おかげさま
古民家カフェ おかげさま 加古川市八幡町野村字三家556-2 tel:079-438-3024

人間の役割とは☆


朝さんぽ

丁度、今シーズン一番の冷え込みを、迎えた頃

昨日は、最低気温5℃を下回る気温
初霜が降りはじめてから、約半月

丁度、今が観察には、もってこい!!の時期だ

○昨日の畑

5℃以下になってくると、霜に弱い野菜と強い野菜が観察できます


手前が、秋じゃがいも
霜に弱いですね
カモミールは、元気(ハーブは、強い)

バジル
冷えてきても、かなり元気でしたけど
5℃以下が、境目でした


バジルとセロリ
セロリは、元気ね


アブラナ科
元気


さつまいも
弱いね


ほか、大根、かぶら、白菜、キャベツ、ほうれん草・・・など
冬野菜は、元気

夏野菜と冬野菜とでは、こんなにも違うことが、わかります。

わかりにくいですが、今朝の早朝さんぽでは、蒸気霧が水面から風に乗って、あがってきていました




そんな冷たい風にあたると、水面を泳いでいる鳥たちを見て、すごいなぁ。と思ってしまいますが
いやいや、特性が違います、人間と鳥の種がね。





生き物は全て、植物、動物、さまざまな特性を持って、その役割が、日々の営みとなってゆくわけですが

人間は、他の生き物たちが、その役割を果たせるような環境を、整えていってあげなければなりませんね。

今は、視野が狭く、人間は、人間を中心に環境を整えているように思えます
(それが、他の生き物たちにとっては、生きづらい、住処さえ、結果、搾取してしまっています)

人間も、生き物の一部ですから

そして、他の生き物には出来ない、考えたり、手足口頭を動かし、できることがいっぱいあります

だから、他の生き物たちが、役割を果たしやすい環境とは?を、考えて、搾取ではなく、他の生き物たちを、活かす自然環境作りを仕事、働きにしながら
私たち人間も暮らしてゆくことが、本来の暮らし方では、ないでしょうか
スポンサーサイト

すす払い☆

1日1日、毎日を、力いっぱい生きる日常では、毎年暮れのせわしなさも、物理的現象では、あっても、感情の高揚感は少ない方ですが。(超現実的なもんで)

なんだか、昨日は、例年に比べ、少し早い、「年忘れ」が始まった気分♪(毎日が、生き物・なまモノだわ・笑)

いや~今年も1年、ほんとに、いろんなことがありました。(振り返れば、あれもこれも。と話題に出てきますね)

もっぱら、1年やったことを、すぐ忘れてゆく私ですが(また、次が、すぐ来るから)
そんな忘れん坊の私であっても、身体(心と体)は、体験を記憶しているものです。(体得になっていれば良いのですが)

話しに出てくると、その体験がよみがえってきて、そのときの臨場感に、様々なことを思い出し、笑ったり泣けたり(笑

こーゆーとき、お酒があると、尚、盛り上がる(笑

だから、忘年会というものは、1年を一緒に過ごしてきた人々と、1年を振り返り、飲み食いしながら、その1年のすす払いをしておくのかも、しれません。

新しい年を、スカッと晴れて迎えるためにね。。。

昨日は・・・
年内には、地元九州へ帰郷が決まった

久保家(たけちゃん、ゆら、はると)が、1日、おかげで、過ごしてくれました。

実は、先約が決まっていまして
それがかえって丁度、良い具合だと
たけちゃんが、おかげにて、今年最後の心体調整塾を開いてくれました。

またこの組み合わせも、私たちにとっては、今年の風物詩でもありました。

今年最後だとうわさを聞いた方々が、たくさんお集まり下さったこと
先約のお客様と重ねて、にぎやかだった1日

思えば、夏の終わりに、一度。。。
そして、今回は、年の終わりに一度。。。

節目に組み合わさる、この光景でした

チラッとお見せしますね(チラッとだけ見てね)










(笑)

来て下さった方々は、みな喜んで下さり、よかった(^。^)

私は。。。

ランチにてんてこ舞いでしたが

腕は、ともかくも

講座の合間に久保家と一緒に、今年最後にみんなで食べて頂く、お昼ご飯に

昨日意識したことは

温かく、優しく、健康的で、いつでも食べたくなる懐かしい味、ご飯

でした。


いつでも、また食べたくなる


きっと

お母ちゃんのご飯

であったらいいなぁ

と思いました。



みんな、健やかに☆

明日は心体調整塾ファイナル!!


静岡帰りのえ~さん
お土産くれた(笑)

年を越せば101歳になる、うちの村の長老だ

2、3日前に、うちの村の95歳が亡くなった
当日まで、元気に歩く、賢いおじいちゃんだった
ワシに続くと言ってたのになぁ。とえ~さんは、言う
(内心、あんたに、続く人は珍しいよ)と思ったが、うんうん。と答えた。

村の「世代交代」を、少しづつ実感してゆく。
大切なことを、私たちは、受け継いでるだろうか・・・

・・・さて、明日のおかげは
たぶん、ごった返しです。

たけちゃんのファイナル心体調整塾!!!もあるし。

今年最後に、じっくり自分の調律点を、たけちゃんの講義で、しっかり見つけてゆきましょう

たけちゃんたち一家のおかげ来店は
明日と、12/8の忘年会の2回かな


九州に帰省する前に、会いに来てあげてね☆

週末のお知らせ・⑤

街は、Xmasを意識するような飾りつけが、始まっている頃でしょ~か?
街に最近出かけていない私です(笑)

もっぱら、ちびっ子、じいちゃん、ばあちゃん、おっちゃん、おばちゃん、そして、森、畑、犬と戯れる毎日(笑

これが、実は結構、面白いんだなっ(笑
リアル過ぎて(笑
偽りがないもーーーん
綺麗事で済まない、生活の人生の笑いあり涙ありのリアル感が、一番しっくり来るわ(笑)
おかげに来たら、それに慣れてね(笑
飾りませんから(笑
素で勝負しますからっ

・・・さて今週末は、月の変わり目
11月から、12月に移行する土・日

これまた、催しのダブルブッキングとも言える、重なりっぷり!!
届いている地域の催しだけで、5つ。
ひとつひとつが、つながりの中で
さらに、現代を生きる我々にとって大切な問題定義とし、ポイント(主旨)別に、主催者が企画してくれている。

