おかげさま
古民家カフェ おかげさま 加古川市八幡町野村字三家556-2 tel:079-438-3024

新しい出発

OFF日☆エイトたち家族春休みお出かけを、見送って、用事を承って

3月最後の、夏日のようなお天気に恵まれた今日は、3/31

手作り市(3/21)が終わって、残りの3月は、ゆっくりとさせて頂きました。


明日から、新年度です。
新入準備、オッケーですか☆

今年は、桜の開花が、若干早いのですか?
それとも、こんなもんでしたっけ?
今日、厄神さんの前を通ったら

結構、開いていました。

手作り市後の疲れも、今頃出ていて(笑)
ぐったりお疲れの身体に、桜並木は、本音で言うと、ちょっと見るのも疲れるくらい、ウッと来る(笑)
今日は、野暮用が多く、車で走る先々で、桜に出会いますからね。
よっぽど、ぐったりですね~(笑)


これくらいが、ぐったりな身体には、ちょうどいいかな(加古大池)


桜と言えば
私は、これがすぐに浮かぶ

『お国のために散って、靖国の桜のもとでまた会おう』



は~
時代の上に、生きていられる私たち・・・
理屈抜きに、恐縮しながら、ありがたや~







ぐったりの身体をほぐし、だらだら歩いていると、いつもよりも、長距離歩いてた(笑)
チャロも、後半、ペース落ちてたし(笑)

今日のえ~さんも、病院のベッドで、意識は、しっかり元気でした☆


新年度に向けて
やること、ひとつづつ、かたずけてゆきます☆





スポンサーサイト

子どもたちへなにを残しますか


はりま塾2014スタートのときの見出しです☆


私たち人間も、生き物です。

人間が、生きれているのは・・・

他の生き物のおかげであります。

核は【他の生き物を生かすこと】

太陽、空気、水、植物、動物、土、生産者、分解者、消費者などで構成される空間を、生態系と言います。



【生態系の定義】
ある一定の区域に存在する生物と、それを取り巻く非生物的環境をまとめ、ある程度閉じた一つの系と見なすとき、これを生態系と呼ぶ。
Wikipediaより

はりまでは

はりま上流から、川でつながり
下流、そして、瀬戸内海へと、一連の空間生態系を、循環させてゆくことが、まずは、大切なことだと私は思って、おかげをやってきました。

面となり、今、バランスを崩しつつあるはりまの生態系のバランスを、みんなが力を合わせて、整えてゆくこと

その意識を、反映させるものは
全て、日常の暮らしの中に存在します。

獣医、樹木医、木こり、炭焼き、林業、農業、漁師、研究者、エンジニア・・・
医者、看護婦、お父さん、お母さん・・・あげてゆけば、キリがありません。

本来
他の生き物を生かすために、仕事をし(働きをし)、人間は、生かされているということ

でないと、一生懸命生きてても生きてなくても、他の生き物を殺しながら人間が生きてたら、そのうち、人間は生きれなくなるのですから。
知らなかった。で、未来の子どもは、許してくれるのでしょうか

そんな意識をもって、暮らしを営み続けてゆきながら、少しづつ自分の意識と、営み方を、見直しながら

より良いふるさとの環境を取り戻し、子どもたちへと、受け継いでゆくためには・・・

はりま一帯の人々が、ディスカッションをしないといけません。

どんなはりまの未来を、想像するのか

そして、それぞれの今居る場所、自分の得意とすることを、明確化してゆきながら、自ずと役割分担が出来てくると思いますから

子どもたちの顔を思い浮かべながら

未来への喜ばれるギフトとなるのか
はたまた、迷惑ギフトとなるのかは

あなたに、わたしに
かかっているのでは、ないでしょうか

先に逝く大人の仕事
し忘れないように

生きましょう。

2015はりま塾、まもなくはじまります。

他の生き物を生かすこと


はたけ日和☆

さて、2015年

3/20は

日(太陽)・月・地(地球)

が、一直線となった
皆既日食の新月でした。

そして、翌日の3/21が、春分の日

ほら、地球から見たら、月と太陽が
一直線だから、太陽は、見えないでしょ
1日過ぎて、チラッと見えてくる太陽が昇っていく日が、春分の日だから、新しい再出発とも、言われる日だったようです。


その日は、奇しくも
手作り市で(笑)

地域みんなと一緒に、新しい再出発の日に、立ち会える今年を、楽しみにしてました。

先に言って、集まっても
全然、面白くないから(笑)

そして、無事終われば
再出発したから
すぐ、次のが、はじまっちゃうんだよね。

なんだか、成り行き
はりま上流から、スタート☆

『土鍋ごはん家族の会』しませんか

水は高いところから、低いところへ流れるように

はりま上流から、良いも悪いも、あらゆるものが流れてきたものを、下流域に暮らす私たちは、受け取り、綺麗にして流し贈る

下流域は、ある種、責任あるポジションだと、私は思います。
濾過のようなね。

そのときに、下流域に暮らす人々が、ぶれていては、循環サイクルが悪化してゆく。

上から整え流す人々にも、もちろん責任はありますが、下流域が踏ん張って、分別する叡智を持ち生きることで

循環サイクルも、徐々により良くなっていくと思いますから

はりま一帯、面となり、私たちは、
私たちを生かしてくれている
【他の生き物を生かすこと】を

念頭に置き

まずは
これからハジマル
上流のエネルギーの渦を、下流域は受け取り、やっちゃんを、伊勢へと送り出す(笑)

