おかげさま
古民家カフェ おかげさま 加古川市八幡町野村字三家556-2 tel:079-438-3024

11/14(月)海と魚と暮らしを考えるシンポジウム

〜SATOUMI〜
海と魚と暮らしを考えるシンポジウム
元町☆県民会館けんみんホール9F
300名以上の満席でした☆



第一部
須磨水族園、吉田園長先生の基調講演

「めぐる水と旅する生き物
~森川街海のつながりから豊かな海について考える」

(約1時間)



第二部
アントニオTAKAさんライブ(約25分)

基調講演のあと、一気に会場全体へ、胸に響く笑いと感動を、与えてくださいました〜
一生懸命歌ってるTAKAさんに、私も横山先生も、ちょっと泣きそうになりました(笑)
素晴らしかった!!

TAKAさんブログ(上手に書かれています・写真編集もめっちゃ上手い・笑)
http://moogoo.blog19.fc2.com/blog-entry-2377.html?sp



第三部
パネルディスカッション
パネラーには

①須磨産まれ、漁師の後を継ぎ30年漁業(現在ノリの養殖が主)を営み、現在、神戸市漁業共同組合、副組合長の森本さん

②生活者・消費者立場から、地域の第一産業振興、自然環境保全につながる『食生活の循環』を意識したコープこうべより、長岡さん

③須磨海岸生物観察、海域の底生生物調査、ウミホタル観察会、またこども環境をサポートする人材育成や、魚食普及などのイベントを開催する佐奈名川さん

④漁師の子に産まれ、明石浦漁業組合勤務後、魚にふれる・食べる・楽しむイベントや料理教室を運営している『お魚かたりべ』の山崎さん





コーディネーターの横山先生と
コメンテーターには、須磨水族園吉田園長先生



・・・このシンポジウムは

神戸市シルバーカレッジの講師をされている横山先生が、コーディネートされ

その凄腕ぶりを、またお勉強してきました。

日本海と瀬戸内海に精通する唯一の県である
私たち兵庫県民にとって、とくにはりま地域は、瀬戸内海が内海であります。

今回の講師全員が、最低限、共通認識されていたのは

山からの栄養が川を下り海へとつながる仕組みですが

1980年半ばから、そのひとつの指標として、漁獲量が減少に転じ、今も回復に転じていないこと。

それをもとに、そこにはどんな原因が生じているのか、そして、回復してゆくには・・・など

それぞれのお立場から、考察し実践されていることや、研究・検証・実践内容などを

横山先生は、上手にコーディネートしながら、引き出し、これから、それぞれに(私たち生活者それぞれも)やっていくことなど、最後にうまくまとめておられました。

海と魚と暮らしをメインにした今回のシンポジウムで、講師の方々の生の実体験から

日ごろ、畑の土壌を身近に、見たり触ったりしている私は

海底の土も、陸の土以上に、バランスを崩し回復が未だ見込めない実情があることを知り、かなりのショックを受けてしまいました。

稚魚が育つ浅い海(藻場)
海の森とか言ったり、産卵場のゆりかごとか言ったりしますが

アマモ場

浅瀬は、これから大魚になってゆく魚の、生産活動の場であり、稚魚が大量に育つ場所でもあるのに、浅瀬まで埋め立てられて、藻場が無くなったり、その影響で、海の中の土は状態が悪化したり、藻も根を張れなくなったり

そうなると、一挙に稚魚が育たず、大魚の収穫量も落ちてしまいます。

瀬戸内海に精通する方なら誰もがいいますが、埋め立てが進む前の本来の瀬戸内海は、優美な景色で美しく、世界に誇る生命活動の豊かな海だったということ。

それが
50年の間に、自然干潟が7%にいたり、山にはダムや川には堰

山、川、海が分断され、循環が絶たたれる

須磨水族園の園長先生も言います。

人々の叡智が、これから大事だと。

ホントに
悲しいです。。。

はぁ。。。

【里海とは・・・】

人手が加わることにより、生物生産性と、生物多様性が、高くなった沿岸海域の事です。


海もそうですが

陸でも同じく

里山も、畑も、川も、森も〜

人手が加わることで・・・

が大切なのです。

次は、里山

三愛研が、頑張ってくれています
そのレポートかきますね。
スポンサーサイト

Comment

遠いところ しかも 御足元の悪い中
お越し下さり感謝で ございます<m(__)m>
しかも 手抜き感満載の 小生のblogを
張り付けて下さり これまた感謝
そもそも この日 呼んで頂けたのは
元をただせば おかげ と かずみさんが
引き合わせてくれたからこそ!
肝に銘じて忘れてはおりません
孫子の代まで いい伝えるようにします
(孫いませんが・・・)
ほんとに感謝しきれないので
適当に やめとこ(なんでやねん!)
ほんとに おおきにでした
2016.11.16 22:23 | URL | アントニオTAKA #- [edit]
TAKAさん(o^^o)

お忙しいのに、コメントありがとうございます(笑)

14日のレポート、下書きには、TAKAさんのライブ写真も貼っていたのですが

なにせ、メカ?に弱い私は
下書きした最後に、TAKAさんのブログアドレスを貼る作業をしていたときに、何か操作ミスで、清書を見たらTAKAさんの写真が無くなってた(笑)
今の私のスマホから、FC2のおかげブログは、文章の間に、写真が上手く貼れなくて(私の力量の問題かも?)
で、結果、TAKAさんの写真抜きで(笑)

TAKAさんブログから、みなさんにはTAKAさんや、ライブの様子を、見て頂くことになってしまいました(笑)

逆に、表に写真が無い方が、のぞき見したくなるかな〜とか(言い訳?笑)
写真も、TAKAさんブログの写真のほうが、めちゃめちゃ上手に、写真撮って貰ってるし〜
専属カメラマンさん、いるのかと思いました(笑)

そんなブログ裏話もありますが
TAKAさんのように、難しい話しを面白おかしく、でも為になる話しを書けるように、私もいつかなりたいと思います(笑)

ありがとうございました!!(o^^o)
2016.11.17 09:56 | URL | かずみ #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://okagesama09.blog.fc2.com/tb.php/1101-dfbd80fc