おかげさま
古民家カフェ おかげさま 加古川市八幡町野村字三家556-2 tel:079-438-3024

Happy Birthday



いかなごのくぎ煮

もともと阪神・淡路地域を中心につくられている家庭料理。
いかなご漁が解禁になる春先では、町のあちこちでいかなごを炊く醤油の香りがしてくるので、「いかなごの香りがするとそろそろ春がやってくる」といわれるほど、春の風物詩となっています。

・・・昨日、近所の常連さんが、作りたてを、持って来てくれました。
私の分と、え~さんにも、あげて。の分

じゃあ、帰りにえ~さんちに、持っていってくるー

なんて話してると・・・

え~さん、今朝、脳梗塞で倒れ、救急車で、運ばれたらしいよ。

と、速報(嫁が不安そうな顔で)

昨日と今朝、え~さんの肉親である一人息子さんと、話しをし

おかげにとっても所縁のあるえ~さんだから、近しき方々には、亡くなってから報告するのは、味気なく思い

また、息子さんからも、応援してあげてな!と父を思う息子さんの気持ちを受け取り

経過を報告しておこうと思います。

え~さん

・・・今年のはじめに、風邪をこじらせ、入院
先日、退院したときは、酸素吸入をつけて



しばらく、酸素吸入付きの生活
昨日は、ヘルパーさんが、朝、来てくれてて、お昼ご飯作るね~って言ったら

ああ。と返答があり

ご飯出来たよ~と、見に行くと、意識を失っていたらしく
救急車で、病院。

病院での処置は、つまった脳の血管を流すこと。
脳の血管に傷がつかないように
血栓になれば、やっかいだから。

・・・私は、夜7時頃、え~さんの様子を見に、病院へ。

弟夫婦と、エイトといぶきも。

点滴で、つまった血管を流し続けている。
寝息をかいて、寝ているように見えるえ~さん。

みんな、え~さんの耳元で、思い思いに、声をかける。

声かけに反応したのか?、手や足が、動く
脈もどんどん、あがっていく。

反応してる♪と、嫁や私は、笑うが
弟は、やめとけ。俺ら医者じゃ無いから、この反応が、良いか悪いか、わからんねんぞ。と、たしなめられる。

笑)弟以外は、ノーテンキにも、え~さんの反応に、届いてる♪と、楽観的

あとは、え~さんの生命力と本人次第

私たちのあとに、うちのお父さんが、病院へ行ったときも、容態は、あまり変わらず。

今朝は、息子さんがおかげに来て

予測としては
つまりが流れたら、意識は戻るだろうけど。。。と

けど。だから、意識が戻るかは、今日明日の経過を追ってみようと、私は思います。

昨日は、奇しくも
え~さんの102歳のお誕生日でした。

ハヤク、ヨクナレ



スポンサーサイト

ギフチョウが舞う豊かな里山を

そろそろなんでしょうか
成虫が発生する頃

みなさん
ギフチョウをご存知ですか

ギフチョウは

日本の本州の里山に生息するチョウで、成虫は春に発生するそうで

近年、里山の放棄、開発などにより個体数の減少が著しいようです。



加古川でも、20年前から、加古川の里山のギフチョウを保護してくださっている先輩方が、おられます。

このたび、20周年シンポジウムが開催されますので
これを機に、里山のこと、保護活動のこと、ギフチョウのことなど、
知る機会にされては、いかがでしょうか。

私も、予定が合えば、少しの時間だけでも、聞きに行ってこようと思います。

では、以下、簡単に詳細をあげておきますね。

・・・

里山に、ギフチョウが舞う

豊かな自然を、子どもたちに残そう

【加古川のギフチョウ保護活動20周記念シンポジウム】

3/7(土)
午後1時~5時

東播磨生活創造センターかこむ

★基調講演

『里山環境における生物多様性』

★映像で綴る「加古川に棲む絶滅危惧選定のチョウ6種と里山保全活動」

★記念講演

『加古川のギフチョウ保護のはじまり』

『ギフチョウ保護活動の移り変わり』

『加古川流域の自然(取材ノートから)』

★パネルディスカッション

『豊かな里山の保全:あなたも一緒に知恵をだそう』


精神性と精神力と現実と

心の整理が出来ないこともある。



昨年一年を駆け抜け
今年もまだ2月だが、新年から駆け足が続いている
息はまだ、きれていない。
気がつけば、おかげ11年目を、奔走中だ。
特に、今年は個人的に、『節目の年』とし
昨年から、徐々に意気の高まりと同時に、質量も高まっていた。