で、練習してみましょう






『土鍋ごはん家族の会』しませんか

春休みです☆





4日間のお休みを頂き
おかげさまで、昨日から
再開した、おかげです。

子どもたちも、朝から、出たり入ったり

・・・さて
4日間のお休みの間に

ひとつは

新年度から2年目となる【はりま塾】

より良いふるさとを、こどもたちに受け継ぐために・・・

『事業や暮らしで、環境にインパクトを与えず、再生可能・持続可能な地域づくり』

の打ち合わせがありました。

昨年1年は、ウォーミングアップ的に

視野・視点を広げたり、また角度を違えて考察したり

横山先生を通して、私たちの暮らす、はりま地域、それは、私たちの暮らす地球内であることから、毎月テーマに沿って1講座90分、全10回の学術的な積み上げとなる
基礎編を、実施しました。

昨年得た内容を、さらに今年は
復習と新たに積み上げてゆく、広げてゆく内容と、実践の基礎固めともなる、重要な2年目となりそうです。

2015はりま塾スタートは
詳細がまとまり次第、お知らせしますね。

・・・そして

もうひとつ

昨日のブログで駆け足でご報告した
はりまスタートの内容は

『土鍋ごはん家族の会』

西宮産まれの坂山保之
愛称:やっちゃんが

自転車リヤカーで、土鍋黒炒り玄米や、玄米、炭火ごま塩など、小さな家族から、人が集える場所があれば、各地の風土で育まれた大切な地場のお米を、炊きに、寄り道して行ってくれます。

*やっちゃん愛用の土鍋は、マスタークックです(イメージ写真)



播磨をスタートして、伊勢に向かうルートです。

4月3日 市川町入り

4日 満月の会 夜:コレサ (調整中)
5日 夜:川上宅 (調整中)

9日 夜:橋本さん宅

12日 藤井さんの笠形神社 参集堂

・・・昨日の時点で、ざっくり
予定が、でているようです☆
(まだ、増えるかもね・笑)
市川で、和歌山の龍神温泉も、決まってたし(笑

どこかで、食べてみたい!行ってみたい!企画してみたい!という方がいましたら、探し当てて、食べてみてくださいね。

神がかった、めちゃめちゃ美味しい味です(笑)

道中、皆さんのお声に任せ、数珠つなぎで、回られるそうですから
寄って欲しい方は、やっちゃんにアクセスしてみてくださいね☆


真剣に、土鍋ごはんを語るやっちゃん(笑)
実は、吉本並みに、おもろいやっちゃんですけど(笑)

やっちゃん電話
080ー6141-8050


真剣に語るやっちゃんのお話しを、温かく聞いてくれてるのは、優しい優しい川上さんちの奥さんのゆきちゃん
川上さんちは、5日の夜かも?!

*川上さんちは、のりふと農園です☆

愛を米手
byーやっちゃん




















2015☆はりまスタート

みんな揃って、春のスタートを切った
春分の日の手作り市が終わって

待ってました♪
かのように
次のオファーが、相次ぐ☆

スタートしちゃったね(笑

・・・お休みの中の1日を頂き、急ぎ足で

ある方をお迎えに
1日のスタートは、ここから☆


兵庫県姫路市林田町奥佐見

そしてその方を乗せて
向かった先は、市川上流・中流




神崎郡市川町上牛尾



そのかたが、朝、炊いてくださった土鍋玄米ご飯をおひつにいれ、持って行った先コレサで、お昼ご飯会☆
コレサの女将さんが、ちゃちゃっと
お手製、糠をつかったふりかけや
旬のお野菜とつくし
保存食の切り干し大根をつかったおばんざいを出してくださいました。




同じく上牛尾
農家民宿やってる☆すぐ近所の藤井さんち


福崎☆りんごの木、くみちゃんとこ

はりま上流・中流の仲良しさんたちは

普段、おかげに来てくれるばっかりで
なかなか、私から、出向くことも少ないのですが
行けば、欲がでるのか(笑)
全員に会いたいくらいの勢いで(笑)
ご挨拶しに、立ち寄ります(笑)

行き当たりばったりの、全く前触れ無しの1日でしたが

行けば、次々と人が集まってきてくれて
最後、夜ご飯は
上牛尾、のりふと農園宅
あにいく、家長ののりふとさんは、不在でしたが、嫁のゆきちゃんが
快く、お母ちゃん役を引き受けてくれ
集まってくるみんなのご飯とおばんざいを、ご用意してくれました。



さてさて
これから、はじまる
はりまスタートは、どうやら、市川からスタートするようです☆

何がはじまるかって?

