おかげさま
古民家カフェ おかげさま 加古川市八幡町野村字三家556-2 tel:079-438-3024

格別の秋



10月の行事も終え、多忙な月末です☆
今年も残す所、あと2ヶ月
よく、今年もここまでやってこれました
みんなのおかげね

あと2ヶ月、年末を迎える超スペシャル怒涛ウイークですが
持てる力をフルに使い、2013ラストを悔いの残らぬよう過ごしたいと思います。

・・・10月の台所では
収穫の秋
ということで、1年通して、3回
酵素ジュース作り月間
春は、息吹く野草酵素
夏は、お楽しみ梅酵素
そして、秋は・・・
五穀豊穣、実りの産物をふんだんに使わせて頂きます。

・・・今年は、台所のお母ちゃんたち参加者が、みな思い思いに集めた持ち寄りと足らずは、いわもと農園さんの野菜を使わせて頂き、総勢81と89の秋の産物が集まりました。

小さい頃から、今でも、稲作を目の当たりにしてきた私にとっても、毎年の気候変動や災害に、ヒヤヒヤしながら、秋を迎える農家のおっちゃんたちの顔色を見てきただけに、秋は、特に格別

時代が変わっても、生きるための食べものへの感謝は、尽きません。

・・・おかげの横の森も、今から50年前くらいまでは、近所の大人が、まきを拾いに入っていました
しかし、昭和30年代には、この辺りにもプロパンガスが導入し、まきは必要が無くなり、森から人が遠のきました
当時は、赤松がたくさんあって、マツタケやハッタケが、たくさんとれる森だったそうですが、今では、赤松も一本も見当たりません。
おじいちゃんのそのまた昔のおじいちゃんたちの代では、この秋には、自分たちの収穫物を、少しばかり持って、森にお供えに行っていたそうです。
いつも、まきを取らせてくれてありがとう。
美味しいマツタケを、ありがとう。

そんな気持ちだったのではないでしょうか

・・・日本には、古来から八百万の神の言い伝えがあるように
一神教には無い、全てに神が宿っている。と示す八百万の神

・・・地球の成り立ち、生き物の成り立ち、しくみ・・・

その視点に立つと

海の中から、藻が発生し、生き物は海から陸に上がって来るようになって進化してきたならば、進化の最後、人間である私たちの先祖も、海にあるとも思えます
その海溝に栄養が溜まり、海溝の栄養を、魚が持って川を上り、その魚を陸の動物が食べ食物連鎖を繰り返しながら森や山へ栄養が行き届きまた、人の手も加わり循環してきた

山も森も魚も動物も人間もみな神ならば

全てを大切に、そして全ての役割において循環させながら、営んでゆくのが地球で暮らす在り方とすれば

・・・今年は、私たち、お母ちゃんたちも、少しばかりのお供えを、実のならぬ森へ、食べるもののない森に住む生き物たちへ、私たちの酵素ジュースを作れる感謝と同じように、お供えに森へあがりました。

時代が変わっても、暮らしが便利になっても、たとえ今のように森が荒れても・・・

この本質を、お母ちゃんたちがしっかり覚えておくように。
すれば、これからの暮らしの中で自分の中の感受に化学反応がおこって、見えない何を子供たちに残してゆきたいのか

が、それぞれに出てくると思いますから
これからの地域のお母ちゃんたちを、楽しみにしておいてくださいね。

まぢかに控えているのは
11/9(土)
くらしのていあん展
ー有機的な循環ーをテーマにした

フード・グッズ・ボディ他
ショップの出店です

企画・出店は、お母ちゃんの台所☆

ぜひ、ご来場、お待ちしております♪
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://okagesama09.blog.fc2.com/tb.php/282-f692f5b8