FC2ブログ

おかげさま
古民家カフェ おかげさま 加古川市八幡町野村字三家556-2 tel:079-438-3024

里守☆海守

梅雨も間近か~

小学校の運動会も終わり

近ごろの来店では、田植え準備の話題も多く
この辺りでは、早生はもう植わっていますが、6月に入ると、田植え時期

さなぼり(田植えが終わったあとの休み)あたりまで、気が抜けない感じはするものの。

GWあけに、体調を崩し
少しゆっくりしながら、さまざまなグループや個人から届く現状報告や告知にも、楽しく関わらせて頂いておりますが。

体調を崩すと、自ら発するエネルギーが出ず(笑)
完全に受け身で(笑)
生態はロー
日ごろのスピードでは無い状態で、ご来店の方々とも過ごすローライフ(笑)

そして
寄せられた冊子や本の多さにも、時間の許す限り向き合う訳です。

数年前から、老眼も気になり始めてて、なかなか活字を読むのも、億劫になってきているけど
読み始めると、慣れてくるのでしょうか。
結構な量を、読破してる感じ(笑)

今回読んだ本の紹介はまたということで。

日ごろお世話になっている
NPO法人三木自然愛好研究会の総会も5月に無事終わったそうで
新役員の元、22年目が新体制でスタートされたようです。

年間予定を頂きました。


20180530123022ab2.jpg




ふるさとの里山、自然の年間行事
水生生物、昆虫、動物、草花、樹木・・・一連の生態系を、保全してゆく作業の、その大変さや、楽しさは、関わってみないと味わえませんが

だいたい月一回第一日曜日
6月は、サツマイモ植えと初夏の観察会
ウツボグサやオカトラノオや、定植したササユリの現状観察など

7月は、梅雨の観察会
むらさき色のキキョウや黄色いオトギリソウなど

会を開示していると、自然が好きな地域の方々が、興味を持って一回でもリピートでも参加しに来てくださるので、これからも、みなさんに来て頂けるよう、1年1年ふるさとの自然の里山を保全していってくださると思います。

また里海のほうでは

今年もふるさとの海、播磨灘クルージングを

播磨灘を守る会が、企画して下さっています。

ときは、7/29(日)予定。

毎年安い価格で、クルージングさせて頂け、ふるさとの海に実際に触れられますので
どなたでも、お問い合わせ頂ければと思います。


201805301237051be.jpg




詳細がわかり次第、またUPしますね。


ほか
さまざまな分野においても
これから夏にかけて、企画されている楽しみな内容も、たくさんです。


おかげでも
ちょっと夏休みに、遊んじゃおぅと思ってる事がいくつかあるみたいなので(笑)


夏をエネルギッシュに過ごせるように

梅雨時期を、自己調整力でバランスよく、うだうだ体調管理してゆけたらと思います。
スポンサーサイト



悲しみも喜びも

不安定なお天気が続く頃
ひと雨ごとに、吸収力のいい大地と植物のように。


ちょっと知りたい事が、できて

そうしていたら、いろんな方が、いろんな物を運んでくれて

はじめると、膨大な事に気付く(笑)

心に芽は出たけど、ここからがね。

ちょっと時間かけてます。


20180524191410539.jpg



いっぽう、日々のご来店の中で
県外、遠方、近郊と
このうえない嬉しいお話しも、悲しいお話しも。
人々の暮らしの中には、絶えずいろんな事が起こるということも、毎日教えられます。