あとで、綴りますね~☆




おかげ3/26から始動です。

手作り市が終わって・・・
3日間、お休み頂きました。


急遽、もう1日、出かける用事が出来ましたので

木曜日から、おかげは再開しますね。

・・・さて
手作り市アフターは
毎年、お礼参りと、スタッフ間残務は、必須

総括のポイントとし

この10年、10回を
スタッフ一同、出店者一同が
心がけ、意識してきたことを

特に今年は、さらに強化し
スタッフ一同、務めたことがありました。

それは、【事故・防犯・マナー】について



スタッフたちは、黄色の腕章をし、会場内の事故・防犯にも、気を行き届かせる意識がけをしました。



楽しい集まりに
悲しいことが、起こってしまった後口を
誰一人として、望むものではありませんから

おかげでは、ひとりひとりの意識と心がけで、楽しいことは、楽しかったで終われるように

みんなで、気をつけることを癖づけています。
それは、誰でもです
お客さんでもです

そして、この10年
手前味噌ですが

手作り市終了後、ゴミがほんとに、ありません。

毎年、最終見回りを、スタッフにやって頂くのですが

あっても、片手に乗るくらいの小さな量
今年も、拾えるものは、つまめるくらいでした。

それも、出店者一同が、意識と心がけをしてくれているからです。


しかし
今年は
こんなのが、あったって



誰や(笑)

ジュースの瓶は、飲んだら
返却場所へ☆と書いてあるでしょ

きっと、ビー玉が欲しかったんだよね(笑)

日頃は、ビー玉が欲しいと
こどもたちは、私に言いに来るんだけどね

祭りじゃ~、祭り気分なんだよね
きっと子供はね

見つけた大人は、割れた瓶で、誰かが怪我をしないように、かたづけておきましょうね

・・・他
細々とした、反省点や気づきは、たくさんでてくると思いますから
メールや、会ったときに、話してくださいね。

終わったあとが、大事です☆

今年は、総勢約20名のバックアップスタッフたちによって

まだまだ不備な点はありますが

大きな事故もなく
無事に1日が、執り行えたことに

ほっと胸をなでおろします。


それでは
あと1日お休み頂き
3/26(木)から、おかげ始動しますね。

よろしくお願いします☆




終わりと始まり


フィナーレ♪

みんなのチカラ☆
みんなが揃った、春のハジマリ☆

2015
【春の手作り市vol.10】
無事、晴天の、盛況で、最後は、みんなの笑顔と力がみなぎった(尽き果てた?)、エンディングとなりました。

10回目の節目となる
古き良き“終わり”と

これからハジマル10年の
“始まり”
となった春分の日

地域のみんなとこうして
無事に10年10回、晴れて、開催できたこと

これからも
明るい未来を夢見て、生きるしかないと誓いました☆

だからだから
今日は、最高でした
みんなみんな、最高でした
来れた人も来れなかった人も、最高でした

最後にみんなが叫んだ

ありがとう



全て本人にそのまま還り

幸せなこれからを、歩むのだと思います。

・・・明日から、火曜日まで3日間
おかげは、休業し

また、水曜日から
通常どおりにしますね。

・・・

今日の良き日のために

陰となり日向となった万物に
感謝を捧げます。

お疲れ様でした。
ゆっくり休んでねー















前日準備②

長い1日も一旦、切れ間です☆

明日のスタッフ一同、出店者一同
ラストスパートに、はいっている頃ではないでしょうか

母のお見舞いにも、行けない娘に
母は、入院した時点で、来なくて良い。と

行ってくれてる家族の話しによると、元気だそうです。

明日の手作り市、見せたかったな。と思う人は
母だけでなく、今年はたくさんいる私ですから(オソラの人もいますからね)

自分の芯を、悲しむ力に引っ張られないよう

来たくても来れない方々の分まで、明日を、楽しむ力で、バランスし

春の良き日、みんな、元気だったよ
みんな、よかったよ
みんなで、楽しむことができたよと

報告できたらと思います



手作り市カラーです☆



温かい陽射しの下

3/21春分の日

春の手作り市vol.10

を開催しますね☆

お待ちしております♪






前日準備①

春分のハレの日を前に・・・

昨日、さまざまな、嬉しい便り、びっくりする便り、これは、サプライズな演出か???
が、舞い込んで来た。

特にびっくりしたのは
昨日、うちのお母さんが、いきなり胸の息苦しさをうったえ、救急車で搬送
カテーテルをいれる検査
心筋梗塞では、なかったが
ICU(集中治療室)に、一泊
1週間の入院らしい。

・・・こうゆうとき、家族が多いと、手早く連携し、各自の役割分担をこなして、家も会社も回しながら、なんとかなるものだ。

ICU15分の面会らしいが
母は、元気で、やり残してきた家のこと、会社のことが気になって、よくしゃべるのだそうだ

・・・今朝は、早朝ランニングが日課のエイトに、私も便乗
コースに、村のお墓をいれているエイトは、毎朝、お墓に参って走るのだとか。
ちょうどお彼岸の入りも過ぎたので、私も一緒に参った。

そして、おかげに入り
地域のご夫婦が収穫してくれた
在来種『六条麦』を、精神統一しながら、炒った(焦げるから、目が離せない)