これは、私自身の話しでは、あるけど。

それとは別で毎日、おかげに立てば、ひとりひとり、抱えた問題や楽しみ、悲しみが、人の数だけ、あるわけで。
それに、毎日毎日、私も向き合うわけで。

私にはどうしようも出来ないけど、他人の問題を
聞いて、その人が、解決してゆけるなら、それもありだと思ってきたし

解決してゆけるまで、つきあってゆくのも、そんなに苦では無い。

でも、それにしても、みな何かとイロイロあるのは、それも、生きてりゃ、当たり前だと、私は、思ってるくらいだが。

しかし、久々に
類を見ない精神の問題を抱えた人に
実は、昨秋、出会っていた。

短い間の付き合いだが
その間に、その人の苦悩を、私は感じ切ることになる。

そして、彼は亡くなった。

最期の最期、彼がどうだったのか。
今世の彼の課題を、彼は克服できたのか。

私にはわかった。

何を望んでいたのか。を。

私にはどうしようも出来ないことが、世の中の大半を占めている。

だけど
私は、彼に出会えてよかったと思っている。

誰にもわからなくても
私には、わかった大事なことを

彼と出会えて、少し確信が高まったから。

大事なことを、心の底から大事だと
気付けるチャンスは、ゴロゴロあるのに

手遅れになることが、大半だから

真に何が大事かを

ちゃんと、心の底から感じとれる人で

私は、ありたいと思う。

ほんとは、世の中、そんなに
大それたことはない。

シンプルなんだから。

人という種の役割を、正確に理解していれば、真っ直ぐ進むだけ。





元気でいこう

冬来たりなば、春遠からじ



寒く厳しい冬が来たということは、暖かい春が目の前まで来ているよ
ということから



今は辛くて苦しい状況であっても、じっと耐え忍めば、いずれ幸せが巡ってくるよ
というたとえ。

・・・2月も、あと数日
先週は、ハードだったから。

振り返れば、2月は、ピューーっと、過ぎ去る感じ

でも、濃いかったし大事だったし
そうゆうときの吸収率は高い。

ただ心が強い分、酷使ぎみなので
身体は、かわいそうだから
労わってあげたい。

・・・これから、3月
メインイベントは、思い入れも強い
春の手作り市だが

日々の業務、マンスリーワーク、畑作業、単発の外出、打ち合わせなど
3月いっぱいの予定は、きっちり決まっていて
自分の身体の心配もしてしまうけど。

でも、それ以上に、春の手作り市に、みんなが、元気に、野外にでて来れるかの心配も多い。

高齢・病気・怪我・心の患い・・・を抱えている人たちも多いから

だけど私は言う。

だからこそ、出ておいで。
そして、みんなで、元気出して、春を迎えよう。

・・・昨日、業務を終えてから
遅くに、一軒、お邪魔したおうち

毎年、手作り市に出店してくれてた先生

奥さんが、お線香あげていってくれる?といってくださったものだから

先生に会ってきました。

去年の春は、出店できなかった先生
そして、4/3が命日となった先生

『おかげさま』も10年

出会いがあれば、別れもあって

大好きだった方々と、もう会えなくなることは、辛すぎるけど

だけど
だから

私は、春は、みんなで、元気出して
ゆこう

と、思うのである。

来れなくても
そう思って、春の手作り市が開かれていることを、思っていて欲しい

元気でいるね。

元気でいてね。



もし、私が死んだら

生きてるみんなには

元気でいて欲しいと思うだろうから~

春の手作り市vol.10のチラシ

IMG_20150223_0001.jpg

一応
ちらしの画面を、ポンっと押して頂くと、拡大して、見て頂けるようです。

さらに
画像を保存して頂くと、印刷もして頂けるとか

・・・今年の出店者一同、並びに、馴染みのある方々も、ちらしを拡散していることと思いますが

遠方の方々や、タイミング悪く、手元にて見れない方々は、こちらのちらしで、春をイメージしてくださいね~☆

*なお、ブログは、日々の更新のため

ちらしは、ブログTOP
催し一覧に、しばらく、セットしておきますね。


冬来たりなば、春遠からじ

あと1ヶ月先☆


紅☆白のお餅を頂きました
紅は、ビーツを使っています。



白は、玄米餅

byーいわもと農園

さて、本日より~
【春の手作り市vol.10】のちらしが、店頭にて、並んでいます。
今年の、エントリーしてある出店者代表の方々には、本日より、ちらしを取りに、来て頂いています。
また、ちらしが欲しい方は、店頭にて、お持ち帰りくださいね。



夕方には、なんちゃってビリヤードの台が、届きました(笑)



