おかげさま
古民家カフェ おかげさま 加古川市八幡町野村字三家556-2 tel:079-438-3024

播磨の國豊穣祭



開催です(^^)

お待ちしていますね

スポンサーサイト

いよいよ


手作りお供え台が、セッティングされました。

山・里・海の幸
塩・新米
御神酒
播磨上流、湧き水

など、感謝を込めてお供えします。

台風17号の行方は

それでも
明日は、前夜祭
丸1日、最後の祭り準備をして

28日(日)豊穣祭に備えます。

*万が一の中止のお知らせは
28日朝6時半には、ブログでもお知らせしますので
チェックしてみてください☆

清々しい秋晴れの下、皆様と共に、豊穣祭を、開催できることを楽しみにしています

感謝

豊穣祭グラフティ②











川、海を汚さない万能洗剤

豊穣祭式次第概略



〈神事編〉


【豊穣祭でのこども達のやくわりについて】

子どもたちが、未来の主役であること。

お祭りでは、神の化身、神の座となるのが、子どもたちだそうです。

☆ 9:00~ 八幡神社参拝


☆ 菅原真樹さんを先頭に、森の精霊こども達が、手作り1本綱を持ち、太鼓・笛の鳴りモノ奏者と練り歩きます

☆ 参拝時には、鳥居前で1礼をするなど、その時々で菅原真樹さんから作法を促していただきます


《参拝ルート》 菅原真樹さんの後に続いて

おかげさま → 八幡神社参拝 → おかげ畑と鎮守の森を繋ぐ田んぼに御挨拶(日々の暮らしの中で人と森を繋ぐ場として活用予定)
 → 会場舞台へ 


☆ 御墨付け をはじめます

アナウンスで御墨付け説明をしてから
太鼓の音がはじまり、こども達がご来場者の顔に墨をつけてまわります。

【御墨つけとは】

炭をつけてもらうと、その年は風邪や悪病にかからないといわれていたり、子孫繁栄の意があります。
すみつけの起源は江戸時代元禄年間(300年前)といわれます。
なべを持っていて転び、顔になべ炭がついてしまったある名家の下女だけが病にかからなかったことからだいう言い伝えが残されています。


☆ つぎは 播磨の湧き水あわせ・奉納の儀 を行います。


この時間は、ハリマのゆたかな自然を思いやり、ハリマの川が繋ぐ 山林から海への調和した循環を願い 

加古川 • 夢前川 ・ 市川(予定) の湧き水源流水あわせ 奉納の儀をおこないます



静かな祝詞のような音の奉納が 音樂奏 UANOA からはじまります。


播磨の源流水を持った精霊こども3名が山から海から集まって来るイメージで

一人一人、舞台へゆっくり舞うようにでてきます

舞は各自かんたん創作で(手を拡げたり、回ったり、自由に楽しんで)

その後合図で
お母ちゃんたち数名とこども精霊数名、舞台まわりをかこみクワイアーチャイム(ヒーリング楽器)をならしはじめます 
湧き水をもった3名のこどもが神棚の前に水をおきます。
3名の精霊こどもはそのまま舞台にのこり、舞台においてあるクワイアーチャイム手にとり一緒に音を鳴らします。

そして静かな祈りをこめた音のなか
菅原真樹さんによる水あわせ・奉納の儀を行います。              
音がしぜんに消えていく時をおわりの合図として。

祭りの遊楽をあじわいましょう。


☆ その後のスケジュール


10:40 ゲストスピーク 国包地区 101歳古老 畑栄三氏 

11:10 音樂演奏 UANOA   

11:40 ゲストスピーク 兵庫県立大大学院非常勤講師 環境経済学 横山孝雄氏

12:00 直会(来場者に秋の収穫物お振る舞い)

