おかげさま
古民家カフェ おかげさま 加古川市八幡町野村字三家556-2 tel:079-438-3024

放射能が降ってくる!?

今日は、風、きつっ
そして、冷たっ

さぶっ

昨日のぽわ~んとなっちゃう、あったかさから
今日の冷えは、身の引き締まる感じ
しゃきっと、頭も冴えるわ(笑)

・・・さてさて
こんな号外が、まわってきました。。。



発行者:兵庫の若者

『兵庫若者新聞』

やるな~、兵庫の若者よ!!

内容は。。。
おかげの83歳も、わかりやすくよくまとめている。と言うくらい、本当にわかりやすかった(^^)
やるな~ 兵庫の若者!

簡単にまとめると・・・
(簡単に、まとめられるかな?)

兵庫のお隣さんの大阪市では
2013・2月から、放射性物質やアスベスト、農薬など有害物質を含んだ、岩手県のガレキを、毎日120t、大阪舞洲工場で、24時間焼却している。そうだ

総量にして3万6千tのガレキを、土日も休みなく24時間体制で、燃やし続けるのだそうだ。

・・・

環境省が税金を40億円もかけ、行った『絆キャンペーン』に、他県もガレキ焼却に名乗りをあげて来たが、早々と打ち止め・受け入れ中止をした県も少なくない。

それは、何十年後の未来を想像すれば、当たり前の話しだと私でさえ、思う。

自分の住む場所から、綺麗な空気、水、土壌を継続させてゆく延長に、被災地や強いては、日本各地、世界へと、浄化の伝達が広がってゆくことになるのでは、ないだろうか。

目先の問題、『ガレキ処理』の現実を、まずは知ること。
そして、それぞれに案を公開し、何を優先してとりかかってゆくのか。

みんなで、話し合いたいものだ。

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://okagesama09.blog.fc2.com/tb.php/103-03566825