明日は、おかげ店内で、この麦茶をお出ししようと思う。

朝一、明日の会場となる野外を見渡すと
昨日の雨の水たまりは、消えていた


さすが、水はけが良い

これから、明日の準備に、人が出たり入ったり、来られますから

本日一日、入念にお準備をさせて頂きます☆

もう、来てるし☆





雨降って地固まる

今日は、夕方まで降りそうかな~、雨



おかげ軒先に飾っていた梅の花を
移動させました。
はかない命、ヒラヒラと舞い、落ちゆく花びらが、美しく
ご来場のみなさまを、お迎えしてくれそうです。

古い看板も、オープン当時、今は亡き堀本先生が作ってくれた看板です。
墨が入った、おかげさまの文字が、だんだん薄くなってきた頃、見やすいようにと、bokkoが、白をいれてくれました。
そんなことを、思い出しながら・・
この10年が懐かしい
みんなみんな、いろんなこと、あったしね

・・・さて
明日のお天気の回復を、様子みながら、いよいよ、明日は手作り市前日ですから

準備も入念に☆

整理をしていたら
2011年に作ってくださった写真が
また、懐かしい♪
4年前なので、ステージもなかったみたい(笑)



そしてたぶん、これは2013年
え~さん祝100歳のスピーチだ



10回目の歴史を刻もうとしている、今年☆2015

おかげは、11年目を歩み始めていますが

10年を振り返り、また
これからの10年を、とにかく

みんな、元気で居てくれることを願って

春は、やっぱり
みんなが集まる景気付けが、祭りだな

いつの写真か思い出せないけど

ふふっ
ぶ~ちゃんも、ソラから
晴れるように、見てくれてるのかな



ほんとにほんとに

みんなの、おかげさま
なのです。

21日、たぶん
胸いっぱいだとおもいます。





まもなく春分の日


羽化するチョウ

ちょうど今、そんな季節です。

脱皮
私たち人間も
新年度に向けて、3月は、羽を広げて、軽やかに、飛び回る季節なのかもしれません。



今年は、「春分の日」が、手作り市開催日となりました。
そして、春分の日は、お彼岸真っ只中。
春分の日は、自然をたたえ、生物をいつくしむ日
とされています。
春の種まき、自然に対する感謝や祈りが
また、お彼岸、ご先祖様に感謝する気持ちにつながって、お墓参りも、日本では、大切な行事ともなっています。

暑さ寒さも彼岸まで

とも言われるように、春はこれから、日が長くなってゆき、寒さが和らぎ暖かくなってゆくようです。

このように
たまたま、今年は、春分の日に
地域大勢が、集い開催できる
10回目の春の手作り市

お墓参りにお出かけの方々も、多いと思いますが
そのあと、かけつけてね(笑)

きっと、楽しいから


お彼岸前は、うちの職人さんも、毎年てんてこ舞いですが
毎年、手作り市の前には、石材置き場をかたづけてくれる職人さんたち

毎年、『僕らの役目ですから!!』と、手作り市を、陰ながら支えてくれている。

ひとりひとりが、手作り市における
僕の役目、私の役目を
毎年、陰となり日向となって
開催できている手作り市

手前味噌ですが
それも、感謝と、自慢のひとつです。

そして
たぶん、手作り市当日まで、行けないだろうから
え~さんを見に、病院へ行ってきました。

回復力が、素晴らしいと病院の先生も、ビックリ!!
長い1日を、車イスにのって、自らリハビリに励んでいるようです

OFF日の私は、1日の用事を済ませ
夕方、え~さんの病室に、しばらく居ました。



今日は
コトバを、交わすよりも

しばらく、じっと、え~さんを見つめていたかった

手をつないだから
手作り市には、え~さんも
会場に居ると思って

おかげが大好きなえ~さんと、みんなと一緒に、おもいっきり、春分の日を、満喫したいとおもいます。

みんな、待ってるね。












カウントダウン

おだやかなお天気だった本日
21日も、こんなお天気だったら、いいのにな



今週の土曜日まで
カウントダウン

今週1週間は、毎年、運営陣、スタッフ、出店者といった
ご来場のみなさまを、お迎えする立ち位置のメンバーからの、当日までの微調整アクセスが多い週です。
ひとりひとりが、本番に向けての準備のカウントダウン週

それから、チラシの出回り具合で、お問い合わせのお電話も、ちらほら増えている頃です。

19(木)には、神戸新聞東播欄にも、毎年のごとく、小さいですが、手作り市の告知が載る予定です。

本日は
空き時間に、外回りのかたづけやブース割りを、手伝いに来てくれた人がいました。
おだやかな温かい野外で、おしゃべりしながら、草をひいたり、モノをかたづけたり
気持ちよかったー

草引きが好き、土いじりが、手軽で
大地の生き物を観察できたり、じーっとその生体を見入ってしまったり
草の根に付着している菌を眺めたり
土壌のしくみは、こうなってるのかと、興味深いし
土壌を整え、活性化してゆくフィールドを、指標に
自分のやり方も、研究する
そして、私も大地のお役に立ち、大地と共に生きてる感じが感じられたら、安堵感もある。

気候も、私たち人間、そして生き物を、後押しするかのように

ポカポカとした陽気に

動き出したくなる季節

新年度を目の前に

春の景気付け☆

3月21日(土・春分の日)

みんなで、今年も12月まで

元気出して、ゆこう♪と

みんなの元気が
木霊し、元気の無い人も、元気をもらって、頑張れますように

会場を、温めてゆきましょう





みんなのチカラで☆みんなのおかげ

日に日に変わるお天気予報ですが

いよいよ、【春の手作り市vol.10】まで、あと6日です。

16日(月)
曇り
17日(火)


