おかげさま
古民家カフェ おかげさま 加古川市八幡町野村字三家556-2 tel:079-438-3024

リ・セット

昨日6月30日は、上半期最後の日で

全国の神社では「夏越の祓(なごしのはらえ)」の伝統行事があったそうです。

「夏越の祓」は半年分のケガレを落とす行事であり、残り半年の健康と厄除けを祈願しますが、この行事で有名なのは、厄落としの方法として行われる「茅の輪くぐり」だそうです。

そんなこととは、つゆ知らず

奇しくも、昨日は、おかげOFFで
一ヶ月前から、高砂にある
slow cafe {toco-toco} トコトコさんの2周年のお祝いに
ある品を持って行くことを

みくちゃんと約束していました☆

みくちゃんと私のコラボのお祝い品はこれ♪



かわいい♪(笑)

* 高砂市は、加古川市の隣りの市で、
おかげから、30分もかからない所に、トコトコさんはあります☆


トコトコさんの周年期間は

トコトコのトレードマークのような
古民家



この古民家がはいった品々が、トコトコを愛する方々から届き

期間中、展示され賑わうようです♪

7/7~8/2の期間なら、展示品に囲まれたトコトコさんを楽しめますよ☆

そして、奇遇にも
トコトコさんのすぐ前が、高砂神社

輪抜けさん、やってるよ♪って
トコトコさんに言われて

初耳だし
高砂神社にも、行ったことなかったし

せっかくなので
帰りに行ってみました。



半年分の禊、できたかな。

図らずも、あと半年、がんばりなさいね。と後押しされたような気もしましたけど

高砂神社を散策し

こんなの、見つけたり(笑)


ご神木??いぶき?(笑)



その後は、高砂産まれのみくちゃんにナビゲートしてもらい、高砂プチ巡り(車ですが)

ディープに面白い高砂でした☆

2015上半期も、苦も楽も、なんとかみな無事に、過ごせたことに感謝と

たまたまですが、上半期最後の日

付き合ってくれた、みくちゃんに、感謝です。

2015下半期も、どうぞよろしくお願い致します☆









スポンサーサイト

わが立つそま



103歳になってわかったこと
篠田桃紅著

80代の方のご推薦で、回し読みの中、40代の私にも(四捨五入すれば、50代ですが・笑)
途中回して頂き、読ませて頂きました。

103歳の感じかた
そして、80代の感じかたは
計り知れず

・・・40代の私の感じかたは

諸先輩方に比べ、人生経験の少ない、貧弱なモノだとは思いますが

私が一番心に残った章から
桃紅さんの言葉を交え、記しておきたいと思います。

・・・わが立つそま

「そま」は漢字で「杣」と書き

滑り落ちそうな山の斜面にある、ほんの少し平になった場所を指します。

山の斜面に見つけた、つかのま安心できる小さな場所に、人生を重ね合わせ

長く平坦ではない、山あり谷ありの人生のその中で、つかのま安心できる場所をみつけた、そのことに感謝し、神仏のお恵みがこの世にありますようにと、いつの時代も、祈る心は、変わらないのでしょう

わが身に過ぎることですが、この世の人々を思い、自分の立ちうる場所が、そうどこにでもあるわけではありませんが

それだから、ようやく得たときには、感謝の思いがあふれるのでしょう

人生は、山あり谷あり。
ようやく平地を得たとき、感謝して大事にする。

どんな斜面にも
つかのま安心できる場所がある。

篠田桃紅

・・・全人類が価値を認めて愛するもの

価値観は、時代によって移り変わります。

非常に長く人類に愛されてきた、というものは、たくさんあり
文学・芸術などに見いだすことができるでしょう

しかし、未来永劫、人類が愛するのか、というと、それもまたよくわかりません。

それでは、私たちが文句なしに愛し、文字どおり、全人類がその価値を認めざるを得ないものはないのでしょうか。

それは、母だと言った人がいます。

未来永劫、全人類にとって
ありがたい、母という存在。

篠田 桃紅


* 桃紅さんのこの本は
ブックカフェされど・・・mini
で、借りれます☆




されど ・・・ mini について    
*住   所    
加古川市西神吉町岸790-18  TEL090-5674 -3032
*営業時間     
Am10:00~Pm6:00まで(冬はPm5:00まで)
*定 休 日   
月曜日&第1・第3日曜&祝日