師走を目前に、忙しい時期ですが
目先にとらわれず、ピンッ!とくるものには、時間を作って、ぜひ足を運んで欲しいと思う。

・・・11/30(土)・・まずは3つ
○明石市相生町1-9-16
明石中崎公会堂にて

成功チャンネルまるしぇ
ココロ・カラダ・細胞が緩んでリラックス
ゆとりができると
気づきもしなかった自分に出会い
トビラがヒラク

なんか最近疲れてる・・
自分で自分にブレーキかけてる・・
何かはじめたいような・・

そんな人、向き♪
あなたにあうチャンネルを見つけてください。
豪華出店数・多

10:00~16:00
入場無料

○姫路市増井新町2-12
姫路市花の北市民広場2階第3・4和室

岡山の田舎で自然農5年
ノリランカ農園さん・・「私たちの考える自然農とその未来」
丹波大納言小豆「黒さや」
柳田隆雄さん・・「黒さやと農への取り組み」
をお迎えして・・テーマ「経験と試み」

地域と人と土と作物・・・有機的な命の循環で、大切にしていることとは、何か?
せまってみたい

10:00~16:30
参加費999円
自然農連絡会たなか(090-7879-8736)

○姫路市林田町奥佐美688-1
コゲラ文庫

家庭菜園で野菜を作るように
電気を自給してみよう!

だれでも出来るオフグリッド(no送電線)
太陽光発電セミナー&ワークショップ

講師
北海道在住の早川寿保さん

3・11をきっかけに、エネルギーについてみんなで考え、できることからはじめてみませんか?
早川さんが実践されてる独立型の発電は、さほど珍しいことではなく
誰でもリーズナブルに自家発電できるもの
お金をかけず、家計も意識も、スリムにすっきりしてゆく
自分の家で電気を作るノウハウと、その楽しさを、早川さんは、伝えてくれます。

14:00~
1500円
丸山・中田079-261-3400

・・・12/1(日)・・2つ

○高砂市荒井町蓮池2-12-8
高砂カトリック教会「働く人の家」

30日に、早川さんのお話しを聞きに行けなかった人、向き♪

早川さんの楽しく電気を作っちゃおう!
14:00~
1000円
早川さんのセミナー&ワークショップ

お問い合わせ
079-442-2500

○丹波篠山エコラの森

定期
里山整備活動

10:00~15:00

命の循環のための整備の、スタートポイントは、山よ!
わかってるよね

お問い合わせ
エコやバオバブ079-413-6652

・・・・・詳細、各チラシは、おかげ店頭においてあります。

ふぁ~☆

美味しい季節



花として花として咲かせてあげたぁ~い

喜納昌吉かぁ。。。

・・・さて

昨日も書きましたが、冬野菜の美味しい頃
みずみずしい葉っぱも、田舎料理のひとつ
おかげランチにも、りっぱな逸品

定番ですが

かぶらや大根の葉っぱは
お漬け物にしたり





昨日天日干ししてた大根の葉っぱは
ジャコとごま油で炒め、すりごまをさっとふる



あつあつご飯のおともです。

ご飯のおとも。。。と言えば

思わぬ好評を頂いております、これ。


ハラペ~ニョ♪たべて~にょ♪(笑)



秋からロット注文2回目(笑)

店頭販売にはうるさい私ですが(笑)
しかも、少々遠い長野県産ですが

モノは、土壌作りを中心に、自然の仕組みにそった無肥料無農薬の素材を使った辛みそです。

ランチのお客様などは、即買いし、ランチのあつあつのご飯にのっけて、食べられ(笑)、帰りにもう一つ買って帰られたり

ほぼ一度購入された方のリピートで、回転するといった
作り手にとっては、この上ない、嬉しいことだと思います(^。^)

大量に作り過ぎて。よかったら。と言う先方
モノも味も良いし、少しお力になれたら。。。と、ロット注文を始めたわけですが

播磨のみんなは、ご飯がすすむ君らしく、予想を上回る好評ぶりで、双方によかったなぁと、思います

まだお試しの無い方は、無くなる前に一度お試しを、どうぞ(笑)


こじろうも、久しぶりに見るとおっきくなった
2歳と10ヶ月


重いかぼちゃを持ち上げられる力持ち(^。^)

来年、お兄ちゃんになるんだ~☆
楽しみだね(^。^)

重大問題

白菜、青菜、大根、かぶら・・・
冬野菜の美味しい季節です

ほうれん草や小松菜などの葉物類は、たとえ気温が氷点下になっても生き抜いていくため、凍って細胞が壊れないよう葉物自身が、糖分を増やすそうです
寒くなればなるほど、糖分を増やし、より甘さが増し美味しくなると言われます

・・・今日は指標だいこんを、二本抜きました。

まず一本目

○葉

虫食いがほぼ無く、葉数もちょうど良い塩梅
みずみずしく、薄すぎず濃すぎない緑色

○実

大きさも、大き過ぎず小さ過ぎない
傷もなく、割れもない



この畝の土壌のバランスが、植物を見れば、わかってきます。

・・・

二本目

ここは、昨年の大根のこぼれ種で、いつのまにか育ってた大根
土壌は、あまり手をかけていない、有機物量が、少ないと思っている場所



抜いてみました


右がその場所で育ったこぼれ種の大根

やっぱり、実は小さかった

*有機物(土壌生物)が少ないと、それだけ、働きが悪く、植物を太らせませんね

多種多様で、その土壌にふさわしい土壌生物が、必然的にバランスよく増えながら活発になってゆくと、植物の状態も、一番バランスが良く、調子の良い美味しい野菜になってゆくと思います

がんばれ、土壌生物!
そして、私!

収穫後の2本は、天日干しに



・・・そして、今日も森へ資材集めに

行ったと思ったら
あまりにも、枯れた木が、元気な木にもたれかかり過ぎなので

それを、取り除き始めたら、キリがなかった

中には、ツルが巻き付いていた枯れ木





ツルが枯れた木にしっかり巻き付き、枯れた木に同化するように、下から上へ
上のつるは、元気な木にしっかり巻き付いて、枯れ木が、ツルによって、宙に浮いてた

負荷は、元気な木が全てうけてるわけだ

は~~~

キリがないっ

私にとっては、重大問題だ

恋するフォーチュン♪

かなが見つけたこれ♪

あいらぶ北播磨♪♪

プリティ北播磨♪♪♪




心体調整塾☆ファイナルサプライズ!!!