18日(水)
19日(木)



20日(金)
21日(土・本番)


いまのところのお天気予報です。

現時点で、開催予定☆

さて
準備編

土曜日、ギター倶楽部前入り

看板シュミレーション☆

お・か・げ・さ・ま
今年は、会場内での事故、防犯、会場案内など、お困りの来場の方々には、黄色が目印となる、腕章が腕に付いてる者に、なんなりとお申し付けくださいね☆

消しゴムはんこは、thank you☆minori


ギター倶楽部中
山下さんが、目打ちをしてくれています。


本番までの、最後の顔合わせ☆音合わせに、なりました。


本日、日曜日
1歳ほやほやのトーマと


こじろーのおもりをさせて頂きながら


パパは、秋に引き続き、舞台監督
杉浦くん
今年の舞台製作は、しま兄


今春の舞台です☆(チラシ取りに来た、木村さん♪)


来場者の目線に近い舞台を、春は試みました。


さてさて、あと6日

晴れるのか?
そして、出来るのか?

【春の手作り市vol.10】

きっと

みんなの力で

開催させてしまうのでしょう

お楽しみに





春の海岸清掃♪



家島群島 クラカケ島のクリーンアップと

スナメリ・ウォッチングに行きましょう!




無人島、クラカケ島には
ずいぶんゴミがあります。

春と秋の年2回、海岸クリーンアップをおこなっておりますが

クラカケ島には、ここ数年、いっておりません。

久々に、この島の浜辺を清掃したいので、ご一緒に、ご参加ください。

帰途、網干沖で、スナメリウォッチングをおこないます。

播磨灘を守る会



日時:3/29(日)午前10時

集合:御津町岩見、魚市場

持ち物:昼弁当、お茶、帽子、軍手、火ばさみ

費用:スナメリウォッチング船代500円

定員:25名(お申し込み順)

連絡先:御津町岩見1431

播磨灘を守る会(青木)

TEL079-322ー0224



旅立ちの春

昨日の徹夜から

ようやく、本日

おかげ【貸し切り】

いってらっしゃい!!
ありがとう♪
春の旅たち☆送別会

無事に終わり
私も、ほっと、生還致しました。

オードブル、少しだけ
写メとれた分、あげとこ


早春の新玉ねぎと、菜の花を明太子ソースであえてみました


ブラウンマッシュ他、キノコ3種のガーリックソテー


わさび醤油、豆腐とアボガドのディップ


焼きお揚げさんを、甘辛く
水菜と一緒に炊いたん


本日のお茶は
『月桃』

沖縄ならではの植物で
染め物にも、綺麗な風合いが出る植物



本日の主役(^^)
赤ちゃん抱っこしてる石川ちゃん♪

彼女が、ふらっとおかげを、訪ねて来たのも、もう随分、前のようだ

駆け出しの彼女が企画した、イベントの協賛に
私は、初対面にもかかわらず、厳しかったようだ

それでも、何度も、おかげには来てくれた

それからの月日
『お母ちゃんの台所』にも
ママ友をたくさん引き連れ、学びに来てくれたり

彼女は、彼女の頑張りたいことを、たくさん、地域でも、やっていたよ

そして、今日は
石川ちゃんに、初めておかげに連れて来てもらったと言う、りえちゃんが
幹事だった

今じゃ~、りえちゃん、台所の常習組だけどね(笑)