百聞は一見に如かず


兵庫県たつの市にある
播磨灘に面した、干潟の新舞子海水浴場

おかげは、兵庫県南部に位置し
車で30分も行けば、瀬戸内海ですが

瀬戸内海も東西に長く
東は、須磨や西宮の浜
西は、的形や新舞子の浜があります。

はりまでは、『播磨灘を守る会』が40年以上前からあって

2年ほど前に知り、不定期ですが、私も、その活動や40年の歩みに、触れさせて頂いております。

今日は、干潟に大量の砂を入れた浜に、以前の生物が、どのようになっているかを調査する、連続調査の第三回目に参加してきました。

水ぎわから遠い箇所から、水ぎわまで
砂浜をところどころ、掘って
どんな生物がいるか、または、戻ってきているかを調査します。


これは、砂茶碗と呼ばれる、ツメタ貝の卵だそうです。


スナモグリやヤドガリやコメツキガニ


砂の状態を見て、どんな生物が生息しているかも、指導の先生には、わかるみたい。
これは、コメツキガニの食後の砂浜

コメツキガニ

食物は砂中の有機物やプランクトンで、足元の砂を鋏脚でつまんで口に入れ、砂粒の中から餌を濾過摂食する。食物を濾した残りの砂は口の上部に丸く固め、鋏脚で切り取って足元に捨てる。これを繰り返すため、巣穴の周りには小さな砂団子が放射状に多数残される。


いよいよ水ぎわ

家族3代じいちゃん、父ちゃん母ちゃん、お孫さんで、調査に来ている地元の会員さんも
アットホーム♪


こちらが
我らが会長
播磨灘を守る会、発起人の青木先生
80歳を越えるお年ですが、つい先日、辺野古から戻ってこられ、ホヤホヤだそう。


こちらは、お若いですが
この連続調査では、指導者として大阪から毎回来られている、和田先生です。



サンショウニもおりました

ざーっと、軽く30種くらいは、捕獲された、今回の生物調査



室内にもどって、検証



そして、今後の砂浜における、生物環境の考察に、みなさん意見を出されておりました。

あ~楽しかった。

今回、連続調査には、初めて参加させて頂きましたが

現状も、聞いて知ってはいましたが
いや~、やっぱり、見る・さわるのが、一目瞭然でした。

経過を、また、参加して、感じてみたいと思います。










J のつく場所へ

* あすの6/28(日)ですが

海岸生物調査に
播磨灘・新舞子に朝から、でかけますね。
おかげは、閉めてゆきます。

・・・

さて


『J のつく場所へ向かって』


先日ご来店の、 辻村 剛史(ごうじ)くん

現在、29歳のサッカー選手です。



バンディオンセ加古川って、ご存知ですか?


バンディオンセ加古川フットボールクラブは

地域に密着した市民クラブをつくり上げ、サッカーを中心とした事業や普及・振興活動を通じて社会へ貢献することを目指すといった理念のもと

2008年4月に

兵庫県加古川市において誕生いたしました。

当クラブは、財団法人日本サッカー協会が掲げる「サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する」ことに賛同し

『「J」のつく場所へ』

を、スローガンにJ リーグに加盟することを視野に入れて活動しております。


・・・スポーツの世界も

エキサイティングで、勇気と感動をもたらせてくれます。

Jのつく場所を夢見て

まだまだ20代の若き選手たちの清々しいいで立ちが、初々しいです。

弟の隆史くんも、同チームのサッカー選手

2人とも、仕事を外に持ちながら、チームに所属しています。

たまに、ふらっと、2人とも、おかげに寄ってお茶飲んでます。


ホームグランドは、日岡山公園グランド

現在、Jにつながってゆく、リーグ戦真っ只中

バンディオンセ加古川を、ぜひ、応援してあげてくださいね☆





万能オイル


昨日、収穫したヨモギです
なんか、七夕の笹の葉みたいですが(笑)

今日は、先行でヨモギオイルを作りました。


お手伝いに来てくださったり☆


出来上がり♪

残骸ヨモギエキスたっぷりのオイルを、腕に顔に塗って

夜の肌質に

やっぱり、効き目を感じてしまいます

ヨモギオイル
すごい!