さて、11月も月末を迎えてゆきます。

2013も残りわずかな毎日を、悔いの残らぬように、1年の、強いては人生の清算、整理を念頭に置きながら、ひとつひとつ感謝の思いで、丁寧におかたずけし
また新たに、年神をお迎えするキリの良い新年に、心残りを残さず、すっきりまっさらに、みんなと新年を祝えるよう
出来る以上のことは、努力目標とし、やっておきたいものです。
まずは、自分です。
(にしても、やること多いわよね・バンガロー)

・・・先にも、UPしましたが
12月に入ると、恒例の忘年会
今年は、今年4月から、月一回、よくま~頑張ってきたよな~と、振り返れば、近代のお母ちゃんたちの、明るく、たくましく、へこむけどへこたれない、貪欲に学びを楽しむ、そんな姿が印象的でした。
そんな地域のお母ちゃんたちの今年の〆に、みんなで力を合わせて、忘年会のおもてなしお料理で、みなさまを迎えます。

・・・そして、出会った期間は短い方だけど、あっという間だと感じるのは、一緒に過ごした期間が濃厚過ぎたから???(笑)

久保家
たけちゃんとゆらとはると



ここだけの話し?(笑)
彼らが、おかげに初来店してくれたのは、たぶん、何年か前の、暮れの忘年会の日だったよね



そのときは、まだ、はるとは居なかったけど。
2人、にぎやかな忘年会の席で、目が点になったかも知れないけど(笑)



それから、今まで、おかげもみんなも、この家族に本当にお世話になりました。











そんな久保家が、故郷に帰郷する門出を祝って、12/8は、ご招待していますが

その前に、たけちゃんから、ファイナルサプライズを、頂けるようです

残す所、彼らにおかげで会えるのも、2回かな

両日、家族3人で来てくれると思いますので
今年最後の久保家に会っておきたい方々は、どうぞ、3人の顔を見に、来てやってくださいね。
喜ぶと思います(^^)



・・・では、たけちゃんより、ファイナルサプライズの文章を頂きましたので、普通はあり得ませんが(笑)
やってくれるそうです!!!

こぞって、どうぞ☆



【 心体調整塾@加古川 古民家カフェ おかげさまファイナル感謝の無料解放 】

来月、心体調整塾は、
福岡の糸島に移転します。

心体調整塾が形となったのは、
兵庫加古川にある古民家カフェ
おかげさま

という場所や人の大きなおかげさまがあります。

大きな感謝の気持ちを込めて

心体調整塾を無料解放します。

日程

11月28日(木)
10-16時頃
(途中ランチ休憩)
途中入場、退場歓迎

ランチご希望は、
おかげさま和美さんまで

おかげさま
加古川市八幡町野村字三家556-2
(秋田仏壇店裏)
tel:079-438-3024

ドリンクご希望は当日オーダー

塾は当日参加でもOKですが、
僕までコメントやメール参加のご連絡くださると助かります。

sintaichosei@gmail.com
久保

・・・



たけちゃん、ありがとう♪

12月のお母ちゃんの台所



12月は、「お正月の準備」
~おせち料理を中心に、お正月に備えた昔からの飾り物や現代風にアレンジしたあしらいを、学びます。

その後
忘年会&送別会となっています。

〇台所申し込み締め切りは
25日(月)までに、参加人数(大人〇名・子ども〇名)をお知らせ願います。

〇参加費は、「おせち料理&忘年会&送別会」を兼ねているので、
材料費は、いつもより高くなる可能性がありますが、飲食にかかる材料費は、来場のみなさんでの割り勘になると思います。

〇持ち物:お重・風呂敷包み・包丁・まな板

****12月8日タイムスケジュール****

9:00 ・おかげさま集合
     ・おせち料理のお話
     ・おせちのお重の風呂敷包み(お重と風呂敷各自持参)
     ・はし袋作り
     ・ポチ袋作り
     ・入口のお正月飾り
     ・テーブルセッティング
   
10:30 〇おせち料理3品実演
       ・黒豆
       ・伊達巻
       ・昆布巻き
      〇おにぎり作り
 
12:00 〇おにぎりとおせち料理味見
      〇ちょこっと休憩
      〇忘年会&送別会準備(参加者みんなで作りましょう)
       ・筑前煮
       ・茶わん蒸し
       ・田作り
       ・赤飯の肉巻
       ・紅白なます
       ・さつまいもきんとん
       ・おにぎり
といった、お正月メニューを練習がてらチョイス

14:00 〇忘年会はじまるよ(^^)

      無礼講の為、順次解散

**********************************************

以上が、ざっと台所の予定ですが
12月の台所のお母ちゃんたちが、作ってくれるおせち料理メニューで、忘年会が、はじまります

*飲食にかかる材料費は、来場のみなさんでの割り勘になるとおもいますので、ご了承ください。
無農薬野菜の販売や、差し入れは大歓迎です

それでは、お母ちゃんたちのおもてなしで、みなさまをお迎えしますので
お誘い合わせの上、今年の忘年会に、いらしてください
お待ちしております(^^)

2013大・忘年会!!!

子どもは風の子♪

咳コンコンしてる大人も子どもも、季節の変わり目、今年も、多かったですが

『自然な経過を乱しさえしなければ、風邪をひいた後は、あたかも蛇が脱皮するように新鮮な体になる』

なんて言われることもあります。

無理に抑えたり、治そうとせず
おさまるのを待てば、それだけで本来良いですね。

それにしても、最近の子供たちは、習い事も多くて、大人並みに忙しそう

先日、夜9時半に終わる八幡小学校での空手のお稽古を、ちらっと見てきました


小ちゃい子、かわい~(^^)

みな、がんばってるなあ~
私も、まだ、体動くかな~

刺激されて、ちょっと、体がうづく気分になりました(^^)
気持ちは、まだまだ元気
体があんな風に、あれ以上に動く気になってますが
現実は。。。
さて、どうなんでしょうか



本日は、オフあけ

陽だまりの中で、スヤスヤしている
そばで

12月の打ち合わせを行いました。

今年の締めくくり月
いや~、今年も1年、早かったー
そして今年も1年、お世話になりました。
みんななんとか無事に、1年を越せそうな

そんな感謝の思いを、みんなで分かち合える1年の年忘れ

大・忘年会を予定しています。


ときは、12/8(日)
14:00ころから

*午前中~14:00までは、12月のお母ちゃんの台所予定(詳細は、またUPしますね)

お世話になった方々の中で、久保家(たけちゃん、ゆらちゃんたち)が、ふるさと九州に、お引っ越しが決まり
送別のご招待もしています。

彼らにゆかりのある方々や、台所の前身であるやさい☆ま~けっとメンバーや、強いては、おかげの常連の皆様などなど、どなたでも

2013大・忘年会となりますので
慌ただしい時期では、ありますが
皆様にお会いできることを、一同、楽しみにお待ちしております☆

待ってるねー(^^)

Ilove○?