そして、ギター倶楽部☆





今年の、手作り市まで
あと1ヶ月

出店者も出演者も
そろそろ、準備に、エンジンがかかりそうです☆

楽しみやわ~♪

みんなのみんなの準備と、当日の楽しそうな笑顔と
そんなことを考えたら

お天気だけが、心配で

当日、どうぞ
お天道様、顔だしてね

2/17・18・19

昨日の夜宮帰りの小4軍団です。


年に一度の八幡厄神さんでは、で店もでるし
八幡小学校は、1日半ドン♪
高学年になれば、子供たちだけで、厄神さんに行ってもよい許可もでる♪

小4からなので、エイトたち小4は、大はしゃぎです


2日目の昼宮

・・・年に一度だけなので
子どもたちだけでなく
この2日間は、馴染みのある方々や親戚縁者、古くからの知り合いまで、いろんな方々が、寄られ、にぎわいます。

日頃の疲れに、プラスしてトドメとなったか?
熱のはなが、一気に出た私で
ヘロヘロですが。

・・・この3日間は、今年の大切な『三が日』でありました。

2/17
今年の五穀豊穣を祈祷する、はじまりの日

2/18
旧暦の大晦日

2/19
旧暦の元旦


でした。


奥に見えるは、宗佐厄神八幡神社の鎮守の森
その手前、昨秋、豊穣祭にみんなで、神社の帰りにご挨拶した田んぼ



この3日のうちに

豊穣祭のときに
県外から届いた聖水

播磨上流、水わかれの清水

三重、水屋神社の聖水

3つを、合わせて
今年の五穀豊穣を、願いました。

・・・俗世では、厄除けも執り行われ

三寒四温を繰り返しながら、
春に向かっていきます。

準備オッケーかな?

何の?

今年の♪
春の♪

of course☆だね



ぼちぼち参りましょう















春の手作り市☆ちらし☆2015




ジャン♪

春色の優しくて、元気の出て来そうな
ちらしに、仕上がってきましたよ~*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*

もちろん、ちらし作成も、今年の出店者ですよ♪


今春3/21(土・春分の日・祝)

春の手作り市vol.10

写真は、ちらしのレイアウトです☆

印刷し、おかげにて、渡せるのが2/21(土)からですので

今年の出店者のみなさんは、早めにおかげに、取りに来てくださいね☆

手作り市まで、いよいよ、約あと1ヶ月

ぽかぽか春の陽射しに誘われて

じいちゃんばあちゃん
とうちゃんかあちゃん
兄ちゃん姉ちゃん
子供たちも

み~んな、お外で、1日たのしく
あそびましょう

お楽しみに☆

・・・今日明日、おかげは

厄除け☆八幡厄神さんで
にぎわっています。


2/18・19は、厄神さん


かわいいでしょ?

こんなんも♪


さてさて
2月の折り返し地点です
バテ気味ですが(笑)
実質、大丈夫ですけど。

2月は、ハードだわと感じながら
この土日も、頭も心も身体も、MAXでした。

昨日は、午前中に

このグループ覚えていますか?
『蓮の会』

ノーマライゼーション的な考え方で

障害者も健常者も高齢者も、お互いが特別に区別されることなく、社会生活を共にするのが正常なこととし、福祉に関心やご縁や職業などなど、おかげに馴染みある方々が、ウダウダと集まって、おしゃべりする井戸端会議

井戸端会でシェア、リフレッシュし
各々が、フィードバックし、日常に活かしていることと思います☆

そのメンバーの中から、3人が
定期的に、集まって、ウダウダとやってますね~

昨日の午前中が、そうでした☆

そして、午後からは

【春の手作り市vol.10】

今年のお役目持ち、カテゴリー別、個人・グループの、主要なスタッフミーティング

でした(来れる人だけ)

ミーティング始まる前に
個別作業?



歌の練習?



ミーティングスタートしてからは
約2時間半?くらい、かかっちゃったかな?

その後は、カテゴリー別打ち合わせや
本番に向けての、全体像が、段々と明確になりつつある時期なので
あと約1ヶ月強の準備期間を、どう過ごすかが、ミソかな。

今年のチラシも、め~っちゃ、素敵なのに仕上がりそうですので
お楽しみに☆

・・・本日は、ランチ後

美味しそう♪なモノが届きました



田畑の子どもたちの、ご馳走です☆

全部、手で、運んでくれてありがとうございました(^^)

明日は、OFFですが

2/18・2/19の厄除け厄神さんに向けて

仕込みです☆


しぃゆ~(パクッちゃいました・笑)



full St. Valentine day



日の出前の St. Valentine day
おさんぽから、スタートです@加古大池

午前中は、気になり出したら
止まらなくて


チャロのカットを。

お昼からの『はりま塾』では
サプライズ☆スペシャルゲストや
地域の大先輩もご参加



未来を背負って立つ者も
はりま塾の和みです



お茶請けは
St. Valentine dayスイーツ



特に本日(10回目)、2クールの〆にふさわしい、第1回から9回までを、振り返りながら総集、ラストの回にふさわしいまとめと第3クールへの導入といった感じで、濃いかったし
かなり、内容は、よかったです。