一週間後の7/2(木)に
7月のお母ちゃんの台所でも

ヨモギオイルを作ります♪

確か、本日が申し込み締め切り日だったような☆

申し込み済みの方々には、伝達事項を、当日までに、返信しますね。

自然療術


おかげの駐車場のヤマモモ

ヤマモモの実は6~7月にかけて赤い果実をつけます。

本来は山に自生するのですが、
最近は街路樹や公園の木として使われているので、けっこう見かけることも多いですね。


非常に強い抗アレルギー作用があるようです♪

ただアレルギーに効くだけじゃなく、
胃腸を丈夫にする効果もあるようです。

アレルギー体質の人は胃腸が弱いので、
ヤマモモの実はアレルギーを総合的に改善する効果があると言われていますよ。

私は、ジュースにしてみます。

明日は、よもぎオイルを、昼から作ります。
今日は、ランチが終わったら
よもぎの収穫です♪


彼は、先日ご来店の、辻村 剛史くん

また、彼のご紹介しますね☆


夏至


ひまわりの蕾だよ
タイミングが訪れたら、かたい蕾が、ぱーっと元気な花を開かせるよ
その花は、太陽に向かって咲くんだよ

さて本日は、夏至。
日照時間が一番長い日。
畑仕事が、一番長くできる日でもあるから
今日は、朝からよく仕事をした。


じゃがいもを、少し掘ってみた


掘ったあとの土
土も生き物
軽く土をすくって、軽く握ってみたら、こんな感じ
保水力もあるけど、べちゃべちゃにはならないから、水を適度に流す力もあり、生物が活気良く居ることもわかる。


掘ったじゃがいもで、作ってみた(笑)
じゃがいも、好き☆


この時期、勢いよく流れる水路の水
ここで、じゃがいもを、さっと洗い土を落とす
水が冷たくて気持ちいい

これから、日がある間は
もうひとふんばり、がんばろう♪
明日は、OFFだし☆

スクスク大きくなあれ



6月のはりまの風景です。

梅雨を超え、台風、それから炎天下の夏を無事超えて、秋の実りに祈りを込めて

子を思う親の心情で
お百姓さんたちは、これからの4ヶ月を過ごすのでしょう

梅雨の晴れ間の、本日夕方は
ギター倶楽部でした。





梅雨期間ですが

変わらず、マイペースに
毎週土曜日は、誰かしら
音を奏でに、集っています。

ギャラリーにとっても、見ごたえ聞きごたえあって、時間もあっと言う間

企画モノがあると
それに向けて、意気もあがるのかな~

まずは、こちらから☆

あと21日





台所7/2よもぎオイルづくり

空を見上げれば
湿気を含んだ、ぼってりとした『梅雨空』

雲ひとつない、カラッとしたブルースカイの夏空は、もう少し先かな。

畑には、こんな小さな怪獣も、元気です☆
私は、爬虫類系全般、ダメなんですけどね(笑)


さて、そんな?高温多湿と生息する生き物たちと格闘中の、梅雨期間

7月『お母ちゃんの台所』のお知らせです♪

【7月のお母ちゃんの台所】

ジメジメとした梅雨時期を、乗り越えよう♪

7/2(木)9:30~

★よもぎオイルづくり(5~8月がベストシーズンです)