デザートは
安納いものプリン

出会いがあれば、別れもあるけど

でも、彼女の旅立は
きっと、明るい未来へと通ずる
そんな気がして

最後に、いっぱいしゃべれて
よかったな~と思う


石川ちゃんが、くれた
メッセージ

別れは別れでも

こんな別れは、最高だ

なんだか、卒業式みたいな心境に
なりました

石川ちゃん
いってらっしゃい!
元気でね

・・・おまけのお知らせ

3月のはりま塾(予定では、明日ですが)は、1回お休みです☆

新年度、新たに、はりま塾は、ハジマリます。

ご参加お待ちしております。









響き渡れ、ぼくたちの歌

10日前3/12現在の

3/21(土・春分の日)【お天気予想】がでていました。


晴れときどき曇り

降水確率30%


です。

・・・とりあえず、手作り市、できそうですね☆

来週は、雨も多いようですから
お天気の移り変わりを、チェックしといてくださいね。

さて
昨日で、4年。
東日本大震災

今年の手作り市では

ステージのフィナーレに

時間があれば

ステージ出演者と来場のみなさんと
一緒に歌えたら~と思います☆

春の空へ、響き渡れ


ありがとう・忘れない・そして、未来へ・・・

神戸淡路大震災から、20年

音楽は

言葉にならない想いを、伝えてくれます

人をつなぎ、癒し、元気もくれるから

神戸の街も、東北の街も

そして、日本中の未来へ

響き渡って、みんなみんな元気でいて欲しいと思います。

巡回パトロール

加古川市では、平成16年から
地域の巡回パトロールを実施
パトロール隊員は、警察官OB
運転は、シルバー人材センターに委託



おかげのまわりでも、お世話になっており

パトロール隊員は、常連さんでもある。

先日は、若いパトロール青年と共に
警察官OBがご来店。

昨今、犯罪が世間を騒がす。
鬱・引きこもり、精神異常者、いじめの張本人などを、厄介者扱いにし、挙げ句の果てには、そういった者から、逃げろ。という風潮まで。

それは、対処策であり
果たして根本解決に、つながるのだろうか。

また、洲本で起こった事件など

詳しくはわからないが
我が県、兵庫県でも

限界集落に近い村も、無いとは言えない

【限界集落(げんかいしゅうらく)とは、過疎化などで人口の50%以上が65歳以上の高齢者になって冠婚葬祭など社会的共同生活の維持が困難になっている集落を指す】

兵庫県の過疎地の友達に聞けば

高齢者の閉鎖的な考えで、村に残る若者は、街に働きにも行けない引きこもり
家の恥のように扱い、村と言えども、引きこもりの若者は、家に引き込もって、姿を見せないと言う。

もしも、その引きこもりの若者が犯罪を犯したならば

それは、若者だけが、犯罪者なのだろうか。

若者を、犯罪者にさせない術は、あったのではないだろうか。

少なくとも、私のまわりでは(村では)、どんな人でも、どんな子でも

どんな家に住んでようが、親の職業がどうであれ、話しはするし、用事は言うし、気にかけ合える、そんな村の親たちの元で育ったし、世代をまたいでも、少なからず、その風潮はまだ、残っている。

村全体で、抑止も、つとめているのだ

だから、おかげも、そうだし
解放的だ。

それでも、物騒な時代

お父さんの会社も、おかげも、泥棒に何度も入られてるし。

そのたび、村の駐在所のお巡りさんも、警察官OBも、親身に心配もしてくれた。

取りたいものがあるなら、命以外は、どうぞ。と私は思ったし、困っているなら、おとりください。とも思う。
たいがい、窓を壊して泥棒は、はいるから、何回も続くなら、玄関からお入りください。と鍵は、開けて置く。

警察官OBが連れてきた若いパトロール青年は

実は、バンディオンセ加古川のサッカー選手

J2を目指すアマチュアチームで
練習の合間に、加古川の巡回パトロールが、仕事らしい。

地域のさまざまな方々に、護られながら

ひとりひとりが、日々、できることは、小さいことでも、まだまだ、たくさんあるはずだ。

自分の地域は地域みんなで守る
隣近所、声をかけあって、生きてゆきたいものだ。と私は思う。

若い犯罪者を増やしてはいけない。
その子たちにも、未来があるのだから。

しあわせ運べるように



春雨じゃ、濡れてまいろう・・・

例年どおり、春を迎え、季節の変わり目の不安定なお天気

今春の『春の手作り市』まで、2週間を切りました。

ようやく、運営スタッフ陣、出店者一同、今年の息も合わさって

あとは、当日を迎える準備だけ

は~、お天気だけ、心配


どうか、晴れますように


さて、先日のシンポジウムの資料です。

市民活動、20年の軌跡を、写真、文責で、先輩方が残してくださっています。

感動と、また思うところも、色々出てきますので
加古川のギフチョウと、活動紹介も、また、あげてゆきたいと思います。

そして、まもなく
東日本大震災から、4年です。
それから、神戸淡路大震災、20年目の今年。

無念にも
亡くなった方々の分も
毎日を、大切に生きてゆこう

です。

播磨地域の大先輩の中にも

4年前のまだ寒い東北で
震災後、温かいお風呂にはいれない方々がたくさんいる。と聞いて
よし!!と
500ℓの水を80℃にキープする
太陽光ボイラーを、陸前高田市に、設置しにいったことが、全国ニュースにも、なりました。

