FC2ブログ

おかげさま
古民家カフェ おかげさま 加古川市八幡町野村字三家556-2 tel:079-438-3024

サクラサク

3月最終週は〜
年度末も年度末☆
個人的にも、内・外ともに、濃厚な日々でした。

店内では、旅立ちを愛しむ日々が
出先では、満を期すそれぞれの開花が

サクラもまばらに、満を期して開いてゆく満開のころ

播州の世界遺産、姫路城











3月最後の日3/31(土)は
ちょうど地元のサクラも満開


地元、厄神さん

サクラの下で、珈琲を

今週は、何十年かぶりに、リリースすること(解き放つこと)を思い切り、本日リリースしました。

明日から、心機一転です〜!!

そんな今夜は、満月だとか

偶然ですが
満が期す・・・
ぴったりでしたね。

感謝


明日から
新年度〜!!

明日は
春の野草と戯れてきます。

よい新年度を、みなさんお迎えくださいね。

スポンサーサイト



新年度に向かって

春の虹、かかっていましたね。





3月最終週です☆


・・・


🔴3/29(木)のお昼は
団体様の貸し切りとなります。


🔴3/30(金)は
日ごろお世話になっている方からのご招待で、1日、出かけて来ます。


🔴3/31(土)は
ご近所、元(はじまり)の家にて
加古川市西条山手
090ー2194ー6878(杉浦)

『日々の選択で世界を変える』
〜藤原ひろのぶさん&電磁波セミナー〜

13:00〜17:00
費用3000円(藤原さんの活動資金にさせて頂きます)




NGO法人GOODEARTH代表でありFacebookフォロワー数が約5万人の大人気ページ”病気を治そう”の管理人藤原ひろのぶさん
彼自身4人の子供を持つ父親であり、子供のよいお手本になる為、世界を変える為に日々尽力されています。


人にも環境にも優しい企業の商品を販売しながら、バングラデシュの子どもたちに食事を届ける「ギフトフードプログラム」を主催

自身で現地に入り、その現状をリアルにお伝えするセミナーが、子どもを持つ親世代を中心に全国で大盛況

「食べ過ぎ」で病気になる日本人、「食べ物がなく」で病気になるバングラデシュの子どもたち

自分たちの選択が、世界にどんな影響を与えるのか?
この根本的な原因は何なのか?

このセミナーが、自分たちが日々の暮らしの中で「それくらいならできるかな!?からはじまるきっかけになれば大変うれしいです。


元(はじまり)の家住人の
げんさんのお話しは〜

最近、電磁波による健康被害が明るみに出ていますが、実際どんなものかは、ほとんどの人が知りません。

電磁波の何に気をつけて、付き合っていけばいいか?

実際の測定器を使って、わかりやすく説明します。
子どものいるご家庭はもちろん、動物と暮らしている、健康な生活を送りたい、そんな人にはおススメです☆


🔴4/1(日)10:00〜13:00
三木増田ふるさと公園にて
自然観察と春を味わう会
会費300円



と続きます。

4月、始まりますね♪

出発の春

暑さ寒さも彼岸まで〜
春彼岸が終わり

しばらく、安定的なお天気か続きそうで、桜も来週あたりは、開花みどころになって来るかな〜♪
ワクワク♪

そして、春休みも突入し、えらいこっちゃぁ〜!!

🔴3/25(日)は

朝から、姫路バイパスで事故渋滞にはまり、室津に行く手前の通り道、御津の病院に入院中の青木先生の所に寄り道してから

湾岸ロード七曲りを越し、室津港付近の、播磨灘にとっても、守る会にとっても穴場スポット、通称「藻振鼻」に向かいました。

お出迎えは、浜の浜大根の花束〜♪



主にビーチクリーンは、春と秋の2回
春は、もぶりの鼻のビーチが、多いのですが
今年は2年ぶり
打ち寄せられたゴミの多さに、毎回びっくりです!

みんなで、一気に拾い

恒例?
今年は、お味噌汁を、作ってくれていました♪

地元のおネギと

旬のワカメと
タケノコ


そして、瀬越海産のこれでもか〜に詰め込んでくれた牡蠣〜!!
社長ありがとう♪

最高のお味噌汁☆

ですが
私は、出来上がりをすする事なく、明石へ〜向かいました(ざんねーん)

15時から、明石にて
約2時間半に渡り、私たちにとっては、超!貴重なお話しを聞かせて頂きました。

その後は、有志で2次会
淡路・明石・播磨の有志が、交流を深め
兵庫県における、この3地域それぞれの確立に向けたお酒の席ならではのお話しも、収穫大でした。

淡路しかり、明石しかり
それぞれの地域の特性と人々の気質における街づくりを伺いながい、学びながら
私たち播磨も、播磨にある気質やつながりの強みや可能性を、大いに感じた1日となりました。

久々の良いお酒に
二日酔いにも負けず、明日は1日おかげ
営業頑張ります☆

春分によせて

明日は春分

さ〜!
一気ににぎわっていきますね!