現在の「播磨」は

○東播磨:明石市・加古川市・高砂市・加古郡

○北播磨:三木市・小野市・加西市・西脇市・加東市・多可郡

○中播磨:姫路市・神崎郡

○西播磨:たつの市・相生市・赤穂市・揖保郡・赤穂郡・宍粟市・佐用郡

に分かれているようです。

おかげの所在地は、加古川市(東播磨に属し)
おかげに隣接する、加古郡(稲美町)や、三木市をはじめ、そのまわりには、明石や小野と広がってゆきます。

播磨の中で各位置に暮らす、播磨地域の方々を中心に、おかげの日々の来客は多く、又、地区ごとに、地区の風土、特性、カラーを活かした地区作りが地区の方々によって、繰り広げられています。

・・・明日の11/19(火)は

そのひとつ加古郡稲美町

いなみさん家と稲美だいすき!!
Ilove market
いーらぶまーけっと

が開催

10:00~14:00

稲美町加古大池



稲美だいすきっ子たちが、約24組出店です(^^)

いなみさん家(いなみさんち)と名打つくらい(笑)
出店の中には
173(いちななさん)で、い・な・み(笑)
といった、稲美をこよなく愛す
いなみっ子たちも、勢ぞろいです

楽しそう♪
お時間のある方は、稲美町外からも、ぜひ☆

・・・本日は、この方々が




Ilove music♪
全盲のギターリスト(今日は、鍵盤ですが・笑)
デジタルだわ~
私、ちんぷんかんぷんですが

かずとは、現在、これで作曲中だそうです。
久しぶりに見たら、背もぐんっと伸びてて、現在160㎝
春には小学校も卒業
ん~、子供たちの成長は、早いものです

でも、好きなことが見つかってる
と、活き活きしてるよね~☆

あなたのIloveは、なんですか~

・・・おまけ・・・



と~っても、嬉しかった☆

・・・私のIloveは

【自分のイヤから逃げなかったあと】

いろんなおかげさまに、出会えるから。。。

おかげさまで~☆
Mです☆

いのちの循環舞台



おかげは、11/13に、10年目突入となりました。
みんなのおかげね。
畑も、10年目となりますが。。。
【おかげの畑の実験研究内容のポイントは】
○農薬、人工肥料も施さないこと
○太古の水を使用していること

*太古の水というのは、ただの蒸留水です。
数年前から、試用していて
人体もそうですが、畑の生き物(動植物)の細胞にその蒸留水が、どのような働きを持って、良質に循環してゆくのか。

過去の圃場の履歴から想定する残留農薬や化学物質、有機肥料による腐敗層
それから、近年では、黄砂に混じる汚染物質や、放射能など。。。

ハウスも無い土耕栽培ですから、防ぎようの無い汚染を、太古の水を使ってどんな数値が出るか、実験研究中

そして、もともとの土壌(有機物量が少ないとき)から、肥料を使わず、いかに、土中の生き物の絶対数を増やすか。を実験研究するため

地域にあるさまざまな有機資材を円滑に供給してゆくことにつとめました。

これからも、このポイント2点をはずさず、取り組んでいくと思います

・・・
今朝も、朝からいぶが来店(笑)
今日は、お天気も良いので、森に行くつもりだったので
いぶきも、喜んで、行くことに♪


出発前のご機嫌ぶり(^^)




森の中の落ち葉や枯れ木を袋にいれてゆきます


私は、数年降り積もった落ち葉の層を掘ってゆくことが、いつも好き
その感触を体で覚えるために



・・・お邪魔しました。と森をあとにし
持って帰った森の資材を、昔で言う「刈敷」にしたり
今日は、小さな実験用に使いました。


まず、畑の一部に、穴を掘ります


次に、森の資材と土を交互に、ミルフィーユ状態に、埋めてゆきます



いぶきが立ってる位置が、埋めた場所
ふわふわした、立ち心地のようです

埋肥になるかな

菌がすでに回っている森の資材を、土中生物が、食べたり、菌が増えたり死んだり・・と、土中での循環が活発になり、いのちが育まれている舞台となります☆

来春に向けて

11/9に開催された
くらしのていあん展ー有機的な循環ー
スライドショーが、出来上がり
ブログトップにあげてくれています。


何回見ても、泣いてしまう私ですが(笑)

よかったら、お母ちゃんたちのくらしのていあん手作り発表展の様子を
スライドショーでも、ご覧くださいね。

・・・さて
本日の午前中は

毎年、来春に予定する
「おかげ春の手作り市」の話し合いが
はやばやと始まりました。

毎年、開催の有無をはじめ運営を、ゼロから検討し直すわけですが

何においても、継続し続けるモノに関しては、立ち上げから大切にしてきた、開催主旨や本質を、再確認し
運営コアメンバーが、前年の反省をプラスに変えて、開催決定へと運びます。

来春の開催も決定し
日にちも仮日程が決まりましたので
例年より、少し早いお知らせとなりますが
準備が整い次第、配信してゆきますね。


今週一週間は
中学2年生が職場体験などを通して地域について学び「生きる力」を育むことを目的としている
兵庫県で実施されている、トライやるウイークでした。

秋仏で一週間を過ごした彼らですが
今日が最後
おかげへも、ごあいさつに来てくれました
可愛いね(^^)


いわもと農園の
無農薬レモンとしょうがをGET

無農薬のカボスと3種
蜂蜜漬けに♪



これから
寒さ厳しい季節に、入ってゆきますから
体調管理と調律を、個人個人意識しながら、家族の健康も考えて(私はお客さんの健康も考えて)

一冬越して、健康的に春を迎えることができるように
旬の食べ物、そして食べ方を
毎年思い出し、季節の変化と共に、手作りで、おもてなししてゆけたらいいなあと思います。

ぬくもりに包まれて

冬仕様へ。。。















ていあん展のお礼
全部、手作り


夕方は、3人合同お誕生日茶話会でした

・・おまけ
すべりこみ~食欲の秋?!