他、市民にできる震災後支援も、この西日本でも、神戸の経験を活かし、痛み分けを、やってこられた方々もたくさんいます。

まだまだ、仮設住宅におられる方々は、何万を超えるそうですし

無くなったからこそ、できることがある

これからの新たな復興を目指して

この国に、しあわせ運べるように

残された私たちには、責任があるのではないでしょうか

そんな想いものせ

今年の春の手作り市でも

身近なところから

私たちは、しあわせ運べるように

ありたいと思います。












春の雨

週末の雨です。

本日は、午前中を慌ただしく終え

午後から、シンポジウム拝聴のため
加古川へ

道中に、入院中のえ~さんの様子を伺いに


病院の敷地?に、ヘリコプターが常備されてある。

え~さんの病室に、今日は、息子さんが来てくれてた

お父さん、さっき帰ったよ

あそ

父娘の考えることは、年々似て来るな。と

今日のえ~さんは

急激な快復をみせていた
顔は、ほぼ、倒れる前の顔になっていて
両目もあき、言葉もしゃべれる。

脳梗塞だから、左半身は、不随にはなるだろうけど

生きる力は、倒れる前と何も変わっていない。

そのうち、車椅子で、悪態ついて、おかげを訪れるのも、夢じゃ無い想像も、できるくらい。

そのときは

心配かけやがって

と、私も笑顔で、悪態をついてやろう。

どれだけ、心配したか。

病室をあとに
加古川へ出れば、野暮用もいくつか、やっておきたく

シンポジウムの会場は、着いた頃には、満席だった



進行役は、横山先生

環境省をはじめ
ギフチョウ保護活動に従事されて来られた、地域の先輩方の
草の根からの20年の軌跡は

やはり
一番しんどい、創設の頃が
過ぎてみれば、聞き手にも
一番面白く、心を打つものがある。

この20年、里山のギフチョウが、どれだけ、喜んでいることだろう。


この20年、尽力を尽くされた方々に、粋な計らいがありました

里山のギフチョウさんから
贈られる表彰状と景品

2名の方が、お亡くなりになられていましたが
亡くなられた方の尽力を忘れない
感動的な表彰式でした

雨が強くなってた夕方
私がおかげに戻る頃には、ギター倶楽部メンバーが、待っててくれました。

雨でも雪でも
ギター倶楽部が、無かった日は、たぶんありません。

セッティングが終わり
まずは、本日の主役
転勤が決まったま~くんの
門出を祝って、乾杯


様子がおかしいのは、気のせいです♪



そして
練習がはじまります。







また、唄いに来てね。
体に気をつけて、いってらっしゃい。



明日は、午後から臨時休業頂きます。



本日は、二十四節気の啓蟄(けいちつ)

日毎に春めく陽気となり、冬眠していた蟻(あり)・蛇(へび)・蛙(かえる)などが穴から出てくる頃を「啓蟄」と呼びます。
立春から約ひと月が経ち、土も潤い、芽吹きの中に這い出てくる生き物たちはさぞ、気持ち良いことでしょう。



さて

明日は、午後から


加古川東播磨生活創造センターかこむ
にて

13時~17時



里山に、ギフチョウが舞う

豊かな自然を、子どもたちに残そう

【加古川のギフチョウ保護活動20周記念シンポジウム】

です。


私も、午後から
臨時休業を、頂き
行ってきますね。

お近くの方も、どうぞ☆

夕方は、戻り次第

ギター倶楽部☆

明日は、倶楽部メンバーの送別会も
ありますよ。

春ですね。






随神



3月に、入って

含みもつことのできる、最大限度に
心も達しているのか?、それ以上余地のないような、飽和状態

のような気も、目の前のひとつひとつを、こなしてゆくことで
たいがいのことは、できてしまうものだ。

ただ、昨日、10名くらいのお母ちゃんたちが、各自やることを持ち寄って、打ち合わせに来て帰ったあとに

私は疲れどころか、元気が出ていた。

この2年?、ほぼ月に1回、もっとか

『台所』では、目的を中心軸に、各々が少しづつ、しんどい役回りを持ち回りでこなしながらも、お昼には、同じ釜の飯を食べ、歩んできただけあって

別に、気を張るわけでも、甘えるわけでもなく、各自のやれることをやってきた間柄に

いつのまにか
私も、知らず知らずに、癒されている

全体の中の個
和して同せず

台所の場合

円の中心は、『体得』

みんな助け合い補いあって、作業はもちろんするけど

同じレシピでも、決して人と同じにはならず
必ず、オリジナリティができる

それを、ご家庭で活かしてゆく。

・・・そんなお母ちゃんたちから、元気をもらい
飽和状態のときは・・・

それ以上、はいらないんだから
もちろん、アウトプット

私の定番は

大掃除です。

重たかった腰が、一気にあがり
店内、大掃除
お天気も、よかったしね。



訳あって

今年は、梅の木を
玄関に、飾りました。

昨年まで、こんなに咲かせたことの無い梅の花

満開に、命の限り、力一杯咲こうとしている、梅の花

カムナガラ








お母ちゃんの台所

桃の節句も終わり
本日は、つい20年前はお雛様だったと思われる、お母ちゃんたちが、朝から、集合でした。

1年通して、旬を覚え手仕事を体得してゆく楽しみ
お母ちゃんたちが集まれば、そりゃ~いっぱいアイディアや素敵なものが、出てくる出てくる

今年の
春の手作り市では、ブースでお母ちゃんたちも、出店です♪

本日は、各々試作してきたネタを持って
また、本番用の仕込み作業

まずは、お母ちゃんのお漬け物仕込みから



こちらは、何やら、製作中です



奥では、黒豆のA級品とB級品の選別をしています。


そして・・・

こちらは、各々試作してきた
黒豆のレパートリー色々

どれも、違ったお味で、どれも、美味しい(笑)



そして、今年のお母ちゃんたちの目玉ともなる、イチゴパフェの盛り付け色々


中身も、凝ってます(笑)

