おかげさま
古民家カフェ おかげさま 加古川市八幡町野村字三家556-2 tel:079-438-3024

心体調整塾☆



シモン芋

そして

金ゴマ


昨日、木下さんが、持って来てくれた

・・・思えば

昨年、シモン芋のツルを、どっさり持って来てくれて
乾燥させてお茶にしたら、いいよ。と教えてくれた木下さん

たまたま、ゆ~こもゆらも
シモン茶の効能など調べ、味見することとなる訳だが

大量のツルを、乾燥させて、ザクザク切ってくれたのも、ゆら

月一の台所に立つゆらを見ながら
時の立つのは、早いけど
あのときと変わらず、ひたむきに、まな板に向かうゆらや、あのときと変わらず堂々と居るゆ~こに

もともとしっかりしているけど、変な力みも抜けてきて、一段としっかりしてきたな~と
なんか感慨深くなる

人も、うしろめたさがなくて自己肯定がスムーズに進んでゆくと、間違いない(笑)
本来の力が、どんどん出てくる

逆にうしろめたさに蓋をして自己肯定に入っていくこと(自分でそう言い聞かせてる感)、それは作られた意図のある自己肯定なので
その人にしか通用せず
周りとの調和も、同じような人としか、合わせられない

至って、自分より弱い人のために、動くことで自分を満たし、感謝されることに自己存在価値を確認する傾向が多いようだ
それを、調和と間違っては、いけない。

そうゆう人に限って、持ちつ持たれつ。お互い様。という言葉を使ってるわ
飛躍すれば、利害関係

・・・自立型の場合

自分のことは、自分で循環させながら
必要とされたときに、自分の余力で、相手の経験も奪わず、相手の自立を促してゆくようなサポートに入るため

この場合
持ちつ持たれつ。ではなく
出すのみ(笑

返ってくるものに感しては(物理的・精神的なもの)、あってもなくても

気にならない(笑

それを、お陰様。というんでしょ(笑

似てるようで、全く違う(笑

無いと、寂しくなる人は
もうちょっと、自分の循環力を付けてゆくコツがつかめると、自分の心は、もっと自由で、楽かもよ。

・・・そんなこんなで

本日は、たけちゃんの心体調整塾

受講生の方々の自己調整力が、ひとりふたりさんにん・・・とついてきたら

自立型わっしょいわっしょい、えらいことに楽しいことに、人々は盛り上がってゆくのかもしれません。

まずは、人のことより、自分でしょ
(^_−)−☆
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://okagesama09.blog.fc2.com/tb.php/169-8d33ff5a