卒業卒園に、春休み〜
桜の花見に、新生活準備〜

地域でも、さまざまな催し・活動も、活発に始まってゆく頃〜

まずは、今週末から〜
今年も1年、5回を予定♪
🔴3/24(土)からスタートです♪

🔴3/25(日)は
春のビーチクリーン
播磨灘の室津沿岸に、私は行ってきます☆

15時からは、明石に戻って、淡路・明石・播磨の学習会に参加してきます。

同時並行で、その日は
チャロの散歩コースの、加古大池で♪
公園内のログハウスにて

トンコリ 別所誠洋
ギター ISA
タブラ DAISKE

DAY LIVE
13:30スタートです♪



この加古大池では
今年は、2月と4月に、葦舟づくりが開催!
4/28(土)29(日)30(月)の3日間です。
関心のある方は、お問い合わせくださいね。





そして、4/1(日)は
毎年恒例!春の野草を食べよう〜♪です。

私も毎年行ける時は、行っています(笑)
三木自然愛好研究会、増田ふるさと公園にて☆
春の七草、見つけてくださいね♪



3月ももうすぐ終わりますが
3月は忘れてはならない教訓を、私たちは経験しましたね。

今年82歳を迎えられた
生命誌研究者、理学博士の中村桂子先生(東京出身)

25周年になる
大阪高槻のJT生命誌研究館の館長でもあり
私も、JT生命誌研究館が大好きで

桂子先生の著書やお話しも大好きです。
常日頃、お勉強させて頂いています。
そんな桂子先生の3月のちょっとひとことを、ご紹介しておきますね。


7年という年月はどう流れ、これからどこへ

たった一日でしたが、車で福島県をまわり、思うことは山ほどありました。
もちろん、本当の日常を知ることは難しく、外からの眼でしかありませんが、原発事故からの回復がとてもとても難しい課題であることを改めて実感しました。
科学技術の課題もたくさんありますし、日常の問題山積です。
山積と言えば、汚染土を入れた黒い袋が積まれ、経年劣化を心配して更にその上にカバーがかけられている姿を見ると、この国は科学技術先進国なのだろうかと問いたくなります。
今日本に暮らす人々が最優先して向き合わなければならないのはこの課題だということははっきりしています。
それは思いやりという気持を越えた具体的な政策であり、予算の配分であり、行動です。
相変らず大型土木、建築工事には予算がつくので、なぜこれがここにというような防潮堤ができ、どう使うのかが疑問の立派な建物が目につきます。
東京オリンピックの開催がきまってからはますますその方向になっています。これをなんとか変えていかなければなりません。
生命誌研究館という小さな場で小さな仕事をするのがせいいっぱいという実態で偉そうなことは言えませんが、変えていきたい方向を向き、少しでも意味のあることをしていきたいと思った一日でした。

ご来場ありがとうございました☆


今年も、お天気に恵まれた春の手作り市が、無事に終わりました。

ご来場のみなさん、ありがとうございました~!!

春のゲートが開けたように
これから、新年度に向かって、それぞれにより良いスタートが切れていたら、嬉しいですね。

3/18は彼岸の入りでもあり
もちろん、お墓参りに行かれた方もいらっしゃったり
さまざまなイベントが、特に多く重なった日曜日でもあって、出店も来場者も分散しましたが
嬉しかったことも、たくさん訪れました。

大勢の方々が一同に会す機会には
時代の課題も、各人の課題もさまざまにあると思いますが

それでも私は
一人は誰かのために、みんなのために。
みんなは誰かのために、一人のために。
チカラになることを信じ。
一人のチカラは、小さくても
小さなチカラが、集まると
それは、『無限大の可能性に変わる』ことも、この手作り市で、毎年痛感します。

また、そんな手作り市を創っている一人一人を支えてくれている家族や友達やご先祖様や見えないチカラが、たくさん働いている事も、私たちは感謝し

大切な事は
マイナスなものを排除する
場所ではなく

清も、濁も、併せ飲み
混ぜ合わせたものを
引き受ける場所を、癒しのゼロの場であることを忘れないでいて欲しいと思います。

春のゲートも無事、みんなで迎え開けて
さ~、今年もどう過ごすかという、一人一人のドラマも、これから活発になってゆきますから
身体に気をつけて、また会える日まで、共に頑張ってゆきましょう♪

スタッフ・出店のみなさん、お疲れ様でした!!





























