




2016.6.26~6.27
菅原真樹
in西脇市住吉町2days




2016.3.21(月・祝)
おかげさま春の手作り市




スポンサーサイト

GW〜の予定


今年のGWは
4/29(土)から、始まりますね〜!!
(5/7まで、最長9日間)


GW中の、おかげクローズ日は・・・

⭐️5/2(火)OFFと
⭐️5/3(水)と⭐️5/7(日)です。


お間違いの無いよう、よろしくお願い致します。



・・・🔴は、暦上の祝日・休日・・・



🔴4/29(土)昭和の日
いぶきお預かり(笑)


🔴4/30(日)
チャロ7回目のお誕生日(笑)


5/1(月)


5/2(火)八十八夜

立春から数えて、88日目。
春の終わりを、意味しています。



🔴5/3(水)憲法記念日
⭐️おかげクローズ(大阪へ)



🔴5/4(木)みどりの日
* お昼は貸し切りです。


🔴5/5(金)こどもの日/立夏

暦の上で、夏が始まります。
新緑の季節、梅雨がこれから始まる前の、田畑作業の農繁期です。



5/6(土)



🔴5/7(日)GW終了日
⭐️おかげクローズ

恒例の新舞子浜、『海岸生物観察会』に、私は行ってきます。

播磨灘を守る会、青木先生からの案内文を、載せておきますね。


講師は、お馴染みの和田太一先生


度を重ねてきたこの生物観察会
そろそろ、まとめに入り、生物種・絶滅危惧種・希少種などの分類にかかりたいが

これほど「生物多様性」にすぐれ、生物像の多い干潟は、あまり見られない。

だからこそ、食物連鎖も複雑で、貝や海老・カニの類が豊かに涌くのである。

今、減っているアマモなどがもっと増えれば(増やせば)、クルマエビやカザミも、ずっと多く育つことになるだろう。

隣の岡山県、日生漁協などは、漁民自身がカキ殻を使ってアマモの増殖をやっいるが

兵庫県では、逆に

◆鉄鋼スラグ◆という猛毒が出る物の塊を、海に放り込んで、「海藻の養殖」をするなどと、馬鹿げた事をやっている(広畑港岸壁)

とにかく
新舞子の生物の多様さとその働きは、並みなものでは無い。
その働きを壊す事なく、次の世代に引き継いでゆく責任が私たちには重くかかっている。


🔵海岸生物観察会

5/7(日)
13時〜
新舞子西浜「かとれや」で開催



・・・GW、みなさん怪我や事故の無いよう、共に、お気をつけて、お過ごしください☆


4/25(特別公開セミナー)



14時〜約2時間〜!!

『石炭火力発電所による
大気汚染と健康影響』

についての、基調報告が、始まりました。


当セミナーのホストナビゲーターは

日ごろ、お世話になっている

「気候ネットワーク」の若手研究員さん


スタートから、満席で始まりました。


まずは、当日の午前中発表された
高砂火力発電所、増設計画延期!
の報告をふまえて

みなさん、お待ちかね
ラウリ・ミルヴィエルタさんの
基調報告を、約1時間

フィンランド出身だとか


優秀な研究者としては
まだまだ、これからの期待が深まる30代なんです!





これが、世界に数少ない、大気汚染による健康影響に関する分析、ラウリレポート

レジュメは、全て英語(笑

パワーポイントでは、翻訳と
通訳の方が、ありがたいことにいて下さって

ラウリさんの報告を、訳してくださいました。


ラウリさんの基調報告を経て


後半は〜

地元、高砂市民が
この増設をめぐり、どのように捉え、やってきた経過報告と、今後やってゆけることなど

地元のプロテクターでもある
高砂の石炭火力発電所増設を考える会、代表から、ナビゲーション




今回のフィードバックに関しては

まずは
ラウリさんの翻訳付き、ラウリレポートと

今回、来高砂に際して
高砂シュミレートも、作って下さっているので


それらを、後日、気候ネットワークさんから、送って頂き、再度深めてゆくことが、課題となります〜



ひとつ

世界では、『ダイベストメント』
と言って

要は
恥ずかしい仕事ぶりの企業においての投資は、引き下げる。

といった風潮も、始まっており

良く良く考えて企業も、取り組まないと
誰からも投資、消費してもらえない懸念から

さまざまな見直し、取り止め、改革、改善も

これからの時代、必須になってゆくようにも思います。



セミナー終了後は

高砂☆イヌイットに立ち寄り

セミナーの慰労に

美味しいご飯を、みんなで頂きました。





またまた
今後の高砂
石炭火力発電所増設についての今後の動きも、ここでご紹介しますね。

お疲れ様でした。

4/25(春は苦味〜!!編)






春の食材も、にぎやかになってゆきますね〜


今年は、タラの芽もよく食しました。

この時期のアクはまだ薄くて、下処理も楽しく
若芽を頂けるこの時期は、美味しい時節


4/25(火)は・・・


世界でも、まだ数の少ない、大気汚染による健康影響の分析調査の

専門家のお一人である、現在北京在住のラウリ・ミルヴェルタさんが、来日され

東京・仙台へ、調査基調報告に回られます。

そのタイミングで

「高砂」コーディネートしてくださったのが
世界の温暖化対策についての取り組みをして下さっている
「気候ネットワーク」(京都)

国内では、昨今
老朽化した石炭火力発電所のリニューアル(立て直しや増設)が、全国的なタイミングのようで

それに伴う、環境・健康影響に、国民は、危惧や懸念を抱いている人々も、少なくはありません。


しかも、その道の、人道的で正確な調査の専門家が数少ないため

今回、ラウリさん来日、東京・仙台に先駆け

皮切りの「高砂」にも、大阪、京都、岡山、熊本・・といった具合に、県外からも、ラウリさんの調査報告を聞きに、来られていました。


前日、関空から神戸入りされたラウリさんと

高砂スタッフたちは・・・


偶然にも

当日の午前中に


議会委員会で、現在、高砂の火力発電所増設計画を進めている、Jパワーの計画延期の、発表がされる。

(一旦、良き方向に)

ということで、ラウリさんと高砂スタッフたちは、傍聴に。

その後

高砂市議会、議長へ、表敬訪問
や、既存の、高砂石炭火力発電所、見学

とタイトな午前中


本番の
基調報告
特別公開セミナーは
14時〜16時



の合間のお昼のお弁当を
ラウリさんとスタッフ陣に
今回は、私が作らせて頂きました。

ラウリさん、ベジタリアンということで

日本の春の旬の恵みをあしらいました。









お昼は
高砂市議会の応接室を、使わせて頂き


私も、初めて
市議会に行きましたが(笑)

ラウリさんたちも
見学されていました。

高砂市旗も、上がっていますね。

ここで、市のイロイロが、会議されているのですね〜





つづく

種を蒔く



爽やかで過ごしやすい日中が続いていますね。

もっぱら、次の雨の予報(水曜日)まで
畑の整地と種まきに、空いた時間は、いそしんでいますけど







GWを来週に控え〜

5月、6月、7月、8月〜と、加速がついて

地域の予定や行事も、さまざま飛び込んできますね。

まずは、事故・怪我の無いように。


GWに先立ち、明日は
明後日の菜食お弁当の食材調達と仕込みに、取りかかります。
明後日は、高砂にて、基調報告を聞きに。


水曜日は、きっと雨なので

ん〜
今日、明日で、種まき出来るところまで
やりたいな!




庭の八重桜が、満開
ん〜、気持ちいいです。