12:40 わらべ唄 木村ちひろ

13:00 ゲストスピーク ハワイカロコセンター院長 菅原真樹氏

川が繋ぐ森と海の循環
先人達から受け継ぐ暮らしや自然の恵みへの感謝
今ある命への感謝
先の子孫たちに伝えていきたい暮らしや、大地枯渇することなきよう祈る護国(五穀)豊穣。
       
  
14:30 豊穣祭エンディング 音楽演奏 UANOA 



3名の精霊の子供達が再度出てきて、皆の前でぐるぐる回り
その時、なにか米の穂でも束にしたものを各自持ち
それを合わせた水につけて
来られた皆さんの頭にブレッシング

精霊達がそれぞれのところに帰っていくイメージで
その後舞台袖へ

15:00 終了


【菅原 真樹さん ご紹介 】


1963年 7月26日生まれ 兵庫県西宮市甲子園生まれ。現在HAWAII在住。

ハワイカロコセンター院長プロダイバー、写真家、ボディーワーカー、HAWAIIの伝統的な航海法を教える航海士でもある菅原真樹は、今人類が直面している様々な環境問題と真正面から向き合い、特別授業を通じ海や森の話、ゴミの話を環境汚染で命を失う生きもの達に代わって、日本の様々な学校に訪問し、話や映像や音楽演奏を交えて伝えています。



【音樂奏】


〈テーマ〉  

播磨の豊穣、秋の空、大地、川の流れ、時の流れから1000年先への播磨の未来に託す音楽、イメージして魂を響かす


UANOA  : Isa    〈ガットギター、ヴォイス〉 
     : 松本 学 〈尺八、篠笛、バンスリー〉
     : 山浦 庸平〈パーカッション〉
     : 近藤夏織子〈リコーダー、古樂、鍵盤、ヴォイス〉
     : 高巣泰輔 〈タブラ、パーカッション〉

     
空気のようなアンビエントから、楽曲、唄、民謡、即興、太鼓演奏、幅広く対応できると思います。

  (マイク音響もいれます)

豊穣祭カウントダウン



秋の夜長
涼しくて過ごしやすい季節では、ありますが
今年は、秋が早く、そして長いのかも知れません

台風が発生しているようです。

豊穣祭準備も、残すところ、あと6日
台風が激しい場合は、中止ですし
残存の雨模様でも、悩む所ですが

約5ヶ月間の、準備期間に
たくさんのお気持ちや激励をはじめ
たくさんたくさん学んだことが、スタッフ一同にとって、すでに豊穣祭そのものでしたので

自然の現象には、逆らわず
最終、悔いの残らない準備を終えて

9/28(日)を迎えたいと思います。

尚、前日の9/27(土)のギター倶楽部は、豊穣祭の前夜につき
豊穣祭前夜準備のため、おかげ店内は使えませんので、ご了承ください。

*豊穣祭、お天気で迎えられたら、幸いですが
万が一、中止の場合は、お知らせしますので、チェックしてみてください☆




豊穣祭グラフティ1☆

豊穣祭まで、あと10日☆

約5ヶ月間の祭り準備も、ラストスパートです。

温まったエンジンも、8月末から、加速し、役目のあるスタッフたちは、各セクション、豊穣祭に、みなさまをお迎えする準備も、入念です。



お母ちゃんの台所♪プロデュース
豊穣祭販売商品

はりまの手作り塩入りネックレス



はりまの塩



準備期間中には、仲秋の名月もありました



豊穣祭舞台も、手作り



スタッフのお誕生日も、ありました。



みなさまのおいでを、ココロを込めて願う、スタッフの会場草刈りも、恒例です。



豊穣祭詳細☆

くらしのていあん展vol.3

「播磨の國 豊穣祭」

9月28日(日)
豊穣祭は、9時~15時までです。

*15時以降は、祭りの直会にて、舞台は、フリーですので、ご自由にお使いください。
店内でも、祭りのあとの団欒におくつろぎください。

・・・・・

【豊穣祭進行】

9時~八幡神社参拝
子どもたち練り歩き

炭つけ

10時~お供え式
・秋の恵み(海・里・山のもの)
・播磨上流の湧き水
・精霊子どもたちと音楽奉納

10時40~ゲストスピーク
国包地区101歳
畑栄三氏

11時10~音楽演奏UANOA

11時40~ゲストスピーク
兵庫県立大大学院非常勤講師
環境経済学
横山孝雄氏

12時~直会(お昼休憩)