特異・特化されたゲストからのお話しや、経験、実践の先輩からのお話しも、10回目が、多いに盛り上がった要因でもありました。

3月からは、3クールスタート☆
じわじわと、さらに、盛り上がってゆきますよ。

はりま塾は、途中からでも、学べますから、第3クールは、特に、ゲスト&実践と、面白続きだと思います
ご参加、どうぞ☆


そして、夕方からは
ギター倶楽部♪








本日は
なかなかのfull(充実)でした♪


・・・おまけ・・・



今日は、スローフードな縁日が
姫路護国神社であったそうです。

お土産♪



来場のみなさん
スタッフのみなさん

おつかれさまでした☆


早春☆



ふきのとう

これを見ると、毎年
早春を感じます。

まだ、私は食していませんが
昨日、元気のないお客さんを勇気づけたく、ふきのとうを摘んで、差し上げました。

そして、本日
退院した足で、横の秋仏に、え~さんが来てるから
と呼ばれ、顔を見てきました。

入院の原因は、肺の力が弱まり、自力の酸素吸入が、弱まったこと。

ということで、酸素吸入の器具をつけて、これからの生活に、はいります。
みなさん、見慣れてね(^^)





少し弱っていましたが
でも、頭も口も、変わらず達者ですので(笑)
しばらくは、安静にしながらも、衰えた筋肉、体力を落とさないよう、本人は、気力と自力で、春の手作り市まで、自己調整に、挑む、もようです。

今年も、元気に来れたらいいなぁ。

それから
昨日は

『姫路市自然観察の森』

のレンジャーさんが、お見えでした♪

『粘菌』が、専門?なのか

ご持参された、箱をおもむろに、開け

さて、この中で、粘菌は、どれでしょう~(^^)

と、粘菌クイズ?(^^)



テンションあがるがな~(笑)

楽しい時間でした☆


そうしていると、近所のおっちゃんが、持って来てくれた

東播磨(明石市・加古川市・高砂市・稲美町・播磨町)の

こんな地域にしたい♪♪という夢が、いっぱい詰まった
そして、世代を超えて、立場を超えて、実践している
東播磨地域ビジョン委員会
第7期のお知らせ

でした。

高校生の参加や、じいちゃんばあちゃん世代も、保育園・小学校訪問、地域のローカルラジオ出演も、神社、寺院から、地域企業まで
市長さんも、知事まで、自分のできることで、日々実践されているようです☆


そして
明日は

『はりま塾』



レジュメもそろい
明日の13時半~約2時間半

講座も、10回目となりますので
より、楽しくなって来ておりますが

コツコツと、先生のおっしゃることを、噛み砕きながら、スッキリと落とし込んでゆきたいと思います♪

夕方からは、ギター倶楽部☆

明日も、楽しい1日となりそうです。


ちまたは、バレンタインディ♪でしたね(^^)

はりま塾でも、おやつは

きっと、美味しいチョコのバレンタインスイーツなことでしょうね♪

お待ちしてますね。






一粒万倍



埼玉にある在来種を扱う『たねの森』さんの種を
ご縁あってか
おかげがオープンし間もなくから、取り扱い店となりました。

たねの森さんのHPには、全国の取り扱い店が記載されていることを

数年たってから、お客さんに聞いて私は知りました。

こんな田舎でも、毎年、数件、数名の方々が、たねの森さんのHPやらを見て、こんな近くに取り扱い店があったのかと、お問い合わせやご来店をしてくださってきました。

そのたび、私も、地域に、私よりもずっと長く、畑や田んぼをしている人やグループがあることや、若くても、在来種に興味を持って、種を植える方々がいることも、知れました。

そんなお話しを、たねの森さんにもしたら、とても喜んでくださいました。

今年に入って、お2組

おひとかたは
八幡町(おかげのある所)の母世代のかた
30年も前から、グループで、無肥料・無農薬の生産を楽しんでいるそうでした。
自分たちで作った大豆で、味噌づくりもされている、まさしく『お母ちゃんの台所』30年後・版みたい(笑)