今週末のお知らせ♪

11月は、メインイベントをはやばやと終えて。。。
個人的にも、感動覚めやらずではありますが
終わったすぐそばから、次々と事が来るのも常でして


本日も、風邪っぴきさんたちが、勢ぞろい

この世には
さまざまな問題が、大なり小なり
相似していたり
実は、身近な問題は、全体に通づる大きな問題であったり

そのときをしのぐだけの生き方よりも、しっかり目も耳もすべてを開き、本質を、時間がかかっても誠実に丁寧に、見極め対処し1日1日を、悔いることなく生きてゆくことが、一番の近道なのかもしれませんね

ということで、毎日毎日を、力いっぱい(あっぷあっぷ)してますが

しかも、すぐそばに12月も来ているわけですから
私だけでなく、世の中は皆、せわしない日々が、どんどん加速を増してゆきそうです
ですが、今年の締めくくり☆きっちり、締めておきましょう
きっちりと☆

・・・さて、12月を迎える前に
嬉しい催し♪

まずは、今週末の催しから

11/17(日)
10:00~14:00
雨天は、11/24(日)に延期

稲美町岡3037

○稲美町しぜんとのふれあい
大根・人参収穫祭

毎年恒例となって参りましたが。
主催は、ふれあい野菜栽培会
餅つき、たこ焼き、焼きそば、スーパーボールすくいなど他
模擬店も楽しめます
稲美の広い圃場で、大根抜きを、家族で楽しんでみませんか?

・・・・

11/16(土)17日(日)
10:00~17:00
雨天決行

オーガニック
エコと癒しの空間
和☆かふぇ

たつの市龍野町下河原67
ふれあいギャラリー下河原にてOPEN

和カフェ
オーガニックドリンク・スイーツ
ワンコインランチ
ドリンク+ベーグルサンド¥500

1Fは
天然酵母パン
七味
有機野菜
おしゃれ古着
エコクラフト
リネン布小物
アクセ
花コサージュ
など

2Fは
ヒーリングマッサージ(限定17日のみ)

*エコバッグご持参ください。
*ギャラリー駐車場はありません。


お問い合わせ
吉永英司
080-8517ー1665

・・・お楽しみに・・・

ていあん展レポート☆

毎月1回の「お母ちゃんの台所」では、その月のレポートを、持ち回りで誰かが、あげてくれています。

11月は
こゆきから、レポートが届きました。
そして、まりこちゃんからも、ベストショットが届きましたので、2人のコラボ☆ていあん展レポートで、当日を、もう一度お楽しみください(^^)

・・・・・

11月のお母ちゃんの台所は こゆきがレポートします。

今月は お母ちゃんたちの暮らしの手作り発表展ということで
「くらしのていあん展」-有機的な循環― を開催しました。

主催者も出店者もお母ちゃんたちで お母ちゃんたちが創り上げる発表展でしたから、ていあん展に向けての準備も 盛りだくさんでした。

フライヤーづくり 看板作り 会場の草刈り 会場づくり・・・

そこには お母ちゃんたちで「ていあん展」という目標に向かって

カタチとして創り上げてゆく楽しさがあり それぞれの個性やセンスに触れ
、その人の秘めている何かを感じ お母ちゃんってすごい!!と思いました。

当日の出店数は 11店ありました。


『お母ちゃんの台所』- 旬のおもてなしランチは お母ちゃんである私も お母ちゃんに作ってもらったような温かみのあるランチに感動しました。



ビンに入ったクッキーは 昔の駄菓子屋さんを思い出す懐かしさと ぬくもりを感じました。 




岩本農園』- 真心のこもった無農薬野菜が 軽トラの荷台に盛りだくさんと並びました。立派な生姜の姿が頼もしく感激でした。




『天然酵母 蟲パン』- こだわりを感じる自筆の品々に圧倒されながら パンをパン様とお呼びする姿は 作家さんの生き方そのものだと感じまた。




『染め人織り人 前田初代』― 今回はやむを得ず 作品だけの参加となりましたが
 初さんがそこにいるかのような 存在感のある草木染ウール毛糸でした。




コンテナガーデン みく』― 丁寧に作られた苔玉と器 そして作品のレイアウトに センスの高さを感じました。




mish*』 ― 鶏ハムサンドイッチ・芋づるの佃煮おむすび そして牛乳パックから作ったというリサイクルポストカードには 最大限 有機的な循環に繋がっていると感じました。




『生きる知恵を育む会』 ― 小さな苗を持ち帰る袋として 1日がかりでつくったという新聞紙バッグには 生きる知恵は無限だと感じました。 




『Wrapping Academy Osuga』- 不要になったカレンダーでのラッピングには 人の手と知恵によって こんなカタチで人の心を動かすのかと感動しました。




blue-lu*』― ていあん展らしく 日ごろ自宅で使用している展示品も持参しました。同じものでも 廃材も宝だと思えるようなアイデアを見てもらえればと思っていました。




『conaヘアー』- 秋空の下で カットが始まりました。変身していくお客さんと その表情の変化に 見ているこちらまでが気持ちよかったです。きっと心もほぐれたでしょうね。




『mayata』― 商品紹介等の看板に使われていた色鮮やかな絵の具。実はこの画材までもが有機的な循環である 廃材の再利用だったのです。
アロマキャンドルの香りには嗅覚が刺激され とても癒されました。




最後に 出店ではありませんでしたが『お客様食事スペース』― ビンケースと古布と廃材で作られました。
実際にはそこで食事をとるお客さんがいたかどうかはわかりませんが なんだかとても存在感のあるスペースで 同じく 暮らしを提案する作品のひとつだと感じました。



「くらしのていあん」や「有機的な循環」といえば すこし考えてしまう言葉ですが、実際には ちょっとした知恵をつかう ということなんですね。

そこに気づくかどうかは 日ごろの心の持ち方・モノの見方・創造力・柔軟性なのかな・・・と 私なりに思います。

そして「心はカタチ カタチは心」だと 皆さんの作品から改めて感じました。

最後に 私事ですが 今回は主催・運営・出店に関わり これまでとはひと味違う多くのことを学ばせていただきました。

このような機会を与えてくださったことに感謝しています。
ほんとうに ありがとうございました。

そして このような良い一日が過ごせたのも、裏方をはじめ ご来場いただいたお客様・快く見守っていただいた秋田様・駐車場をお借りした八幡神社様・・・他

ただならぬ空気を感じていたであろう地域の皆様・そして秋空の下で開催できた太陽様^^・・・

そんな たくさんの恩恵を受けていたことにも 感謝を忘れずにいたいと思います。



 

有機的循環な1日☆

2013お母ちゃんの台所
くらしのていあん展☆11月

無事、終了しました。



ご来場下さいましたみなさま、楽しんで頂けたでしょ~か
春の手作り市とは主旨も規模も違った、今回のていあん展
主催が、「お母ちゃんの台所」出展者全員ということで、企画から準備、あとかたづけまで
この約1ヶ月半、約20数名、連絡のやりとりを進めながら、当日を迎えました。
全ては、結果、各自、自分自身の実践型学びの体得に、結びついてゆく通過点だったと思います。