一緒に喜んだり、一緒に悲しんだり、一緒に考えたり・・
時間の感覚も曜日の感覚も、忘れるほど。
共に暮らしている。という実感です。


村でお悔やみが出来
夕方、早終いをしてると

ふらっと寄ってくれ
手渡してくれたのは

僕が作った納豆。

大学を卒業してから、農業の道を歩んで
当時20代だった彼も40代
2人の子どももでき、お父さんにもなりました。

町ぐるみで、企画からパッケージまでできた納豆を、食べてとたくさん持ってきてくれました。

いろんな人に食べて頂いて感想を頂きましょうね。と言えば

特に悪い感想を聞いといてください。と


地元の町と農家さんたちの手づくりの品々を、地元で頂き、育んでゆく豊かな暮らしだなぁと思います。


20180524191433e9b.jpg

滋養生

GWあけから、5月下旬6月初旬にかけては

初夏の気温と湿度を感じながら

田舎では、麦の刈り取り、水稲苗箱育苗、田んぼに水が入り始め、田植えとなってゆく
梅雨入りも、その期間

身体の倦怠感も否めない時期


周りの方々の優しさと


草花に助けられる季節



カモミールティ
スギナ茶
へびいちごとドクダミのチンキ


20180517152045c3e.jpg

泥中の蓮

20180514141015a1b.jpg




気がついたら・・・

蓮の花の咲く頃



そして、蚊もちらほら

田んぼには、蛙の鳴き声

お陰さまで

GW、いかがだったでしょうか

5/2は、八十八夜でした。

夏も近づく八十八夜~
立春から数えて、八十八日目

そして
5/5は、立夏でした。

20180507144541e6b.jpg
青もみじとシャクヤク
初夏の香りが漂います〜


今年のGW(前半・後半)は、総体的に

私を入れ私の周りは、4月後半から5月初旬の気温と日差しとひと雨ごと、新芽が芽吹き、ぐんぐん地下には根をはり、地上では上へ上へと伸びる
古い葉は落ち、新緑へ

いわゆる「開眼」「一皮むける」「一段階伸びる」など
それを物語るかのような、それぞれの清々しいGWを丁寧に駆け抜けたようでした。

イキイキしてるね。

一部、「鎮魂」「鎮静」のための来店も

さまざまな苦悩もまた、人として産まれた限りは、その悶々とした気持ちをおざなりにせず、受け入れて丁寧に過ごすことによって、我に徐々に戻ってゆくわけですから、その時間も大切な時間として、共に過ごさせて頂きました。


そしてGWあけのひと雨が、また大地と人々を労わり恵みを与えてくれています。

この雨で、また地固まり、根を太らせ、茎を太らせ、実を花をつけてゆくまでの時節の、暮らしがはじまります。


次なる準備も予定も、徐々に増え
すでに、気持ちは、先の予定に焦点を合わせている私ですが

明日はOFF
そして、これからの日常の合間にも、お見舞いやお伺いなど、気にかかる事や待っていて下さる方々の元へも、足を運んでゆく予定です。


田畑も気にかかるひとつですから
雨があがったら、きっと足が自然にむいてしまうのでしょうね~


お陰さまです

GW後半〜

さ〜
GWも残すところ、5/6(日)だけ〜
月曜日から、GWロスにならないよう

締めくくりは〜
光栄にも今年も、親孝行家族のご来店を承り
GW最終日の精魂も込めて、お出迎えさせて頂こうと思います。


さて
GW後半を振り返り〜

我が家の子どもたちも、早朝起きの野球三昧!
大会ベストに向かって、チャレンジ真っ只中!
中学・小学共に、毎年バーべQ慰安会もあって、父兄のみなさんのサポートもご苦労様でございました☆

そして現在、季節は農繁期で
GW中は、毎年水稲の準備も佳境!
そんな中、地域では、農学も3日間開催で、行ってくれてる方々のレポートも、楽しみです。

🌟本日5/5は
兵庫県のみ、旧加古郡と印南郡の両郡において
12年に一度の輪番制により
今年は、地元神社で
国恩祭が執り行われました。

地域の繁栄と安泰を願う
先人からの想い受け継ぎ、続いている郷土愛のひとつのカタチでもあります。

準備期間・当日と、お役の方々お疲れ様でした。


そんな中
わたくしごとですが
5/3🔴の夜の時間と
5/4🔴は、朝から約1日

全くカテゴリーの違う2日間の外出をし

両日とも、洗練された洗礼を、施されるといった2日間となりました(笑)

5/3は、音楽にインスパイア(写真を撮れなかったので)