後日、そのお味噌も頂きました。

もうおひとかたは

ご夫婦で、三木は口吉川の方です。



元々、ナチュラルトラストといって

【かけがえのない地球環境を無秩序な都市化や野放図な開発から守り、自然環境や貴重な歴史的建造物を後世に残していこうとする市民運動】

19世紀にイギリスから、始まりましたが
日本では、1964年に、大佛次郎さんが、古都鎌倉の乱開発から守るため、始まったそうです。

・・・

その考え方により、グループで、大豆を植えていたそうです。

その後、現在のお住まいに引っ越され、おうちのそばの畑で、作物を育てておられるそうです。

4年前、たねの森さんで『六条麦』の種を買い、以来毎年、毎年収穫し、フライパンで炒って麦茶で飲んでいるそうです。

その六条麦と、金ゴマ、珍しい種では、クララを、お土産に、頂きました。




一粒の籾(もみ)が万倍にも実る稲穂になるような

たねの森さんが、引き合わせてくれる、地域のみなさん

たねの森さんにも
地域のみなさんにも

感謝です。









三木市☆エオの森


『おかあちゃんの台所』のとき
kanaが、貼ってくれてたお知らせ♪

三木にも、いっぱい、素敵な自然が残っているんだよ☆

お問い合わせ&お申し込みは

三木ホースランドパーク
エオの森研修センター
TEL:0120-816-1773

・・・・


★しいたけのほだ木作り教室

と き :2015年 2月15日(日)

時 間:10時~12時
定 員:先着30名
参加費:ほだ木1本付き →1人500円
ほだ木無し( 体験のみ)→1人100円




★早春の森バードウォッチング

と き :2015年 2月22日(日)

時 間:9時30分~13時30分
定 員:先着40名
参加費:1人100円(3歳未満無料)


★落葉と馬糞で堆肥作り&おまけでカブトムシの幼虫探し

と き :2015年 3月 7日(土)

時 間:10時~15時
定 員:先着20組
参加費:1家族500円





はりま塾

2014年4月から、スタートした『はりま塾』です。
年をまたいで、2015年2月で、10回目となります。

毎月のレポートを、参加者・欠席者に届くようにと、だいちゃんが、まとめ配信してくれています。

先月のレポートのNO.2を、あげておきますね。





第9回 はりま塾レポート&感想  その2


講師  横山孝雄先生 (兵庫県立大大学院非常勤講師)



3人目の講師は、はりま塾お馴染みの横山先生です。

横山先生はとても謙虚なお人柄で、ご自分の肩書きや経歴については多く語られないのですが、

知ればしるほどその活動に対する熱意と、地域貢献度に頭がさがる思いです。



第9回のテーマは 『 地域存立の新たな基盤を地産地消のエネルギーで築く 』です。



今の淡路市は環境に関してとても意識の高い環境モデル都志といえるとおもいますが、
ではそれはなぜなのでしょうか?


淡路島洲本に磯崎泰博(故人)氏の20年以上にわたる環境島創り


● 読み替えて蘇らせる!

(木や草や糞尿や漁業残さなど地域にある物を再生可能なエネルギー資源と)読み替えて(新しい技術やシステムで)蘇らせ地域の発展に活かす。

過去、淡路市では地域発展を目指し、いろいろな政策をしてきたそうです。しかしそのほとんどがおもうような地域の利潤にはならなかったそうです。

それはなぜか? 外の企業や団体によって利用され、利潤も外に出て行ってしまうような政策だったからです。

では今の淡路市は? 

外部から力にたよらず(買わず)、自分で産み出し(地産)、栄養(地消)にする、利益の地産地消スタイルに取り組んでいます。

特に安全で持続可能な地産エネルギーへの取り組みは、新しい産業を創出し、外部からエネルギーを買う資金を削減し、

地産エネルギーの販売収入を地域に循環させる事で円滑な利益をあげる事ができるシステム。

このシステムこそ地球環境再生をふくむ、持続可能な社会の基盤になりうるものではないでしょうか。


生前、磯崎氏は命の間際まで、なんどもなんども講演をしてこの事を伝えていたそうです。

ワタシたちの暮らしは、見えないところでたくさんの方の献身的な愛によって生かされているのです。  

合掌


しかし、環境の事を学んでいると 自分の心や精神性と通ずる理解 があることにきずきます。

自然もワタシたちも1つの存在として調整が必要なのだと観じています。

環境の調整はワタシから

自らに気を満たし暮らしていくのは大切ですね。





次回  第10回 はりま塾   2015 ・ 2/14(土)


『 地域と市民の環境まち創りを如何にして? 』


場所  古民家カフェ『おかげさま』(加古川市八幡町野村字三家556-2  tel:079-438-3024)


参画費 500縁 (おかあちゃんの台所手作りおやつとお茶つき) できれば要予約


第10回参画希望者への宿題(任意)


Imagin


わたしたちの住むはりま地域を、どのようなやり方で創り、次世代に手渡していきたいか?


