おかげさま
古民家カフェ おかげさま 加古川市八幡町野村字三家556-2 tel:079-438-3024

Grow



今は亡き堀本先生が作った「左馬」
今年は馬年と言うことで、前に出してみました。



午前中に届いた、お味噌作りに使わせてもらう、しのたろう農園さんの大豆
そして、いぶき(笑





明日がOFFなので、8日(水)以降にお渡し出来ますので、ご来店ください☆
大豆のみ(笑)



そして、お正月休みのお土産も届きました(^^)
お正月明けのご来店は、そんな土産話しが聞けるのも、毎年楽しみな事です。
・・・・・

Grow
語源:植物が成長して緑の葉を付ける



昨年秋、ハワイ島にあるカロコの森をお護りしながら、ヒーリングセンターを営んでおられる菅原真樹さんをお呼びし、播磨人たちが3日間を、真樹さんと一緒に取り組むことが出来ました。

その真樹さんの
新年のご挨拶の一説

grow forest
grow life

もありました。

埼玉県日高市にある、無農薬・無化学肥料のたねの店「たねの森」さん

立ち上げから、丸10年だそうです。
おかげも10年目
おかげが、たねの森さんのたねを取り扱いはじめて、もうそんなにたつのか~。と
毎年、新年に送ってくださる種子カタログを見ながら、そう思いました。



歳は私よりも若いのですが、いつも、誠実に対応してくれる代表の紙さんやスタッフ
種子カタログの最初のページには、毎年、紙さんのご挨拶が記載されており、毎年それを読むのも、私は楽しみにしています。

Grow

同じ想いでrelationする

紙さんのご挨拶を抜粋し
ご紹介しておきますね

・・・

2004年にたねの森を立ち上げてから、丸10年になります。

農薬や化学肥料を使わずに栽培された固定種を広めること、そして種の交換会を呼びかけ、自家採種の輪を広げることに奔走してきた10年でした。

また、足元の地域では、地域の人たちの交流を深めるため「青空マーケット」を、毎月開催し、2011年の震災後は、地域の中で食糧やエネルギーの自給率を高めるべく「日高くるくるねっと」を立ち上げて活動を続けています。

2012年からは、子どもたちを自然の中で保育する「清流青空保育の会・ぽのぽの」を近隣の方たちと始めました。

私たちが大事にしたいもの、次世代に伝えたいもの、それは「つながり」です。

つながりを守り、育むことで、私たちはもっと心豊かに暮らしていくことができるのではないでしょうか。

Grow seeds grow relationships,
and grow our future!

・・・・・

*在来種・固定種

植物は成長した後に種を残し、翌年に、この種をまくと同じ植物が成長していくという自然のサイクルがあります。こうした自然のサイクルの中で自然に育種してきた種のことを、「固定種」や「在来種」と呼びます。

当然のことながら、これらの植物からは、種をとることができ、翌年その種をまけば、同じような植物を育てることができます。

毎年たねの森、種子カタログは
おかげ店頭に置いてあります。
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://okagesama09.blog.fc2.com/tb.php/338-07383ac0