12時40~わらべ唄
木村ちひろ

13時~ゲストスピーク
ハワイ島カロコヒーリングセンター院長
菅原真樹氏

14時30~
2014豊穣祭エンディング
音楽演奏UANOA

15時終了

・・・・・

【お振る舞い】

来場者全員に、豚汁のお振る舞いをご用意しております。

・・・・・

豊穣祭賑わい9時スタート
【出店一覧】

・わらべうたと伝承あそびの店

1. わらべうたと伝承あそび関連のグッズ販売(わらべうたCD、わらべうたかるた、シフォン布、こま、けん玉他)
2. わらべうたと伝承あそびの実演、紹介
3. ブース内で一緒にあそぼう!
(遊び道具を用意します。時間のあるお子様、一緒に遊ぼう!大人も大歓迎!)


・お母ちゃんの台所(縁日・おにぎり・フランクフルト・ドリンク・手作り商品
・はつさん(草木染め
・blue-lu(布雑貨
・KARIKARIちゃん(植物性材料のおやつ
・あさのは商店(肌にやさしい日用品の販売・衣料品、せっけん、マスク、保湿剤、手ぬぐいなど(手作り品ではありません)

・コンテナガーデンみく(苔玉・ミニ盆彩・よせうえ・陶器・苔玉づくりワークショップ

・めぶき農房(米・豆・季節の野菜・炒り大豆
・メヘンディアートJURI(ヘナアート
・173( 稲美産野菜を使ったベジスイーツと岩本農園の野菜

・itotokito(木のカトラリー・小家具・刺繍小物
・ちょうたり(カレー
・日々是好日(雑貨・衣類
・み~ちゃん(スジこん丼
・あさぎ(おいなりさん
・NOICHIGO(ハンドメイド雑貨

・・・・・

お待ちしております☆

祭りの気配

9/13(土)昨日は
秋の運動会お疲れ様♪の方々も

おかげでは
4月からスタートした、毎月第2土曜日は、『はりま塾』
5回目となり、1クールが終了☆



毎回、とっておき話し♪も聞けて
地道に、参加者たちも、狭く目先の視点から、少しづつ優しく、視点の広がりと深みに慣れつつある頃

毎回そんな私たちにお付き合い下さる横山先生

豊穣祭では、舞台にて
ゲストスピークもしてくださります。
午前中の最後
11:40ごろ~

横山先生ファンは、お見逃しなく☆


はりま塾、恒例♪
月替わり、お母ちゃんの手作りおやつ
9月は、ゆきち☆
お月見の月ですから、お団子を用意してくれました。
豆腐入り、かぼちゃお団子
トッピングは、あんこと、黒豆のハチミツ煮

そして、にんじんケーキまで(^^)

ゆきち、ありがとう♪

夕方からは



「お」(笑)

ギター倶楽部のLIVEも、豊穣祭後、翌週日曜日に控えていますから、準備も大詰めかな

お・と・あ・そ・び・ま・つ・り
の「お」(笑)





あんまり、写真とれんかったー☆

明日は、はりま塾♪



もう、いっぱい書きたいことはありますが

おいつきません(笑)

ヘトヘトですが、なんとか生きてます(^^)

なぜなら・・・
しんどさ以上に、毎日毎日、もたらされるものの大きさが、半ばなく大き過ぎるからです。

それをシアワセと思います。
感謝

・・・そして
告知は、遅れていますが

明日は、はりま塾
13:00~

明日で、1クールが終わりそうな。

9/28の豊穣祭では

ゲストスピークに
はりま塾講師
横山先生の出演も、ありますので

明日のはりま塾を、しっかり学び

9/28につなげてゆきたいと思います。

どなたでも、お越しくださいね☆

詳細は、ブログTOP



ビデオレター?(笑)