特に秋、各々においても、慌ただしい時期
集まれたことだけでも奇跡的なのに
そして、今回のお題は、ただ楽しむだけではなく
来場されるみなさまに向けて
有機的循環な暮らし方、生き方を、自分を通して、又作品を通して、伝えることができるか???
といった、普段意識しない人であれば、ハードル高めの頭の体操も組み込みながらの出展でしたので
ど~なることか。と思いましたが

又々、やってくれました!!
各々の力を魅せられた気分
会場全体が、有機的な暖かく優しく心地よく、かつエネルギッシュな、未来の一筋の光が遠くにでも見えるような
そんなそんな、可能性をかんじさせてもらえた1日でした
ご来場下さった方々にも、私たちは恵まれました
いつもいつも陰ながら、楽しみにしてくれている方々、応援してくれている方々・・・も、1人、2人、3人、4人・・・・と、どんどん。


(ま~けっとメンバーでもある森の農園☆愛溢れる(笑)森の一家も家族全員で、自慢の野菜を持ってやってきてくれました)

出展者もお客様も、1日だけは、立ち位置は違えども、互いに笑ってる顔や、お話しがはずむ、心がはずむ、ゆっくりとくつろいでくれてる姿や、子どもたちを、出展者を、暖かく見守ってくれている包容力を

垣間見れる、そんな瞬間も
会場全体を有機的に循環させてくれました

ママの出展に、おうちでは、おじいちゃん、おばあちゃんやパパや、お友達などが、子どもたちをサポートしてくれていたり

そっと見に来てくれて、パパがママを気遣って、娘を連れて先におうちに帰って待っててくれたり



私たちは、決して1人では出来ないことを、こうして夫婦、家族、友人、地域、社会と、有機的につながることで、様々なことが心地よく循環してゆくことを、もっともっと自身が体得してゆくことで、その可能性は無限に広がってゆくことを、痛感してゆく必要があると思います。
強いては、そのマンパワーに確信を持ち、自分自身をしっかり定め、各々が、これから成してゆく様々なお役目で、人生全うしてゆかなければなりません。

そういった意味でも、今回のくらしのていあん展は
未完成の私たちのはじめの第一歩に、自身も立ち会え、立ち会って頂いた方々が居てくれて

これから。。。。
を、楽しみにして頂きたい、そして楽しみにしたい
そんな、とても有意義なくらしのていあん展になったのではないか。と個人的には思っています。

ご来場のみなさん
おつかれさまでした
楽しかったーーーーーーーー

ありがとう
感謝です



*くらしのていあん展の様子は
YouTubeにUPする予定です
お楽しみに

カウントダウン☆

木曜日・金曜日で
会場準備も、ほぼ整いました。

あとは各自の準備を整え
明日の当日を晴れて迎えます。

世のお母ちゃんたちは、無い時間を縫いながらも、我が子よその子の未来を見据え、今、自分たちにできる精一杯を、泣きながら、悩みながら、苦しみながらも、喜び、楽しみを見出す小さな力で、これからもくじけながらも、歩んでゆくでしょう

そんな背中を、きっと、見てくれているはず

お母ちゃんたちのくらしのていあん
手仕事発表展を

明日、どうぞ、見にお越しくださいね。





初さんから当日用の作品も届きました
みんなへのメッセージと共に・・・

同志でもあり、いつも、細やかな心遣いで見守ってくれている初さんの温かさを、感じます





























お待ちしております☆

11/9(土)10時スタート☆



さて、いよいよ
今週末は
【くらしのていあん展vol.2】
が、おかげにて開催です!

11/9(土)10時~15時

1年通し移りゆく自然のサイクルを、毎月一回、楽しみながら季節の手仕事を覚える「お母ちゃんの台所」

今回は、そんなお母ちゃんたちのくらしのていあん、手仕事発表展を開催します。

本日と明日は、準備に各々来店予定ですので、実質、本日から始まる気分です

・・・くらしのていあん・・・
くくりは、有機的な循環。

エントリーは、11組
紹介してゆきますね☆

○お母ちゃんの台所
・お母ちゃんのおもてなしランチ
・手作り秋の酵素ジュース
・手作り草木染めエコバッグ他

○いわもと農園
・季節の野菜
・我が家のお母ちゃんの味をおすそ分け(加工品・ジャム他)

○天然酵母「蟲パン」
・生食
・マクロビオティックパン様

○コンテナガーデンみく
・苔玉・ミニ盆栽・器他
ワークショップあり

○mish*
・リサイクルポストカード
・鶏ハムサンドイッチ他

○「生きる知恵を育む会」
(npo法人申請中)
・農育からの気づき
・家庭用菜園キッド他

○WrappingAcademyOsuga
・日々の暮らしを楽しむ包み
(身近にある素材を再利用したかんたんラッピングの展示紹介)

○blueーlu
・ハンドメイド布雑貨
・ジャンクガーデン
・ワークショップ
ぐるぐるブレスレット
小枝のモービル

○Conaヘアー
・自分でできる簡単アレンジ¥500
・前髪CUT¥500
・肌と髪に優しい天然素材で手づくりしたクリーム¥1500

○mayata
・ソイワックスとオーガニックコットンのメディカルアロマキャンドル
・耳つぼジュエリー施術

*染め人織り人前田初代
・草木染めのストール・グッズ
今回は、初さん不在のため、作品のみ出展

・・・以上
農・食・衣・癒・飾・包・創・遊・美・考など

くらしの中で
エントリー11組が、各々に有機的な循環を意識し、ていあんしてくれる☆

1日、美味しく、学んで、遊べる
充実感満載です!!


来場の際に、おうちにある不要な古本を、今回は持ち込み歓迎ということで
捨ててしまう古本を、BOOKカフェされど・・・につなげようと思います。

会場内では、ゴミゼロを目指し
又、マイバッグ・マイコップ持参も大歓迎します。

みんなで創る

はい、これ、おかげはいつもそうですね。

主催も来場者も、裏方も
みなが、あ~1日楽しかった。と思えるように、配慮と良識を持って、本日から準備も元気に始まります☆

三木増田ふるさと公園vol.3



三木自然愛好研究会の取り組みの中でも、最も顕著な現れのひとつに
「増田ふるさと公園」があります。



公園・・・と名は、ついてるものの

ベンチも遊具もありません。
そこは、里山に棲む生き物の保護区です。
ふるさとの自然を愛するみんなの心が
小さな生き物たちを守っています。

とるのは写真だけ
ゴミはお持ち帰りを!