ex エネルギー案、地域発展案、事業案、精神論、なんでもござれです。


この問いに間違いはありません、自由な発想でどうぞ。

私はきっと、たまたまラッキーだ

例年どおり、2月がいちばん、凍てつく感じ

暖は、外からに頼り切らず
適度に動き、食の工夫をし、内からも温めてゆきましょう
血の流れが大事です

あとは、気
気の流れも大事です。


反対向いたって、流れへん(笑)

さて、本日は、OFF

昨年年末?に、地域の大先輩にあたる
『はりま灘を守る会』の青木先生のお宅へ、2度ほどお邪魔しましたが
年をあけ、先生の体調を心配しながら、本日のお約束をさせて頂いておりました。

昨日は、今週土曜日の、月例『はりま塾』のレジュメを、通信で、横山先生から頂いた際に、青木先生宅ご訪問のことも、報告しましたら
横山先生も、久しぶりに、会いに行きたいなぁと言ってくださり

急遽、横山先生とご一緒に、お昼過ぎに、お伺いすることとなっておりました。

・・・・

午前中は、おかげに寄って、書類整理などに、時間を当てていましたら

電話が鳴り
そばまで来ているから、居たら、少し寄っていこうかと。と

これまた、地域の大先輩ですから
よろこんで!
午前中だけならと、お迎えしました。

・・・


午前中に、頂いた資料

お話しが面白すぎて、時間もあっと言う間で、そろそろと言う時間には

横山先生との待ち合わせに、少し遅れてしまいそうなくらい(汗)

*このおかたのご紹介も、改めてさせて頂こうと思います。
とっても、興味深いお話しですので。


案の定、少し遅れて
横山先生と合流し、いざ、はりま灘へGO

何十年かぶり?の、青木先生と横山先生の再会に、お立ち会いし

お二人の懐かしそうな、嬉しそうな
そして、お二人が若かりし頃、共に過ごされた時間の懐かしいお話しが、いっぱい飛び交い

そのおそばで、お二人のお話しを聞いているだけで、これまた、面白過ぎて
あっと言う間でございました(笑)



青木先生の奥さんも、いつも、お茶を持って来てくれて



両先生、二人のお話しも、弾みっぱなしで



青木先生のお体の心配をしながら、キリの良いところで、おいとまとなりました。


横山先生からも、帰り際に手渡された資料(笑)



私は、どんだけ、お勉強すればよいのでしょうか(笑)

学生時代に、不良過ぎて
今ごろ、ツケがまわってきてるのかもしれません(笑)

でも、今は、とっても、前向きに挑めます。

なぜなら、本日の大先輩御三方から、ご提示頂くものは、学校の授業とは違い、大先輩方の生に生きた経験の中から、三者三様、選りすぐりの、反面も含め『生きる』上で、最も大切なことばかりだからです。

あ~、面白かった☆

★2/14(土)13時半~
『はりま塾』

お待ちしています☆




あとからくる者のために

仏教詩人
坂村真民さんの、数多い作品の中から

有名な詩

苦労は、楽しんでしても、我慢は手放すけど
私のベースにもある詩。


『あとからくる者のために』
坂村 真民



あとからくる者のために
苦労をするのだ
我慢をするのだ
田を耕し
種を用意しておくのだ

あとからくる者のために
しんみんよお前は
詩を書いておくのだ

あとからくる者のために
山を
川を
海を
きれいにしておくのだ

ああ
あとからくる者のために
みなそれぞれの力を傾けるのだ

あとからあとから続いてくる
あの可愛い者たちのために
未来を受け継ぐ者たちのために
みな夫々自分で出来る何かをしてゆくのだ


座布団8枚!!



エール(応援)

今、腹の深い深い所で、静かに維持している気持ちを保っている人々が、私のまわりに、たくさんいます。

毎年、炎天下の夏が来る頃と、極寒の新しい年があけてからの日々には

特に老人の体調も、一変し、その季節には、命とりになることもあります。

ただでさえ、そうなのに
年々、病を患う人も増え

頑張りたいのに頑張れない人、力をつけたいのにつけれない人

今も、おうちや病室で、元気がない人、辛い人、痛みがある人、気分が悪い人・・・

先日も、風邪をこじらせ、入院した102歳のえ~さん
個室から、大部屋に移ったらしく、回復も望みがあり、少しは安心しています。

辛いのは、本人だけでなく
本人を取り巻く人々は、患者の数×αいて

病だけではなく、この時期、受験やさまざまな試練と、向き合わなければならない人々も

その心中は、腹の深い深い所で、静かに維持している気持ちを保っています。

そんな人々に囲まれている私は

今頑張れない人や元気のない人の分まで、頑張って、春を、創ろうと思います。

そんなココロを察してか
偶然にも、差し入れが、届きました。



エールです。


そう

今年の、みんなで創る、春の手作り市は

きっと、エール

誰かを勇気づける
たったひとりでも
誰かが、元気になれる

きっと、ひとりひとりから、誰かへ
何かへ
みんなへ

届いて欲しい、エールなんだと思います。



赤白ストライプ☆


爆睡チャロ

弟が言った

うめずかずお?