3/18(日)おかげ☆春の手作り市vol,13開催します!

梅の花が満開
そして桜のつぼみも、弾けんばかりに咲き頃を待っているようです。



そして本日は、手作り市3日前となりました。
現時点の天気予報によると

3/16(金)雨のち晴れ



3/17(土)晴れ



3/18(日)晴れのち曇り
降水確率30%



となっています。

天気予報を信じると、なんとかいけるかな。
ということで、今年も、開催できそうです(笑)

スタッフ・出店者の方々は、ご準備のラストスパートを、よろしくお願いします。

当日の気温は
最低気温7°C
最高気温18°C
と、高めですが

万が一の小雨の心配も、されますので
小雨対応も、よろしくお願いいたします。


それでは、13回目の手作り市
2018年バージョンで、今年もみんなで、春を祝い、楽しみましょう♪

みなさん、お待ちしております!


ワクワク💞

ココロはひとつ

一雨降って、しばらくお天気が続くようなので嬉しいのですが
この土日の予報が、なんかね~春雨
怪しそう。。。と心配すれば

自称、晴れ女!たちに、優しい言葉をかけて頂きながら
今年も、案外、お天気もうっかり、みんなのパワーで、雨雲を動かしてしまうかもしれませんね。
今まで12回、雨天中止、なかったですし。

今年も3日前には、手作り市開催or中止の最終判断をしたいと思っています。
よろしくお願いいたします。




とは言え~
一週間前ですから
出店者も、主催スタッフも準備に段取りにと、わさわさ☆取り掛かっていることと思います。

会場となるおかげの野外や家屋内のかたずけも、いろんな方々の協力の元、そろそろ、はじめながら
当日は、出店参加者の手作りの品や、各自のイベント告知はもちろんのこと
出店出来なかった地域の方々のイベント告知や、さまざまな活動紹介なども、併せてご覧くださいね。

そして日ごろ、おかげでも
各ご家庭で不必要になったモノを、捨てるのはもったいない。けど邪魔だしな~と

昨今、断捨離も流行っており

ひとつ提案してきたことは、自分の不必要を、他人の必要へと、リレー出来るように

みなさまから集まった不用品も、当日おかげ家屋あたりでも、安い値段で広げています。

今回も、おうちを片付けられて、まだまだ使える新品も、たくさん運んで下さって

そのかたの不用品の売上は、『播磨灘を守る会』へご寄付して下さいます。

すこしばかりの売上金が、がんばっている誰かの元へ巡る◎
素敵な循環ですね。

さ~、あと数日
いろんな方の思いがこもった
その思いを乗せて

ひとりじゃない、みんなの手作りのぬくもりを
思い思いに、みんなでお届けし、ココロはひとつ!、1日を楽しみましょう。

お楽しみに!


2018・3・18(日)9時〜15時

地元出身の〜

春の手作り市まで、早くも、あと10日ほどとなりました。
全て手作りなので

看板も、絵が好きな人たちが書いて下さったり


今年もかわいいのが、できましたね。
ありがとう

そんな手作り市ですが
今年は、なんと!ブッキング(笑)

国包けやきの会、3月のセミナーが村で、13時~あります。


ダブル開催!って言ってもいいかな(笑)

なので午前中は、おかげへ~
午後は、けやきの会セミナーへ
と、村をはしごされる方々も、おられると思いますが(笑)
うまく連携して、両方楽しんで頂きたいと思っています。
お待ちしていますね♪♪

けやきの会3月のセミナーは
地元加古川出身
学生浪曲師から、現在に至る異色の
京山幸太さん


ま~、地元のおじいちゃんおばあちゃん世代が、孫のように可愛い京山さんを、応援し盛り上げてくれているようです♪

そうゆうのが播磨ではあるんですよね
田舎ならではというか、温かいというか
大好き❤️

今回は、浪曲演題「孝子万兵衞」を、13時半から開演です。

入場無料
場所は、国包公会堂です。

村のおばあちゃんたちは、メロメロ💕やわ、きっと(笑)

地元出身つながりで~
こちらも、また独立させて書きたい内容ですが
先日、ブックカフェされどさんより、いくつか本を持たせてくれました。
ご興味のある方は、おかげに置いていますので、お手にとっで見てくださいね。

姫路出身の作家さんの本

こちらも地元出身の知り合いの弟さんの本

そのように、地元出身のさまざまなジャンルでの創造者が、まだまだたくさんおられますね。
小さなおかげの手作り市にも、名も無き素晴らしい地元出身の方々もたくさんいらっしゃいます。