野に咲く花も溝に遊ぶメダカやヤゴも
森に棲む鳥や虫たちも
私たちと共に生きる大切な隣人です

耳を澄ませて
目を凝らして

豊かな自然の営みを楽しみましょう

心を癒してくれる里山
こんなに美しい里山の原風景を
未来の子供たちに
残してやろうではありませんか

三木自然愛好研究会



・・・・兵庫県下においても、さほど珍しくはありませんが

この辺り一帯は農地と溜池、雑木林が広がり貴重な野草や小動物が暮らす典型的な里山でした。

が、十数年前に圃場整備の計画があることが分かり
三愛研は、増田地区と三木市、その他関係機関に、貴重な自然を保存するよう働きかけました。

結果
平成12年
三木市議会で、環境保全対策費が承認
三木市が、買い上げ、公園にすることが決定

工事に関しても、少しでも多くの種を保存したいので「新しい土手に表土を貼り付ける」工法を提言しました

そして
平成13年
三木市、増田地区、三愛研によって公園の維持管理する。といった委託契約を結びました

三愛研に委託された内容は
・野生生物種の調査及び保全に関することなど4項目

冬季のあぜ焼きは、増田地区との共同作業です

平成14年から
その公園の豊かな自然を多くの市民に知ってもらおう、豊かな自然に親しんでもらおうと穫り入れが済んだ頃、年に一度のふるさとまつりをおこなってきました

10年ひと昔

その軌跡を、今年、足を運び見せて頂き
又、小倉先生のお話しから

兵庫県でも有名な生物学の教授や先生方からも、小さな密度にこれだけの素晴らしい自然環境を、整えられている。と高い評価を頂いているだけあって

これを、三木市民、強いては、兵庫県民が、知らないのでは、宝の持ち腐れとも思える心境に立ち

いつかの機会には、一度、増田ふるさと公園を、訪れることを、私はオススメしておきたいと思います。

三木増田ふるさと公園vol.2


三愛研10周年記念に製作された記念本

帰宅後、読み始めた冒頭から
三愛研の呼びかけ人である小倉先生の言わんとして来た心ねと実践が、見事に第三者である巻頭の言葉から伺えるもので、私は感銘を受けた

小倉先生からすれば、若輩者の私が説明をするより
本書の小倉先生のあとがきを
私だけでなく、みなと共有したく
今回は、載せることにしようと思う。
そして、続いてゆきたいと思う。

・・・・・

三木自然愛好研究会
世話人代表

小倉滋

「美しい三木」「ガーデンシティ三木」と聞くと、つい考えてしまう。
そう掲げなくてはならないほど、自然は荒れてしまったのかと。
幼い日の楽しかった七草摘み、ジュンサイ摘み、蛙釣り、冬のドジョウ掘り・・・
エビモやセキショウモの茂みで十数cmを超える手長エビが、岩場には「尻切れ貝」とも呼んだイシマキガイがびっしりと着いていて、それを砕いて筒かごに入れ、ウナギを獲った。
蒲焼きや牛蒡巻きが美味しかった。
カーバイトの夜漁は夏の風物詩で、尺鮎の香味が食卓を賑わした。
川や里山は暮らしと共にあった。
川には子供たちの歓声があり生活があった。
野山を歩けば、ゲンノショウコやセンブリがイシモチソウの群落と競うように群生していた。
摘んで陰干しして利用した。
いつの日からか、野山や川から人の声が聞かれなくなり、人々は山や川から遠ざけられた。
替わりに暮らしは豊かになり、欲しいものは何でも手に入るかのような世の中になった。
人々は本当に豊かになったのだろうか。
学校帰りに谷間の水溜まりを覗いては、ススキの穂で誘い出して見たオオサンショウウオ、外見を見つめる小さな目は平和そのものであったのに、今はもう見れない。
豊かな暮らしを求めて山や野を拓き、生産を急ぎ、経済活動を優先した。
止め処なく自然から奪い、次世代に負荷を残すのは、略奪生産したに過ぎない。
私たちは、この在りように疑問を持った
心を痛めた。
このままで良いか、何をすれば良いのか。
その思いが三木自然愛好研究会のスタートになった。
呼びかけから約半年経った1997年3月、35人からの発足だった。
会の名には、こだわりがあった。
肩肘張らずに、三木自然愛好会で良いのではとの意見もあった。
だが、研究は外せなかった。
同好の志を温めるだけでなく、研究は自分たちの自然に向き合う謙虚で科学的な姿勢でもあり、基礎データを残そうという意思表示でもあった。
三木の自然愛護と保全、会員の研究と研修及び親睦、さらに会員の持つ能力を生かし社会に貢献することを目標に活動し、10年たった。

この本は、そうした三愛研の総力を挙げた一冊である。

・・・・以下あとがきは、続いている。

三木増田ふるさと公園vol.1

1997年発足の三木自然愛好研究会

取り組みのひとつである、増田ふるさと公園の維持管理
1年に1度の(今年で11回目)そのお披露目や発表を中心に、秋のおまつりを地元の方々のご協力の元、今年も無事開かれました
年々年老いてゆく経験知識豊富な会長、小倉先生のお話しを聞けるのも、少なくなってゆく貴重な機会ですので、今年は小倉先生直々のご案内に、何を置いても伺わせて頂きました


まずは、三木自然愛好研究会(三愛研)
小倉会長のご挨拶でした
歴史に重みをひしひしと感じるご挨拶は、まとめにてご紹介したいと思います



メインイベントは
自分塾でもご縁が産まれた豊地小学校

3年生による環境体験学習発表です
日頃の環境学習、指導・監修は、三愛研と先生方の共同作業です


・・・そしてここからは、好きなものを各々にチョイスして、楽しみます

木の実や落ち葉をつかって
壁掛け作りは、女の子に大人気♪


私たちは、三愛研ネイチャーガイドの方々と、小グループにわかれ、公園内を解説して頂きながら、クイズをあててゆきます


センブリの可愛い花も、ここにはありました


下の方では、芋掘り


本会場を下に眺めます




レンコン掘り










枯れたハスの花をそのまま引っこ抜けば、レンコンが育ったまま見本にしてくれていました


三愛研メンバーです♪
室園のおっちゃんも、三愛研メンバーです(^^)