は???

弟が、ほら~って、見せた


ほんまやっ
服いっしょや(笑)

まことちゃんにも、着せてるし(笑)



MJまで(笑)



ダラダラした笑いのまま
夕方のギター倶楽部ハジマル

こっちもやん、赤白ストライプ(笑)



差し入れは


はりまのお酒
龍力の利き酒会の酒粕入り
お粥パンと、コロッケ♪









先週のLIVEも、無事終わり
春の手作り市に、向けて
そろそろ、始動ですかね~♪



かたづける(かたをつける)



ほんとに、毎日イロイロあります。

決まっている日々の業務にプラスして
毎日の変化球や予定外のオファーも、制限なく概ね、ざっくり建設的に、対処は後回しにしないので、そのときそのとき、気持ちのかたは、つけるタイプですし
自分ごとには、全くぐずぐす悩みませんが

自分以外を対象に、お仕事しますので

店内では、人の数だけ
畑では、生き物の数だけ

それぞれに、ばらばら過ぎて

とっくの昔に、大変!!!を通りこしていますので、気持ちは、安定的ですけど。



【世界は、連動した、国と国の関係も大変ですがね】

私にとって
身近にも

人には言えない?言いたく無い?家の問題、寿命宣告、病気、介護、お金、別居、仮面夫婦、離婚、子育て・・・
自分の問題、孤独感、躁鬱、虚栄、ヒステリック・・・

などなど他、日々、多くの問題があること。
それに、触れることも、おかげを始めて、かれこれ、11年目。
泣いたり、怒ったり、笑ったりの毎日。

自分以外のことは、なにもできないですが。
月日が立つのは、早い。

これから先10年を見据えての協力者の方々も、今年は、1月から、徐々に自然に成るようにして、対話の機会も訪れて、着々ですが

毎日の目の前も、次から次へと、身近にいろんなことだらけですから

こーゆーときは
いっこいっこ、ひとつひとつ、ていねいに気を入れて、かたをつけることに、私は限ります。









お母ちゃんの台所

今年は、2月スタートの『お母ちゃんの台所』

本日は、寒仕込み
黒豆100パーセントのお味噌づくりに、チャレンジです。

黒豆は、サラリーマンをしながら、兼業で
無農薬の黒豆を、作っている地域の方から、今年は、使わせて頂きました。

米糀は、毎年お世話になっている稲美町のシゲタさんの糀

今日は、各々前持って、選別し煮て来た、おマメを持ってきていますので

まずは、塩きりから

糀とお塩を混ぜています。

次に、煮豆を、ミンサーにかけています(昨年は、手動を経験しましたが、今年は、電動、早い!)



合わせます。



塩きりした糀が、ミンサーにかけた煮豆とよく混ざるように、手で混ぜ
詰めやすくするため、味噌玉をつくります



最後は、空気を抜くために、ぎゅっぎゅっと押し込みながら、つめてゆきます



合間には、お昼の準備も、してくれていました



蒸篭で、蒸しあがった中華風おこわ



そして、お昼ご飯です。



お母ちゃんたちは、賢いなっと思ったのは、黒豆の煮汁を、無駄にせず、重ね煮のお味噌汁に、使っていたこと。

それから、お味噌は、黒豆のお味噌を今日のお味噌汁につかいました。

このお味噌は
私たちの約30歳上の代の『お母ちゃんの台所』版みたいに
30年前から、畑で無肥料・無農薬でお野菜を作り、お味噌も糀からお手製で、お味噌を仕込んでいる、言わば私たちのお母ちゃん世代のグループから、有難く頂いたものを、使わせて頂きました。
そのうち、2世代交流の台所が、実現するのも、夢ではなさそうです♪