豊穣祭では、舞台でゲストスピークも、予定している101歳古老
畑栄三(^^)

え~さん♪の愛称で親しまれている、私の死んだおじいちゃんの村の同級生☆

本日、おかげ裏山の少年刑務所へ、お話ししにいく日で、朝からおかげに寄っていました(^^)

豊穣祭への意気込みを、スタッフへどうぞ!!♪と、振りをしてみたら、

え~こと言いよった(笑)

俳句が、瞬時に出来たそうです(笑)

播磨のは(環)
傷跡もなし
稲の秋


ま、それだけ
綺麗な播磨が出来上がると、いいこっちゃな。

播磨のは(環)
絶対に傷跡がのこりません!

という意味で

と・・・

ビデオレター?の中に、燻し銀の言葉が、おさまっております(^^)

え~さんの出演は
10:40~約30分間(笑)

激動の1世紀を生き抜いた生の声には

重みのある本質があります。

播磨の宝

生の声を聞きに、豊穣祭へ、お越しくださいね
お待ちしております(^^)








9/28(日)は、秋祭りだよ♪全員集合☆



でけたーーーー♪*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*
*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*

構想、下準備、約4ヶ月間!!

本番まで、あと1ヶ月弱!!♪

2014秋♪
くらしのていあん展vol.3

~播磨ノ國 豊穣祭~

渾身のチラシが、でけたー*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*

ヤッターヤッターヤッターマン♪
チャロも、ワン♪

・・・・・いや~~~~
チラシに至るまで
ひょっとしたら、おかげ10年の中で
一番、苦労したかもしれない???構想、下準備だったかもしれない?
(ま~、10歳、歳をとってしまったからね。疲れやすくなってるよね)

・開催趣旨内容
・主体となる創り手が、多いということ
・当日のバーツが、いくつかあること。
・様々な許可へ、おことわりを入れること

などなど他

苦労の要因が、多かったこともありますが

苦労というのは、苦労するだけ甲斐もあるわけで

祭り本番を目の前にし
すでに、祭り満腹気味な私ですが(笑)

今年も主体は、地元のお母ちゃんたち。

この方々が、ホントにすごかったよ。
未来の播磨の繁栄は、母親の力から始まる。も過言では、無いかもしれません。

各自、役割分担が、なんとなくばらけた4ヶ月前から、個人個人が、暮らしを逸脱せず、時間は工夫して作り、個々の分担を、やってくれていました。

そんなお母ちゃんたちと共に、お父ちゃんたちも、張り切って、力仕事で、祭りの準備を、仕上げてくれます。


実りの秋♪
今年の播磨の五穀豊穣を、みんなで感謝して

収穫された自然の恵みを、みんなで、賑やかに頂きましょう

来場者全員に、豚汁が振る舞われます♪
じいちゃんばあちゃん、父ちゃん母ちゃん、みんな連れて来てね~♪

祭りだもん♪おかわりオッケー♪
(だよね)

*携帯の調子が悪いので
詳細は、また追い追いに☆


9月☆



月が変わり、ガラッと空気も変わったように・・・
公私共々、重なりが一気

回転数を上げて、取り組んでいます



片付いたあとすぐ、また重なりへと。

自然界では、今年は冷夏だったとか

稲の実入り、収穫も
今の所は、さほど例年と比べても、遅れや問題も無いとか。

ほっと
五穀豊穣、秋の収穫を待つだけです。



畑では、例年に比べ、早い秋冬準備

ん~手が足りませんが
出来る中で、ポイントをはずさないよう、なんとかかんとか
がんばろうかな

明日は、豊穣祭準備

朝から、夕方まで、出来るところまで☆

ひとつ、目処がつきそうです。