三愛研、10周年を機に、三木の自然環境をまとめてくれた待望の一冊とDVD
おかげに、ありますので
みたい方には、貸し出しますね


・・・おまけ・・・

おかげ帰宅後






相変わらず、仲のよろしいこと☆

文化の日

いやはや、気の抜け加減がみな
連休ぽいっ、連休です(笑

連休前の金曜夕方のうちの子たちは
一週間の疲れをリセットする為か
連休に備えて、バタンQ




兄弟だからか???
寝方が同じなので載せてみました(笑

充電完了か?
土曜早朝は、勇み足でやってきました

なんで、天狗やねん(笑

毎日、子供たちは、元気です。
日曜日は、八幡地区では、おじいちゃんから、子どもまで、年に一度の世代間交流☆八幡小学校にて、地区運動会です

・・・曇り空の下
おかげの今朝は
80歳組が続々と
え~さんの般若心経を、拝みに(笑)やってきました

吉田さんからは、又々、新米差し入れ



今日は前回の品種と違うので、また炊いてみてと言われ、今日も新米にぎりめしに



それと、古代米(赤米・白丹穂)の稲穂を

吉田さんは、こちら



それから、本岡さん



本岡さんは、堀本先生みたいな雰囲気がする
え~さんの般若心経への句を、一筆書いて来てくれました



簡単に訳すと(笑
百歳の翁が
生き様を伝える
般若心経をもって

みたいな(笑

何事においても、人生のヒダを深く刻んできた年月がある人生の大先輩からは、深みのある暖かい包容力で、地域は、包まれます
万歳!お年寄り(笑
長生きしてね

・・・吉田さんが青年の頃(約60年前?)、農文協(農村文化協会)の勉強会が、地元で行われていた頃は、全国からも篤農家が、集まりお勉強されていたと。
バクテリアのその頃の研究成果も、加味しながら、無肥料無農薬を現在も営んでいる

前回の新米は、佐賀県・にこまる
今回の新米は、こしひかり

食べ比べの感想は、尽きない。

だがしかし
うまーーーーい

地域☆自然を知る・世代間交流

週末です☆
しかも3連休??
週末のお天気が崩れそうとか?で
今週は、少し畑作業に集中しました。

日暮れに畑から上がって来れば、表で草引き作業を、自主的にしに来てくれたあゆから、差し入れとりんたろうが摘んでくれたタンポポ
炊事場の積んだか食器も綺麗に片付いていました

ほっこり、仕事帰り組とお茶タイムです


さて、お天気の心配はありますが、素敵な連休の催しのお知らせを2つ。

・・・

11/3(祝・日)

播磨の綿まつり*

毎年恒例となっていますが

播磨の地で、綿の種を蒔き、実がはじけて白い綿が顔を覗かせる頃、綿を摘み、紡いだり・・・

今年も、あります♪

場所
加古川市加古川町粟津
*鹿児資料館前を東へ300mの田園の中(テントを張ってます)

10時~15時

吉田義弘・ふみゑ(079-432-0956)

白井克明(079-437-2955)

・・・・・

11/4(振り替え休日・月)

ふるさと公園*秋まつり
おいでよ増田♪

○増田には、貴重な動植物がたくさんいます
スタッフが公園内を案内します
地元小学校児童の発表もあります

○サツマイモ掘り・レンコン掘り(着替えが必要です)

○木の実や落ち葉を拾ってお気に入りのオブジェを作ってみよう♪

○収穫したサツマイモなど使って調理してみよう♪

○地元の農産物販売もあります
模擬店・バザーなども、地元のお母ちゃんたちの野外ご飯も美味しいよ♪

10時~14時
お問い合わせ先
NPO三木自然愛好研究会
0794-83-5123

・・・各それぞれ、地元の大先輩
綿摘みでは
種から、収穫・糸紡ぎ・織り・染め・デザイン・縫製を、播磨人たちの手で
播磨産の一枚の羽織ものも、夢ではありませんね

播磨の衣部隊、どんどん進展しています☆

三木、増田ふるさと公園では
自分塾でも、小学校特別授業にご来賓で来られた、教師OB、我らが小倉元校長先生が、代表である、三木自然愛好会のメンバーが管理維持してくれているそうだ

ふるさとの自然保護を目的に
三木市内の草木を紹介しながら
保全活動にも、取り組んでくださっています

久しぶりに、自分塾でお会いできた小倉先生は、おかわりなく、ゆったりおだやかな口調で

子供たちへの暖かい眼差しと、三木の虫の話しや草木の話しをし始めると止まらない(笑)
そんな、優しい先生

その小倉先生直々に、ご案内を頂きましたので
お子さん連れで、三木へ出かけてみてはいかがでしょうか☆

和合



11月1日です☆
「くらし」をテーマに

おかげも、私の地元八幡にて、地元近郊を中心に、さまざまな方々のご来店をお迎えして来れた年月
11月13日が来ると、10年目に入る(いつまで、続けるか続くかは、オープンしたときから、わからない)

あっと言う間の10年でしょ
振り返れば

毎日の暮らしがあって成り立つ、憩いの場所
誰しもが、1日24時間
現代のライフスタイルの相違や、それぞれの立ち位置・現代地点の違いはあるにしても
この24時間の使い方は、誰しも工夫と、大事にしたい時間である

日の出と共に目覚め
そうじや整理や用意、洗濯、準備、朝ごはん、ペットや植物の散歩にお世話
出勤・登校準備など
毎日の仕事を、難なくこなして
さあ、1日が本番
てな感じで、積み上がってゆく毎日

季節ごとには、旬の仕事が目白押しだし
人間社会においても、旬の行事は目白押し
やりたいか、やりたくないか。など野暮な話しで
やらなきゃならないことも、くらしに包括されている
肉体的・精神的な病気を、くらしのせい。にしたくない私は(風邪ひき中)
自己でコントロールすることで、くらしを回す
要は、自己管理
完璧は、はなから求めないが
目指すところは、親であっても、子であっても、それぞれの自立した日常の充実(バランス力)と、その上に成り立つ、助け合い、分かち合いによる、全体の「和合」

この10年、これしかやって来ていない

10年ひと昔

おかげがたとえ無くなったとしても、生きてりゃ、私の10年後はあるかも知れないし、早々とくたばってるかもしれないけど

どーせなら、10年先が在ると思って
そこを目指して
この10年を振り返り
私が居ても居なくても、10年先の大好きなふるさと、播磨の地に

どんな和合が、バトンを受け継ぐ未来の子供たちにとって、心地よくスムーズなのか

を、10年目の来年は、1年かけて、みんなで考えていこうと思う

10年目の課題である