5/4の、一部、ご紹介を〜

おかげから車で、約1時間
姫路市安富町へ、ご案内の元、数名で参りました。

山のほうへ山のほうへ車を走らせ、今回の目的地は
小さな集落の中の小さなお寺

そこには、現代人にとってわすれかけている、本来の人々にとって、大切な暮らしの営みが存在していました。


20180505144723cc7.jpg



まもなく、花まつり(お釈迦様の誕生を祝う)ということで、甘茶のお振る舞いもありました


2018050514461332c.jpg



この日は

1年に一度の「永代経」の法要が執り行われており

「永代経」には

先達・先祖を御縁として私が経(教)を頂き未来永代に伝える

という本義があるそうです。


お昼には、まごころこもった、手作りのおとき(法事や法要のあとの食事会)が、代々、村のお母さんたちが作っておもてなしをしてくださっています。
(今でも、継承されているおときに、感銘を受けます)

201805051445534da.jpg



縁起(ご縁)

無上の悦びの、奥深い意味を痛感する御教示を頂き
大変、貴重な機会を与えられたことに感謝し、また今後にいかしてゆきたいと思っています。


20180505144540245.jpg


そして
5/5は、おかげ営業

お昼からは

ギター倶楽部のGWライブ

久しぶりに
それぞれの持ち寄りに、楽しいひとときを

201805052138456ef.jpg
ゴーヤチャンプルイタリアン風

2018050521385862d.jpg
タンドリーチキン

など、持ち寄りが続々と(笑)


20180505213918f66.jpg



今宵、満喫


ラストGWを、ご慈愛ください。

GW折り返し

今日は5/3(木・祝)
GWも折り返し地点の、今日からは、4連休🔴

GW中の
昨日の雨もあがって
植物たちもイキイキしてます

20180503100401416.jpg



雨降りの前の日は・・

畑を観察して

草を刈ったり
タネを蒔いたり
苗を植えたり

雨降りの後の日も・・

畑を観察してまわる

土壌に雨が染み込んでやわらかいから
余分な草をひいてまわる

これ、わたしが小さい頃から、田舎の兼業農家は
今でもやってることなので、自然と私も身についています。

今では、お天気ともバディを組んで
お天気(陽・雨・風など)の作用をうまく使って、自然のお手入れを人間(私)がやるのが、暮らしの一部。
てか、大きなウェイトをしめています。

自然の循環がない限り、人々(身体・心)の正しい循環も
これからもっと、厳しくなると思うからです。

自然は正直です。

2018050310041559e.jpg


強い生命力を持つタネは、芽を出します

こちらは、ニンニクの芽が、今が食べごろ
20180503100736c21.jpg
芽を摘んで、土の中のニンニクをこれから太らせます。

こちらも、今が旬
ムギの季節です
2018050310074503a.jpg

私は、緑肥にも使います。


そして、これからが、旬
雑草に混じって、赤じそも芽を出してくる頃
20180503100431925.jpg



雨降りあとの畑作業は、頭を使ってやらないと。と自分に言い聞かせながら
むしろ、圃場に入らないほうが、他の生き物たちの、雨上がり後の仕事の邪魔にならないんですが

他の生き物たちがどのように仕事をし、その作用を理解し、その後うまくその働きを引き継ぎ連携し、植物を育ててゆくためには・・

他の生き物たちにできない仕事が、人間(私)の仕事になりますから。

私の働く手は
20180503100501d6f.jpg


普段、爪を短く切っているにもかかわらず
爪の間、周りにいつも、土が入り込んでしまいます

幼い頃から見る、祖父母の手や父母の手もそうだったように
自分でも、土が入り込んだ爪や、作業した手に、なんだか安心感を覚えます。

洗えば、いくらかはとれますが

今夜、明日と出かける私。

こーゆーとき、爪の汚れを取るのに手間がかかります。

すでに顔も、うっすら日焼けしてるし(笑)

手間をかけても、そう簡単には変化もありませんし、普段は、日差しと土にまみれたライフスタイルですけど

外部に出かけるTPOには、清潔感だけは、忘れないようには、しています(笑)