おかげさま
古民家カフェ おかげさま 加古川市八幡町野村字三家556-2 tel:079-438-3024

瀬戸内海の移り変わり②

瀬戸内海の移り変わりを、書いてゆくには

この歴史も簡単に書いておこうと思いました。



🔶🔶🔶日本における原子力発電の歴史🔶🔶🔶


🔶1945年(71年前)
第二次世界大戦
広島・長崎に原爆投下され敗戦。



日本では、連合国から、原子力に関する研究が全面的に禁止された。


🔶1952年(64年前)
サンフランシスコ調和条約が発効
原子力に関する研究は、解禁される。


🔶1954年(62年前)
中曽根康弘さんたちにより、原子炉研究開発予算(2億3500万円)が、国会に提出される。

🔶1963年(53年前)
日本で初めての原子力発電
東海村・試験炉にて、初発電



のちの東海発電所である。





・・・瀬戸内では


🔶1970年代初めに
愛媛県伊方原発の建設計画が浮上

そして、🔶1977年(39年前)伊方原発(四国電力)が稼働した。






🔶1982年(34年前)
山口県上関原発(中国電力)の構想が浮上




上関原発、建設計画図




上関原発、建設予定地から見た、祝島









瀬戸内海

山口県周防大島
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://okagesama09.blog.fc2.com/tb.php/1103-ed48eb77