【効能】

乾燥肌や、アトピー、美容に、傷や痛みなどにいいようです。

お肌や髪のお手入れ
髭剃りあとの傷
などにも、しっとり、シワがのびたり、つやが出たり

よもぎは暖める作用があるそうなので、冷え性の足腰のマッサージや関節痛、マタニティにもオススメ
肌が明るくなったみたいと言われることもあるそうです。

★昼食は、冷やし中華

○畑の旬の、きゅうり、トマト、青じそなどを盛り盛りたくさん使って、サラダ風冷やし中華

○ミニ☆シソおにぎり
○ナスビも旬☆お惣菜

○六条麦茶

○いちご・梅・グミ・紫蘇ジュース

○寒天ゼリー

★せっかくなので♪
よもぎオイルで、ハンドマッサージ♪


★ゲスト

おかげの近く神社の同世代宮司さんが、昼食時に、顔を出してくださるので、お昼ご飯を囲んで、座談会♪

その後は、流れ解散です☆

参加費は、500円(子ども半額)+よもぎオイル実費

・・・参加希望者は

okageharima@gmail.comに

氏名、人数(子ども)をお書きくださいね。

締め切りは、6/25(木)です。
お忘れの無いように☆


和のある暮らし展/なついろ展


みょうがの葉っぱだよ
ショウガ科で、地下茎で繁殖し
もうすぐ、土の中から顔を出してくるよ
それを、摘んで食べる☆


こちらは、間引き青じそ♪
ジュースにするか、餃子にするか、ハンバーグにするか、いろいろ悩む女ごころ☆

さて、地域のお知らせです♪


和のある暮らし展
~暮らしの道具と植物~



平成27年6月16日(火)~20日(土)
12:00~18:00

toukokuu-cafe
兵庫県加古川市加古川町北在家2441-1-3F

↓ ↓ ↓

同時にワークショップを開催

■ 手ぬぐいを使ったあずま袋づくり
12:00~14:00 (木・土除く)
手ぬぐい代のみ1,000円から

■ 苔玉づくり 
材料費込1,500円


・・・




なついろ展


2015.6.20(土)~28(日)
23日はお休み


器と雑貨 moi

ADDRESS:〒675-0031
兵庫県加古川市加古川町北在家2482

PHONE:079-422-3566

OPEN:AM 10:30 ~ PM 5:30



これからの季節にピッタリな
ハーブコーディアル

6月20日(土)
加古川の 『器と雑貨 moi』さんでWSを開催します。

日時 6月20日(土) 13時半~15時ぐらい
場所 兵庫県加古川市加古川町北在家2482

定員 8名⇒残4名です
参加費 4名開催 3,500円 
5名以上開催 3,000円
持ち物 筆記用具・エプロン

お問い合わせ・ご予約は ⇒ http://form1.fc2.com/form/?id=900351



よもぎオイル




これは、去年ナビゲーターをしてくれたお母ちゃん持参の大切な説明書

嬉しかったのは

このお母ちゃんが仲良くしている県外のお友達から、よもぎオイルの作り方を聞き、作って、使用したところ、とてもよかったから、ぜひ、よもぎの時期に、台所でもやろうと、県外のお友達が製作したこの説明書を、許可をとって、台所にも使わせてくれたこと。

良い♪ことの数珠つなぎのように

よもぎオイルが、人々に、良い効果をもたらせてくれました。

昨年、台所で作ったよもぎオイルを使ってみて、とても、良い反響がおおかったのです。

一般的に言われている
よもぎオイルの効能は

乾燥肌や、アトピー、美容に、傷や痛みなどにいいようです。

お肌や髪のお手入れ
髭剃りあとの傷
などにも、しっとり、シワがのびたり、つやが出たり

よもぎは暖める作用があるそうなので、冷え性の足腰のマッサージや関節痛、マタニティにもオススメ
肌が明るくなったみたいと言われることもあるそうです。





そして今シーズンも
台所でも、よもぎオイルをつくります。
この説明書を、今年も使わせて頂きます☆

よもぎオイルのベストシーズンは、5月~8月ぐらい

まず第一弾は、6/25にやりますが

台所のよもぎオイルづくりは、7/2(木)

詳細は、明日以降に、お知らせしますね☆

一度、お試し頂くと、その成果は、身体が教えてくれると思います。

みんなの陰の力と、植物の力に感謝です。


かずみちゃん♪


試し掘り
やった~♪


これは、パセリとセロリの花だよ
(白が、セロリ)