これからもふるさとを思い愛し活躍する姿を、ふるさとあげて、応援してゆけたらなぁと思います。


* 3/10(土)は
午後から、高砂へ学習会に、私は行ってきます。
夕方18時から、ギター倶楽部です☆

ふるさとの海

今日は、24節気で言う、「啓蟄(けいちつ)」
冬籠りの虫が這い出るという意味で
私の好きな節気でもあります。



そんな啓蟄の日に、私はOFFで
走りに走ってました(車ね・笑)

基本的に、週一のOFFしか
ままならない身と、出不精ゆえに
決めた場所にしか出かけませんが
待って頂いている方々の元へ、春をお届けに、今日は、走りに走りました。

その出先から
先週行けなかったお見舞いにも、たつの市まで行ってきました。

今日の新舞子浜


年末年始、心臓が苦しくて再入院を繰り返している青木先生
お見舞いに行けば、病室で、読み物・書き物を仕上げたくて仕方がないご様子でした。

約12年間、1年通して、新舞子浜の干潟の生きもの調査を、プロの工先生(野鳥専門)
和田先生(底生生物専門)と一緒に実施し、
12年間の調査記録をデータ化

私たちのふるさとの干潟の、生き物の現状を冊子にまとめる。というのが、昨年からのひとつ課題でもあったからです。

それが、2/7に、新聞記事で取り上げられていました。



そして本日、その冊子を私は初めて見せて頂きました。

干潟の恩恵を受けて、自然は循環し
私たち人間も、生かされています
このふるさとの海の現状を、ふるさとの子どもからお年寄りまでが、知っておくことと
基本的な「理想の干潟」というのも、正しく理解しておくことも、大切なことと私は思います。

なぜなら
地球内は、さまざまな種が保存され、生態系のバランスで、空気や水や土壌が、浄化されたり、自然の循環は保たれ、人々もその恩恵を受けて生きているからです。

しかし人間の都合で、物言わぬ自然を壊し、気がついたら、干潟は無くなり、生き物の住処も人間が奪っているのです。

人が人を殺したり、人の物を奪ったら、裁かれるのに、人は自然を殺して、その上にあぐらをかくような時代

12年間という年月を文句ひとつ言わず、調査し続けてくれたのは、その自然を壊した業者でもなく、指示した行政でもありません。

住民なのです。
そして、その熱意に専門家のお2人の先生も、動いて下さいました。

この冊子は
そんなふるさとの干潟を愛する魂がこもった渾身の一冊

今年の、春の手作り市でも
ふるさとの子どもからお年寄りに
一家に一冊、ご家族で読んで頂けるように
販売しようと思います。

一冊500円

ぜひ、お手元に持って帰って、大切にしてくださいね。

国恩祭〜古から愛されている土地柄〜

温かくなりましたね。
気候が温かくなって来ると雑草も、一気に青々としてきますね。
畑作業も、しやすい気候になってきましたし、人間も、温かいと一気に活発になってゆきますね。

3月年度末は、終わりと始まりが一気に来ますし、季節の変わり目ですから、何かと慌ただしくも、体調の変化も起こる時期。
春一番が吹き
冬眠から目を覚ますように、春のポカポカ陽気に包まれて、心も身体も、新年度に向けて準備してゆきましょう



さて、こちらは
おかげのある地場を整えて下さっている宗佐厄神八幡神社(先日は、厄除け厄神で応勢にぎわいました)

平生、おかげで大・中規模のイベントをさせて頂く際には、八幡神社の駐車場をお借りしています。

今年も、春のチラシを持って上がり、宮司さんにご挨拶をして参りましたが
その際に、『国恩祭』のお話しがありました。

国恩祭とは

明治維新の30年前から、この土地を思うがゆえにはじまったそうです。

地域の繁栄や安泰を願って旧印南郡、加古郡の神社が11年ごとに持ち回りで営む、このはりま地域にしか無い祭り事のようです。

ちょうど八幡神社も11年に一度の輪番が回ってきており、2019年の4月に執り行われるそうで
平成最後の国恩祭となるようです。

(2019年の5月1日から、正式に
皇太子が新天皇として即位され、「平成」の時代が終わり、新しい元号の時代が始まります。)

来年の春は~
八百万の神様も、一同に活気づきそうですね。

春のお届もの〜

今年も、春の野草トップバッターは、ふきのとうを

畑から収穫して〜

顔の浮かぶあの人に〜

春のお届ものをしたいな〜

と思って
ふきみそをつくりました。

でも、数に限りがあるから〜

春のお届を、ほんの少し
みなさまにも〜

素敵な春を〜