おかげさま
古民家カフェ おかげさま 加古川市八幡町野村字三家556-2 tel:079-438-3024

10/30(日)播磨灘クルージング

クルージング日和となった10/30(日)

約50名が、10時ごろから、ぼちぼちと
たつの市御津岩見港に集まってきました。



道先案内人はこのお二人
操縦士と青木先生



船内ご挨拶も、青木先生



道先案内人のお二人は、操縦席で、前方を見据えながら
青木先生のガイドが、船内中に聞こえるマイクで、始まります。

岩見港から、東へ〜
新舞子、網干、高砂、加古川まで走ります
明石大橋も見えた。

その道中に見た光景は

明石から網干の自然海岸は、今や7%しか残っておらず

93%は、埋め立て海岸であります。

と青木先生のガイドに私は泣けてくる。。。

これは、関西電力の鉄塔です。

道中に2つはありました。



高砂・加古川から折り返し
目指すは、家島諸島

途中、横山先生から
あれは、僕ら高砂・加古川の島だよ。と

上島



そして、お昼休憩に上陸したのは
家島諸島、坊勢島



家島諸島の砕石の痛々しい姿も
(現在は、砕石業も衰退し、痛々しい島だけが残る)



坊勢島のお昼休憩を終えて
次に向かったのは、小豆島・福田港近く

前に見える島が、小豆島です。
デッキでは、横山先生も。



そして、小豆島から、上へ上がってゆくと赤穂

そして、坂越湾へ
牡蠣の養殖で有名で、そろそろシーズン
牡蠣養殖場が、張り巡らせてました。

坂越湾で有名なのが、もう一つ
原生林の島

生島です。

この島の歴史ガイドも、青木先生のお話から
大変、お勉強になりました。

坂越のあとは、室津

坂越、室津ともに、播磨風土記にも記載される
歴史と、播磨の素晴らしさを

海の視点から、お勉強できたことも、大収穫でありました。

そして予定より1時間ほど早く
岩見港に帰港

青木先生も、無事に着陸

最後の青木先生のご挨拶で
今回のクルージングも無事に終えることができました。
全員が、無事に帰港できたこと
私たちを無事に運んでくださった操縦士さんにも
感謝です。




・・・おまけ・・・

その後、加古川へ戻り

私は、同窓会でした〜♪♪

楽しかった1日に感謝です。

明日は、早朝、海釣りです(笑)

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://okagesama09.blog.fc2.com/tb.php/1087-b4c0b01b