おかげさま
古民家カフェ おかげさま 加古川市八幡町野村字三家556-2 tel:079-438-3024

緩急☆

瀬戸内海・里・山・日本海と一連の兵庫県

平地広がる田園が多く、温暖
四国と、中央山脈のおかげで、災害も少ない
はりま地方

海の物、里の物、山の物が、循環しやすい
暮らしには恵まれた地域

秋には
大漁、五穀豊穣を願い、感謝の心で

各地区の祭りは、保存会によって
代々、おじいちゃんから孫の代まで、参加型で続いています。

はりま地方の秋祭りは
9月月締め、10月月初めの週末をかわきりに

毎週末は、西へ、浜手の祭りが、次々とあります。

浜手の祭りは、昔から派手め

各地区、盛り上がることでしょう


おかげ周辺は、秋祭りが終わり・・・
これから、稲刈り時期

畑も、霜が降りる前に
やっておきたい作業もあって。

10日間インターバルで
月初は、pepoleTOpepoleに追われた私ですが

この10日間は、畑に向き合う時間も、とることで

私自身もバランスがいい。
(とは言え、畑もやることいっぱい・笑)

今期
ひとつ畑の、大課題を、与えられ
汗だくで、頭も回転させてます。
が、身体も使うので、心身にはちょうどいい。
(偶然ですが、畑も、リバースを余儀なくされられているのか?)
今年は、「再生」で、私も、畑も、地域も、新しく生まれ変わる年?



畑作業(自然相手)は
人相手よりも、進みがスロー(笑)

こてこてと続くフィールドワークで
私(人)が担う、他の生き物のバランスを整えるさじ加減を、問われます。

やってもやっても、やればやるほど、いっときは、とっ散らかってしまいますが

自然のしくみに沿って

こうすれば、こうなって
こうしなかったから、こうなる。

など、あとから、指標植物を観察しながら
土壌の状態も、読み取ってゆきます。

フィールドワークから、観察期間を入れると
約半年はかかり

冬を越す指標植物の状態をイメージしながら
、春に標準をあわせます。

だから、今が肝心。


今週は、お天気もぐずぐず、ぐずつくみたいで。
今日ある程度、目処を立てておきたいところ。


フィールドを整える。
私の好きな作業です。


スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://okagesama09.blog.fc2.com/tb.php/1254-2631b305