おかげさま
古民家カフェ おかげさま 加古川市八幡町野村字三家556-2 tel:079-438-3024

冬ごし

昨年秋、播磨で有志が企画した3day‘sの初日『小学校特別授業』に至るまで、お力添えを頂いた藤江先生から
今朝お電話を頂き

3時間だけおかげを締めて、三木市別所小学校へ行ってきました。

おかげから車で、約10分ほどでした。

小学校3年生の環境学習の授業
校長先生を始め、3年生の先生方も快く、見学を受け入れて下さいました。

本日5回目となる環境学習は、今日が最終回
もう何年もこの環境学習の授業をされている、小倉先生の授業であり、私にとっては、初めての小倉先生の授業です。

授業が始まる前に、小倉先生と本日のサポート三愛研メンバーの先生が、本日の準備をされていました。



自前の孟宗竹を、チェックされてる先生方



本日の授業テーマは
『生き物の冬ごし』
そのテーマに沿って、孟宗竹の中で冬ごしする生き物のチェックをされています。

そして、授業が始まりました



◎まずは、生き物の中で、人間から。
寒い冬をどのように過ごしていますか?
◎クマは、どうだろう?
◎くじらは?

小倉先生が、子どもたちに投げかけてゆき、先生と子どもたちが、応答し合う風景から、一緒に学んでゆきました。

◎そして、いよいよ孟宗竹の出番
竹の中に冬ごしをしているカミキリムシは、どんな工夫をしているのだろう?





先生が竹を割って中身を見せてくれました。



出たっ!!カミキリムシ



そして、校内を散策し、越冬している生き物を見つけてゆきました




蜘蛛の卵ですね


誰か見つけたミノムシ


刺されると、チクッと電気が走る、イラガは、木にへばりついて、越冬中
いろんな動物の越冬の工夫を学びました





◎そして、植物は、どんな工夫をして冬ごしをしているのだろう?

モクレンのつぼみを、観察中



他に、アラカシ、トチノキ、マツ、コブシ、アジサイなどなど





動物も植物も
生き物の冬ごしは

重ね着をしていること
脂肪をしっかり蓄えていること

で、越冬をしながら

また、動植物の種類によって、その特性があり、ひとつひとつに冬ごしの工夫が見られたことは

3年生の子どもたちにとっても
私にとっても

動植物って、すご~い(^^)と
感心することばかりでした。

終盤には、雨も降ってきましたが
最後まで、楽しくもっともっと聞きたい、知りたいと思える小倉先生の授業は、楽しくてあっと言う間に終わってしまいました。

そしてこんな貴重な機会を与えて下さった藤江先生や別所小学校の校長先生、3年生の先生方に感謝です。
どうもありがとうございました。

おかげに帰ると
季節を分ける節分
鬼は~そとっ☆







明日は、立春なのですね☆
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://okagesama09.blog.fc2.com/tb.php/355-25221d30