おかげさま
古民家カフェ おかげさま 加古川市八幡町野村字三家556-2 tel:079-438-3024

遺言

台風接近ですね。

そんな10/22の朝に・・・

訃報がありました。

地域の環境を守るためにご尽力頂いた
大先輩にあたるお一人でした。

私がおかげを始めてから
多くの地域の方々にお会いする機会も、与えられてきましたし

また、自分の暮らし方が
「地域の自然環境」を左右することも、ライフワークの畑作業を通しても、考えるようになりました。

それからは
地域の生活圏の里山、川、海の保全を考え、ご尽力して下さっている大先輩方からも、保全について、たくさん教わってきました。

まだ駆け出しの頃に、どなたからか、一冊の本を頂き

地元の方が書いた本だよ。と
手に取った本が、この本でした。

この本が、著者である、ご逝去された松本文雄先生とのはじめての出会いでした。



本の帯には、こう書かれています。

20数年間にわたるフィールドワークで、「松枯れ」のメカニズムを追求してきた
その最大の原因は、大気汚染によるものであること

「松食い虫」は弱り切った松にとどめを刺すに過ぎないことを解明した
危険な農薬の空中散布は、無意味どころか、犯罪的ですらある

松は私たちに訴える


・・・地域の自然環境保全に
多大なご尽力とご教示を積んで来て下さっている大先輩が、地域にはたくさんおられ

なかなかゆっくりと、直に教わることも
時間に追われる日常では、特に働き盛りの若い世代は、難しいのですが

それでも時間を作り、教わっておきたいことは、居なくなってからでは遅い。と

近年は、そういった大先輩方とのふれあいを、大事にしてきましたが。

だからゆえに
生前の思いが、遺言として
私の心に、遺ります。。。

先人の思いや願いを

引き継ぎ、また手渡してゆく

地域は、常に、その思い繋がって、護られているのでしょう。

亡くなられた松本先生の訃報を知って
時代の同士である、まだ松本先生よりも年輩の先生方が、気落ちしていないかも、心配ではありますが。


訃報の連絡を受け、私も
久しぶりに本棚から、手にした松本先生の本

久しぶりに、先生の思いを、読んでみようかなと思います。

先生、長い間、お疲れ様でした。
そして、ありがとうございます。

安らかにお休みくださいね。
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://okagesama09.blog.fc2.com/tb.php/1257-01f8296b