作業が押したので、復習を兼ね、ご飯を頂きながら、お味噌づくりのポイント説明は、さとこ



・自家製焼き豚入り中華おこわ
・重ね煮お味噌汁
・豆乳杏仁豆腐あんこ添え
の説明は、さっちゃん



・手作り柚子大根の漬物の作り方と
漬け物の歴史は、りえちゃん



優しいお味の美味しいご飯を、ありがとう

やっぱり

塩きりをしてるときや、おマメと糀を混ぜているときの、なんだか、しあわせ感は、なんとも言い表わせない味わいです。

それから
お母ちゃんに着いて来てくれた子どもたちも、お利口にしててくれて、ありがとうね。



しあわせな1日でした。

春に立つ

本日の業務も終え
これから、残業

明日は『お母ちゃんの台所』の日です。

洗って、一昼夜水につけていた黒豆を、本日の昼から、ストーブで、ことこと


あと、もう少し、柔らかくなるまで、ことことと

明日は、朝10時から、お味噌づくりです。

昼食は
・自家製焼き豚入り中華おこわ
・重ね煮お味噌汁
・手作り柚子大根の漬物
・豆乳杏仁豆腐あんこ添え

だとか(^^)


もち米、洗って水につけるの、頼まれてたし
あと、いろいろ、チェックしとかなきゃ



世知辛い世の中に、心を傷めたり
憐れみをかけたりの俗世

弱いものを助けたり、いじめたものを裁いたり、まぁまぁ、そんなことせんと、そんなことせんと

命は、全部置いとかんとね。

弱い者も、助けたい者も、いじめた者も、裁いた者も

全部が行き過ぎると、この結果
不調和でしょ
行く末は、戦争でしょ

肝に銘じて置かないとね

命さえまだあるけど
身近なところでも、同じだよ

調和を望んでいるんでしょ


そんなことを思って、春に立つ



   

いぶきの節分

1月も半ばに、差し掛かると
保育園のいぶきが
ね~めぇ~、鬼さん来る??と

思い出したときは、必ず、私に聞いてきた。

鬼のいやがること。

イワシのアタマ・ヒイラギ・おマメ

きっと、保育園で覚えたんだろうね。
呪文?のように、教えてくれた。

まだまだ鬼が怖いんだね、いぶき。

月曜日の仕事が終わってから、翌日の節分の前に
いぶきのために、在るもので、即席に作ってあげた。

夜で暗くて、ヒイラギだけが、見当たらなかったけど
いぶきは、ギザギザの葉っぱ、明日、見つけてこよか~と言ってた。







ニガツニゲル

タイトルどおり、2月は、一気に駆け巡りそうな気配です。

ざっくり、2月の予定を☆

1月のまったりムードから、一転し2月は、おそらくOFF返上で、毎日何かしらありそうです。

明日は、季節をわける節分
OFFですが、地域の中の、ひとつの分野に特化されたスペシャリストがご来店くださるお約束の日です。
また、ご報告をお楽しみに。

2/4は、立春

そして、2/5(木)は
今年最初の『お母ちゃんの台所』
2月は、お味噌づくりです。


台所では、例年に続き、お味噌は、この時期の寒仕込みが、自然の流れのよう

昨年は、大豆で作り、今年は、少し贅沢ですが、黒豆にチャレンジ♪

普段、お店では、選りすぐりの豆が売られていますが



今年は、生産者さんが脱粒してくれた黒豆の中から、自分が仕込みたい分量の豆を、自分たちの手で、使える豆と使えない豆を選別して頂きます。



台所のお母ちゃんたちでも、農家さんて、こんな手間ひまかけて、商品にしていること。に、自分が選別して、わかることばかりです。

2月に入ると、1月のお正月ムードがなくなり、通常の雰囲気が一気に増して、ランチのお客様のご予約も、さまざま。

普通食、ベジタリアン食、療養食など
日によって、お客様によって、内容は変わり合わせてゆきます。
ご満足を頂くには、どれだけ込めたか。が命デス。

そして、バレンタインデイの2/14(土)は、『はりま塾』



2/18(水)・19(木)は
八幡厄除け厄神さん
18日は夜宮なので、おかげも、夜10時くらいまであいてます。



2月後半には、春に控えている手作り市のチラシも出来上がり、3月に向けての準備も始まります。

きっと、2月は、濃く一瞬一瞬が、駆け抜けてゆきそうです。
そうゆうときは、一瞬一瞬に、振り回されないよう、より充実させて楽しむことが、やっぱり、楽しいこと。


本日は、サプライズに嬉しいことがありました。
何年ぶり?かの再会(てゆーか、地域の方ですがね)
私にとっても、大先輩です。
私は後輩のくせに、いつも大先輩から、出向いて来て頂くのは、大変大変恐縮なのですが
嬉し過ぎて?(笑)、積もる話しも、一瞬を逃さず、対話する喜びがありました(久しぶりだから♪)

出会った頃から、変わらぬ内に秘めた熱さと、純粋な眼差しとあったかさと

地域の前衛のサンプルとし、これからも、お元気で、末長くご活躍頂きたいと思います☆



兵庫県高砂市阿弥陀町阿弥陀字中道99-1

ファーマーズキッチン
イヌイット

月曜定休
3週目月曜火曜定休