おかげさま
古民家カフェ おかげさま 加古川市八幡町野村字三家556-2 tel:079-438-3024

1・17

阪神淡路大震災から、19年

私は当日、東京暮らしでしたが。

5:46って、まだ真っ暗だったんだよね。
言葉にならない、こわい思いをしたんだろうね。

あれから、19年。

天災人災にかかわらず
こんな思いを、繰り返さないよう祈りは、胸に突き刺し

私なりの誓いのため
早朝から畑に出た。

・・・おかげの横には、森との間に、数枚の田んぼがある。



清水のおっちゃんの田んぼや、市井のおっちゃんの田んぼといった具合に、持ち主は、村の人たち
一枚だけ、年老いたおばあちゃんが米も作れないし、草刈りも出来ない。田んぼを、借りたい。という言い出しっぺがおり

まだ堀本先生が生きていた頃に、先生のご尽力で借りることが出来た。

誰が借りたか。よりも
自然というものは、人間がおろうがおろまいが、自然のサイクルに忠実だ。

田舎では、暗黙の了解で、草刈りは必須

ところが、これ

借りてる一枚だけ、草ぼうぼう

しかも、セイタカアワダチソウが占領している。



セイタカアワダチソウは、侵略的外来種ワースト100に認定されている。
小倉先生から習ったばかりだ。

法律では、入れない。捨てない。広げない。と定まってるが

こんなに増えてしまったセイタカアワダチソウ

今やらなきゃ、いつやるの???!
でしょ

三愛研が10年天塩にかけた増田ふるさと公園
一本も残さずセイタカアワダチソウを、駆除した。話しを聞いたとき、感動した

19年目の今日が
私の事始めとなる。

刈り払い機を修理に出しているため、鎌で少しづつ、刈り始めた


草の合間から、ビニールが劣化した土袋

ビニールが、パラパラ落ちる。
ビニールは、土には還らないわけだから、粉々を私は拾う。
だから、ビニールは、田んぼや畑にも、捨てちゃダメ。

気の遠くなる話しだけど
できたら、エイトがくれた八幡小学校のはるかのひまわりの種を、ここに蒔きたいと思う。

身体がなまってる人、時間ある人、いたらマイ鎌持って、手伝いに来てね。

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://okagesama09.blog.fc2.com/tb.php/345-76e816f1