新しょうがの佃煮

これは、おかげオープンからの、常連さんからの差し入れ

タッパは、私ので
いつかの日?に、ランチのお惣菜を、晩ご飯に差し上げたら、「かずみちゃん」のタグが貼られ、おばちゃんの作ったお惣菜が、入り帰ってきた

それからというもの、何かにつけて、お惣菜が余ったら、このタッパに入れて、交換しあってる(笑)

ひょっとしたら、うちの父母より、私のお惣菜を、おっちゃんとおばちゃんは、食べてるかもしれない(笑)

明日はおかげは、OFF

そうそう、来週のOFFは、おっちゃんとおばちゃんのおかげ、10年分孝行に

Openしたcgeのカフェへ
ようやく、行ってきます♪









たのしいこと

毎度のことですが
楽しいことは、あっという間に感じてしまいますね。

昨日、「嗅覚」をちらっと載せましたが

五感(ごかん)とは・・・

動物やヒトが外界を感知するための多種類の感覚機能のうち、古来からの分類による5種類

すなわち視覚、聴覚、触覚、味覚、嗅覚をさす。

・・・この5感が喜ぶことって、楽しいですよね。

今週土日は、喜びまくりました(笑)

ほやほや過ぎて、正確なまとめにタイムラグを要しますが
本日の『はりま塾』2年目スタートは

「聴覚」

向かう方向が似たような
他の方々の想いや考えや本心を、まんべんなく聴くと言う、なかなかあるようで無いような時間は、5感が喜ぶ
楽しいこと。

過去の失敗談や、胸が痛い話しや、自分と違う考えも、似たような向かう方向があるから

そこに向かえると思えば、痛みよりも楽しいが、断然勝つから☆

気付けば4時間過ぎていました、はりま塾(笑)

たっぷり4時間分の内容を、これからの1年の献立?をたてるかのように

コンパクトにまとめて、あちらこちらで、だれやかしこが、アウトプットしていってくれると思いますから、何かピンっとくる内容があれば、アクセスしてくださいね☆

結構、イケテルと思います☆

そして、昨夜のギター倶楽部

こちらも、夏を前に
ヤバイかも(笑)

個々に、LIVEやイベント出演も抱えているようですが

倶楽部内での企画ものが、思いのほか、好評・好調みたいで

第三弾?の企画ものも、決まって
早速、練習曲も、昨日は聴けたー♪







約1ヶ月先☆本番

どんな具合に、仕上がってくるのでしょうか(笑)

めっちゃ、楽しみです☆

嗅覚刺激効果

早々と、6月第二週の週末です☆

今日は、ランチが終わり・・・

今週末は、これから、夕方からのギター倶楽部と

明日は、お待たせしましたー♪の

『はりま塾』2年目がはじまります。

今夜と明日の準備に、これから、はいります。

両方とも、楽しいことなので、苦ではありません。

なんか今日は、いい香りがするな~と思ってたら

そうだ
今日つるした、香りがあったから☆


インセンスや、お香を、オープン当時から、たくおかげですが
(夏場は、蚊取り線香をたきます・笑)

今日は、パヒュームの
パリ、エステバンの商品の香りでした☆







1年を占う最も気をつける時期



ちょうど今は、さなぼり期間(笑)

今朝は、はるの文化祭に、母と妹と、新神戸まで、行ってきました。

中・高生パワーが、かわいいですね♪
そして、先生方もパワフル(笑)

