おかげさま
古民家カフェ おかげさま 加古川市八幡町野村字三家556-2 tel:079-438-3024

6月梅干し/柿の葉茶/梅酢のちらし寿司

今年の梅雨の雨量は、???
降ったかと思うと、スズメの涙ほどで
渇きも早い
この梅雨の時期に、挿し木や小さな苗も、根をはって、ぐんっと大きくなるはずが
渇きと灼熱の日差しに、しなることなく凛と等身大で立っている
私も、凛と立っている
でも、蒸しあつーーー

・・・さて、そんな梅雨も、一年通した日本の四季折々の一部で
そんな6月は、『梅の実』が成る時期
青い梅、そして色づいてゆく完熟梅
用途は色々です。

【6月のお母ちゃんの台所では】

みんなで、梅干し漬けを、覚えます。ゆ~こ担当(^ ^)



昔は、どこの家のおばあちゃんもお母さんも、作れていたこと(物もお金も無い時代の暮らしには、手作りが、暮らしの知恵であったのでしょう)

現代では、手作りが、趣味の楽しみのような風潮も、ま~楽しみたい方々は、楽しんでください。ですが(笑)

台所では、まずは、四季折々の旬を覚える。ということと(体に染み込ませてしまうこと)
そして、旬の産物には、いかに重宝がたくさん在るか。
じつは、その重宝を摂るだけで、養われたり、病知らずになったり、または、病を手当てできたり
といった暮らし方もできる
まだまだ、私たち若い世代は、いっぱい覚えておきたいことがあって(体と頭が、動く若いうちにね(笑)
そんなことを身につけて置くことで、子どもたちは、そんなお母ちゃんの後ろ姿をきっと、見ていてくれるから
お母ちゃんの梅干し、美味しいとか、言ってくれると、すごく嬉しいから
(^ ^)
夏バテした子どもたちにも、白湯に梅干し入れて、塩昆布いれたら、美味しいって、もっと頂戴(^ ^)って言うから、そこに、ご飯入れて、お茶漬けにしたら、食欲無くても、食べてた(笑)
心配して、変な薬飲ませるよりかは、私は、そうやってなんちゃってで、育てられてきたし、子どもたちにも、私がして来てもらったことを、アレンジ?してやってる気がする(笑)
そんなところからよね(笑)


6月は柿の葉も新芽がどんどん大きくなってゆく頃



この時期の(6月ころ~10月ころまで)柿の葉は、摘んでお茶にして飲む

なんてったって、柿の葉茶では、ビタミンCが豊富というのが、有名です。

いろんなお茶の作り方が、出回っていますが、台所では、ビタミンCが壊れずそして継続し保存できるような作り方の見本をします。あゆ担当(^ ^)

そして、お昼ご飯は、梅雨だから???

そうです。旬のジメジメした梅雨時期に、梅干しを漬けたらあがってくる梅酢を使って(従来のすし酢に使う砂糖の量は、半端ないですが、梅酢を使って砂糖は、ほぼ使わない(完全に使わない。だっけな?)ゆら担当(^ ^)

旬のお野菜も使ったちらし寿司を、みんなで作って頂きます



このあたりの田舎では、「ばら寿司」と言いますが(どうやら、岡山地方の流れのようです)
昔から、家に大勢のお客さんが来られる時や、家族が集まる時や、祭りや行事ごとがあるにぎやかな時には、田舎のお母さんたちは、どこの家でもばら寿司を作ってくれていました
(他、赤飯や、巻き寿司、いなり寿司、鯖すしなどなど
他に、山菜おこわや、炊き込みご飯や、まだまだ母のご飯は、いっぱいありそう)

そんな、お母さんの作るご飯を、私たち世代も、ちゃんと作れるように(^ ^)

1人でやるのは、めんどくさくても、みんなでやれば早くて楽しい
また、おうちでも、作ってみたくなるから(^ ^)

・・・みんなで、いろんなこと覚えて、暮らしに役立ててゆこう

*梅干し用の梅は
この時期、殺到するため
無農薬農家さんに、先行で予約のお願いをしていますので、参加者の方々は、6/15までに、注文したいキロ数を決めて、申し込んでくださいね。

申し込み先は、おかげ(^ ^)です
079ー438ー3024

あ、詳細は、チラシを、おかげ店頭にも置いています。(ゆらが、ほんとに詳しく・分かりやすくまとめて書いてくれています)
他、ゆらブログ・心月ブログにも、UPされて、見やすいかも☆

・・・おまけ・・・

今日のランチ、畑のコレも使おう


79歳と100歳(^ ^)


月に一回か二回、少年刑務所にえ~さんを送っていく日(こそっと、後ろ姿)
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://okagesama09.blog.fc2.com/tb.php/157-9ba7e5d2