おかげさま
古民家カフェ おかげさま 加古川市八幡町野村字三家556-2 tel:079-438-3024

苦しみがデカイほど〜喜びも

1/5仕事はじめから、ぼちぼちと
新年のごあいさつに、お顔を出してくださる方々も~
年の初めは、日ごろ見慣れているお顔なのに、なんだか、フレッシュに感じますよね(笑)

みなさんのお顔を見て、私もまた
フレッシュに(笑)、本年も共に楽しんでゆこうと思います(o^^o)

個人的には・・・

年末、気になるやり残しも
年始、本年の準備も、難なく淡々とこなせている穏やかで安定的な新年なのですが。。。


さまざまな『縁起』が、活火山のマグマのように沸々と温存されているような。



良くも悪くも
新たに産み出してゆく
難産の産みの苦しみのような
そんな感じを、この年末年始に味わっています。


その傍らで・・・
年末、青木先生からお借りしてきたこの本



2000年(17年前)に、初版


ページ数は、472ページと、かなりのボリューム

元毎日新聞記者であり
大学の非常勤講師でもあり

専門は、『宗教』記者で
菊池寛賞も受賞。

数年前に亡くなられましたが
青木先生とも、ずいぶんと、交友あり
実は、『はりま塾』でお世話になっている横山孝雄先生のお兄さんでもある、横山真佳著者
加古川産まれ。


このルポ宗教②では
青木先生のインタビュー記事も記載されていました。

内容は

そうそうたる国内・外
王道宗教教団トップのインタビュー記事から、新宗教、カルト(セクト)宗教、霊能・終末・奇跡の宗教、修験道、神社本庁、キリスト教団ほか、ありとあらゆる宗教現場ルポ

各教団の真髄が、短編でまとめられているので
わかりやすく
また、そのまま読めば、誤解も少なく
正しく各教団を理解できます。

472ページを読みきるのは、大変ですが
内容は、簡単で面白くわかりやすく、手元に一冊置いておきたい本でもあります。


これからの時代
宗教の崩壊や統合も言われる中

なんでもそうですが
破壊と再生の繰り返しで、新たなものが産み出されてゆくならば

過去を時系列で知っておくことも、変遷がわかり、遺すもの遺さないもの変化させてゆくものといった、未来へのカギとなるかもしれませんね~。

熟読できた後は、体現でフィードバックしてゆきたいと思います。


・・・もう一冊
いつも何回も読んでしまう、私好みの本も一冊、また読みはじめ

・・・昨日は

よかったら~と
この本を、置いて帰られました☆



そのうち、読みます(笑)
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://okagesama09.blog.fc2.com/tb.php/1133-6f033796