強行突破で、知ってる子どもたちの模擬店では、買って買って♪おねだりも、ぼぼ制覇し、お腹いっぱい

知ってる先生方には、ご挨拶も懐かしい再会も

野外大ステージでは、吹奏楽部・軽音楽部、そして先生方のパフォーマンスも、最高♪

『青春』な中・高生の中で
楽しい梅雨のひとときを☆

おかげに帰ってくると



ちょうど、梅が届きました。

稲美町☆いわもと農園

とれたての旬の梅の、先行予約用

1キロ単位で、販売してくれる無農薬の稲美産の梅ですので

青梅は、ジュースや梅酒やシロップに
これから、熟してくる完熟は、梅干しに

ご希望の方は、お問い合わせくださいね☆

・・・梅雨の時期
心身の滞りや溜め込みを、解消しておく、日常にちょっとしたスパイス的な工夫が、ミソかな

1ヶ月もすれば、気づけば、夏が来ていますから

スムーズに夏を迎え、秋冬に備えるため

この時期の無理やオーバーな空元気は、逆に夏の調子が、崩れやすく疲れや緩みも、あとを引きますので

この梅雨から夏の時期を、いかに心身をフラットに移行させてゆくかが

今年の年末を、占うのではないでしょうか。

ご自愛くださいね。






さなぼり



さなぼりとは

但馬地方(現在の兵庫県豊岡市)の方言。


田植えがすんだあとの休みのことで、家族の慰労会でもある。

また、諸説には


「早苗振」の語からきているといわれ、「さ」は田植または田植をつかさどる神の意で、神上り(さのぼり)、つまり、田の神がお帰りになる意味があり、田植えはじめを「さびらき」というのに対する語である。

本来、田植が無事にすんで、田の神を送るための祭事であったが、のちには田植終わりの祝いや休養日と考えられるようになった。

行事の内容はさまざまであるが、餅をついたり、まんじゅうをつくったりして、御馳走といっしょに神仏に供え、田植を手伝ってくれた人々を招いてお祝いをする。



うちの実家は、数年前から、弟2人が加わり、お父さんもずいぶん、楽になったと思う。

お母さんや妹たちは、さし苗や苗箱洗いに、お昼ご飯の用意

そして、夕飯は、慰労会をお母さんが、用意してくれる。

昔は、加古川の商店街は、さなぼりの時期、2週間ほど??、さなぼり市でにぎわっていたそうだ。

死んだおじいちゃんから、聞いた話である。

晴耕雨読



時節は、梅雨の湿気を含んだモイスチャーな頃
草木も、育ちざかりです。







さて、昨日は
エイトは、ソフトの試合

はるは、インターハイ出場決定

男衆は、仕事と田植え準備

と、家族も、あっちやこっちや
忙しそうでしたが

私は、フォークソングを聞きに♪
ちょこっと、行ってきました。

隠れ浜省ファンですから(笑)

女子大生とか、お兄ちゃんお姉ちゃんから、おっちゃんまで(笑)

音楽を楽しんで、永く続けている一般の方々の発表会みたいな感じ

吉田拓郎
アリス
松山千春
小倉佳
荒井由実
中島みゆき
長渕剛
山口百恵
徳永英明

ミスチルも、コブクロも

きりがないですが

懐かしかったー(笑)

音楽を愛する地域の手作り

帰ったら、うちのお母さんも、行ってきた♪とか、言ってたし(笑)

日常の合間に、音楽で
楽しませてくれる、そんな地域のLIVEも、嬉しいですね♪



さて、本日は
参観日帰りのお母さんたちの、ランチです。







フォークの日

週末です☆

いぶきおあずかりの午前中は

お腹がすいたーらしく
はや昼に、冷蔵庫にあるもので(玉ねぎ・しいたけ・トマト・鶏ミンチ)

ミートスパゲティ



うまーーーーーー
でました(笑)



そして夕方は

ギター倶楽部に混じって
ソフトの練習帰りのエイトも合流



関東帰りのお土産の
ひよこまんじゅうは

九州土産なのか?、関東土産なのか?
酒のあてになりました(笑)