ヘルシーなベジクリーミーと無農薬イチゴのぜいたくなトッピング

黒豆モンブランも、最高でした。


おかげには、さまざまなお客様が、日々ご来店されます。

元気なお客様は、私にとっても、それが一番大切で、一番嬉しい限りなのですが

末期癌を患って、食事の制限も止むを得ないお客様も、少ないですが、おかげには、いらっしゃいます。

そんな方々であっても、1日好きな時間に、ふらっと立ち寄り、見るもの食べれるものを、手にとって楽しんで頂きたく思います。

他、アレルギーのある方や、お食事を気にされている方々にも、こういった食べものは、あると、喜ばれるのではないでしょうか

頭でっかちは、私はあまり好みません。
ダメなものと頭で決めつけてしまうと、身体もそれに反応していってしまうけど

逆に身体に悪いものでも、悪い嫌いと気にしなければ、そんなに悪く働かなかったり
癌もそうで

何事も、限度やバランスは、免疫力を助ける場合もありますから

柔軟性をもって

また、食べれるモノの少ない方々の配慮もある

そんな手作り市は、優しいなぁと
嬉しく思います。

お母ちゃんたちのみならず

他、出店の方々の出し物も、お楽しみに、していてください☆

きっと、心がいっぱい詰まっていますよ。

手作りの温かさが
この手作り市の、醍醐味だと、私は思います。

痛み分け



振り返れば・・・
去年の年明けから

私の身近な方々の身近な方々が、亡くなられることも、ぐっと増えたように思います。

去年以前にだって、大事な方の大事な方も、亡くなられることは、ありましたけど。

去年以降の、痛み分けが、いまだ続きます。

地域の方のみならず

遠方の熊本のお友達と共通の知り合いで、大変、ご立派なおかたの訃報も、2人して、昨年肩を落とした記憶もあり

また、今は、熊本のお友達の長年連れ添った愛犬の死に、彼女は、哀しみの狭間です。

今年に入ってからすぐにも

全国の旧友たちが慕っていた、おかたの訃報もありました。

また私がお世話になっている方のご兄弟が、死の淵でがんばってる姿を、見守られていたり

大阪のお友達は、昨年末、突然倒れた旦那さんのリハビリに、彼女も今は、旦那さん中心の生活をしてくれていたり

春はすぐそこに
手が届きそうなのに




春の手作り市では、地域のみなさん、元気で、楽しい1日を

が、毎年の掛け声みたいなものなのに



今年はなんだか、もうちょっと私自身
心のバランスを、整えて臨まなければなりませんね。

病床にいる人、頑張りたくても頑張れない人も、身近にいるわけですから

その方々の分まで、今年の手作り市は、自分たちのできることを、充分に発揮してゆこう

と、今年の春の想い入れは、心中強く熱く、そして、温かくなるのでしょう

【3/3のえ~さん】
目があいてました。
私の声にも、反応し、口をパクパク
何か言っていましたが、全く読み取れません。
血管を流れ始めた血液も、まだ、え~さんの手も足も自由には、動かしてくれませんが、彼は、なにくそ。と、生きる力を、振り絞っているのだと思います。


私も、頑張ろう。
明日は、お母ちゃんたちが、手作り市の準備にやってくるぞ。

美味しいお昼のまかないを、つくっておこう。


弥生3月

3月が、はじまりました。


明日は、桃の節句です。

少しづつ、春めいてきたせいか

3月は、2月とはまた、がらっと趣が違って、軽やかな足取りの気配です。

しかし、3月は、季節的に、公私ともに、みな忙しい季節

入試、卒業式、お彼岸、春休み、年度末、新年度準備・・・

おかげも、3月は
この3週間が、みっちりと、正念場です。

3/21の手作り市が、終われば

4月新年度を迎えるまで

しばらく、ゆっくりするつもりです。

が、21日までは、集中です☆

さて、月替わりとなったこの週末
2/28(土)・3/1(日)の、ハイライトを、あげておきましょう

まずは、その後のえ~さんの状態は

点滴で、ゆっくりつまりを流している効果か、昨日は、うちのお父さんの声に、反応してか?、手を挙げたそうです。

少しづつですが、良いほうへ、向かっているようです。
今日は、検査をするそうです。
本日の業務が終わったら、明日はOFFなので、どちらかに行ってこようと思います。


土曜日のギター倶楽部

春の手作り市に向けて♪
と言っても、あと2回しか練習日がありませんから(笑)
でも、なんとか、やっちゃってくれるでしょう
舞台から、愛と平和と幸せを、きっと、1日会場いっぱいに、届けてくれることでしょう

お楽しみに☆


日曜日の看板作り

手作り市の裏方では
1日を、みなさんに、気持ちよく楽しく過ごして頂けるように

看板も、大切な道先案内となります。

今年は、可愛く、あったかい、春にぴったりな看板が、お客様をお迎えしてくれることでしょう


9ヶ月のパピヨン
ショコラちゃん♀

チャロも、私も嬉しい来店

また、来てね☆




New s より









可愛い
お洒落なペンギン☆

でも、実はお洒落のために、セーターを着ているわけでは、ありませんでした。





実は、原油漏れ事故が、発端。



オーストラリアの南部ヴィクトリア州のフィリップ・アイランドは、フェアリー・ペンギンのパレードが観察できることで有名ですが、原油漏れによってペンギンたちが傷ついてしまっていたのです。

羽についた原油を取ろうとして毒を口にしてしまったり、原油が原因で体が冷えやすくなってしまったり・・・
ペンギンたちを原油から守るためにセーターが必要だったんですね。
そして、フィリップ・アイランドにある【Phillip Island Penguin Foundation/ペンギン財団】が「ペンギンの為のセーターを編んでください」と呼びかけました。

そこで立ち上がったのがこのおじいちゃん! オーストラリア最高齢だというAlfredさんが、ペンギンたちのためにセーターを編み続けたのです。




Alfredさんの行動に心温まりますが、元はといえば人間の責任。
原油で体中をベトベトにさせてしまうなんてことにならないようにと、考えさせられるお話です。