おかげさま
古民家カフェ おかげさま 加古川市八幡町野村字三家556-2 tel:079-438-3024

11/12高砂ツアーレポ☆1

11/12地域のエネルギー資源
発見ツアーin高砂
レジュメです☆


地域の中で
エネルギー利用の可能性を、多く持った資源をみつけ、発電所の可能性を探ってゆきます。


右下の、ユーアイ帆ッとセンターをスタートし、時計回りで、ゴールもユーアイ帆ッとセンター

ユーアイ帆ッとセンター
屋根に、太陽光パネルも上がっいますよ。

マイクロバスに、みなさん乗り込んで
約3時間強で、まわります。


地図どおりに、まずは
高砂市立荒井小学校へ

太陽光パネルが、屋根に上がっています。

玄関入ったところ、すぐに
今日の発電、一日の発電量が、電光掲示板に写り、子どもたちにとっても、学校教育の現場で、自然エネルギーをダイレクトに学べています。


次に向かったのは、高砂下水処理場(伊保浄化センター)


ここでは、市職員の方と、民間の管理会社社員の方のお二人が、出迎えてくださり

処理場内の説明を、ゆっくりとていねいに、わかりやすくして下さいました。



下水を処理してゆく工程ですが
すごくたくさんの段階を、踏んでゆくのですね。

地元の小学生たちの、見学もあるそうですが
大人も、こうして、自分たちが出す下水の行方や処理の工程を知る事も大事です。
(今回の目的は、違うのですけどね)


数段階の工程のあとの方には
微生物たちの力を借りて、浄化してる箇所もありました。

そのあとの、工程では
カモを放し飼いに、カモさんにも、お仕事をしてもらっているのだそうです。フムフム


このあたりから、最終工程
下水処理する工程で
消化ガスが発生するようです。

実は、この消化ガスを利用した
再生可能エネルギーの実現が

高砂では、2018年4月からはじまるそうです。

最後まで、ていねいに説明して下さった下水処理場をあとに、一行、バスに乗り込んで
次に向かった先は、海沿い

元関西電力の敷地だった広大な敷地は、現在、柵もされていますが。

現在の火力発電所の鉄塔が、前に見えてきます


近づくと、ここが正門になります。
たまたま、秋のイベントだったらしく、今日は、石炭を燃やさず、黒煙もでていませんでしたけど。

この既存の石炭火力発電所の、なんと!
2.4倍の規模にリプレース(建て替え)予定

その予定地が、元関西電力の跡地で
現在、その広大な敷地も、空き地になっています。


さらに
広域の美化センターも、この周辺には、計画予定もあったり


エネルギーの生産とゴミの焼却といった

人類の課題を、まざまざと感じさせられる場所でもありました。

つづく


スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://okagesama09.blog.fc2.com/tb.php/1266-cd590add