正解は
関東土産です☆







明日の6/7(日)は
三木市民活動センター(福祉会館)3Fにて

東播フォーク・ジャンボリー

約24組の有志フォークソング愛好家が、なつかしのフォークを奏で日



明日の出演が決まってる
チームTOKUの
ボーカルとくさんと
ベースいとうさん

も、前夜の音合わせに
本番さながら

熱唱して頂きました♪



空いてる方は
なつかしのフォークを、聞きにいってみては、いかがでしょうか

入場料は、無料です☆



梅雨

近畿地方、梅雨入りしたようですね。

梅雨に備えて
畑では
水路の修正を





何が怖いって
水位があがると
土中の生き物たちが、水に溺れて、水死すること

命とりは、窒息と水死が怖いから

だから、空気の通り道と水の通り道は
大事で

水が出来るだけたまらないように、入りと出の、流れる道を作るようにしている。

流れさえつけば
恵みの雨ともなり、やんだあと、さまざまな変化が畑では起こる時期だから、まんざら梅雨も嫌いじゃない

要は、整え次第ということでもある。

梅雨の時期、空き時間は、調べものを好んだり、普段時間か無くて出来ないことを、したくなる

もっぱら、溜まってるDVDとか本とか見るのは大好き




変化に対応



雨上がりの晴天

久々の雨に
畑は潤いを増し

土と植物の状態は、変化する

こんな日の観察眼は
たまらなく面白い


と同時に、やることもたくさん出てくる


青じその間引きも
やってしまった

今年初の青じそジュースを
今年は、黒糖で作ってみました。

店内、青じそのいい香りです。

はりま塾☆2年目にあたり





『はりま塾』から
新しい試みをみんなで考え、地域を創る 





昨年4月から『環境』をキーワードに

時代や社会と私たちが暮らす播磨および加古川流域をク ロスさせて、今後の地域や暮らしを、子どもたちによりよく残せるよう、画期的かつ記念すべ き?(笑)「はりま塾」がスタートして、丸一年!

はりまド・ストライク、播磨近郊または県内等にお住まいの方々においては、自分たちの暮 らしの場・はりまが、これからどんな〈home〉であることを、願っておられますでしょうか。

それぞれのイマジネーション(創造的構想力)を、幾重にも膨らませてゆけるよう、「はりま 塾」1年目は、特別講師として横山先生をお迎えし、生き物のこと、自然のこと、地球のこ と、そして地域のこと・・・を、環境学や環境経済学の視点から、12 回連続の自主セミナーでお勉 強して参りました。

2年目の「はりま塾」では



時代の流れにも沿い、(川に例えると支流の水面下では、すでに単発の企画も、自然発生的に産まれており、喜ばしいことですが)

山奥の源流から播磨の海まで流れる「はりま塾」本流では 1年目にお勉強したことを、これから、さらに、私たちの暮らしに活かしてゆくため

「はりま塾」で、どんなことをしてゆきたいか、試みたいか など
2年目がはじまる最初に、自発的に皆様方にお集まり頂き、話し合いの上で決めていきたいと思います。


2 年目の「はりま塾」の内容に関する企画や運営などを第一回目として、全員参加型のミーティングを開き


そこ(ミーティング)で出し合った意見をもとに、2年目のはりま塾の年間計画が、地域の参加者の手作りで、たててゆけると思います。

日時は
6/14(日)13時~

少し遅れられても結構ですので

(お茶菓子等のこともあり)お集まり頂ける方々は、前持って、ご連絡頂けると助かります。

参加は、どなたでも可能です。

特にこれといって何もないけど
でも、澄んだ空気、清らかな水、豊富な作物・・・
大切な大切なモノが受け継がれてるから
はりま良いとこ、一度はおいで♪


胸を張って言える、我がふるさと、はりまを、地域のみんなで、デザインし取り組んでゆきましょう






6月(水無月)

本日から、6月です。
下半期最後の月
田んぼに水がはいる、水の月ですね。
今月は、田植えもシーズンを迎えます。


ん~、いい香り


小梅ちゃんのヘタを爪楊枝で、とってる時間、梅のいい香りに、包まれます。



ん~、みずみずしい☆

日中のほてりで渇いたのどを、潤してくれる
頂きものの国産グレープフルーツ
さいこー♪

これから、高温多湿を迎えてゆく季節ですから

天然のビタミン、クエン酸で、夏バテも予防しながら

田畑の管理も、健康あってのこと

元気な夏を、迎えてゆけますように

おかげでは、皆様の健康な心と身体を応援していますね。

皆様も、ご自愛ください。

・・・おまけ


先日頂いたグミを
ジュースにしてみました♪
果肉は、甘酸っぱくて、美味しい☆