おかげさま
古民家カフェ おかげさま 加古川市八幡町野村字三家556-2 tel:079-438-3024

自立


遅ればせながら、完読(笑)

・・・さて
本日OFFは、午前中、打ち合わせが入っていた
2/11(火・祝)のお母ちゃんの台所
『ビワの葉を使った自然療法』

2月は、特にもぐさに火をつけたり、身体を横たわらせて、ゆっくり実体験をしてゆき身体の反応をさぐってゆくため、大人数ではなく、適度な人数の方が、ひとりひとりにとって、効き目がありそうだ
ということで、今月はすでにご予約を、締め切っている。
がしかし、かなり、いっぱいいっぱいのご予約に、至っている。

この一週間は、私も時間があるときに、少し温灸を試してみた
基本的には、病気は自分で治すもの、自分の治癒力は自分で引き出し循環させるもの
と言った基軸の元、手の届かぬ所や自分では限界のあることは、ドクターやセラピストを信頼し、お手伝いしてもらえばいい。

先日は、過食暴飲暴食のコントロールがうまくいかないため、体調も崩しやすいエイトに、温灸を当ててみた(笑)

まずは、ソフト帰りの冷えた身体を温めるため、足湯
アロマオイルを数滴垂らして
いい香り~



じんわりポカポカしてくると
もぐさも、あつっあつっと感じるようだが、じわ~っとツボにもぐさを押し当ててあげると、どうやら
気持ちいい~、らしい(^^)



とくに、腎臓、肝臓の内蔵系を重点
しばらく、続けてみようと思う(^^)

そして、本日は打ち合わせ後
試体験



人によっては、熱いと感じる場所も感じる速度もちがっており、身体の反応を感じながら、その人に沿った手当てが、効き目をあげてゆくのだろう

人の身体は、たくさんの菌や微生物などによっても構成されているように
他の動物や植物、土だってそう。

それらがいかに、その特性を活かし、バランスよく育まれているものには、循環機能も高く活力もある。

が、特性を活かせぬまま、滞り活性力も低下してゆけば、いつか死に至る
そんなシンプルな自然のしくみに、人々は、お手上げてしまい
人任せ、自然まかせでは、人として産ま備わった叡智を活かしきれてるとは、言い難い

自分には理解できないと感じてることを
優れていると思えるような人の言葉や
手付かずの自然を、偉大だと勝手に崇拝し
自分を受け渡し、人任せ、自然まかせに崇拝して生きる生き方は、宗教とも、捉えられる。

台所では、そんなことを推し進めてはいない。

わからないからこそ、自分たちで下手なりに、調べ、失敗しながらも、実践し体得してゆく
ひとりひとりが、できない時から、自分で立ちながら、わからないことを理解してゆくために、人にまかせず、自然にまかせず、人と対話し、自然に手を入れながら、最終は、叡智を使って、自分の身体のバランス、人、他の動物、植物のバランスをとってゆく。といった役割を果たしてゆくのだろう。
そのためのプロセスを
おおいに、苦労し楽しんでいる

仕事や役割分担こそ、信頼し任せても
誰にも自然にも、自分を受け渡す、自分自身の役割分担を任せる気は、一切無い。

永遠の0、宮部久蔵
最後まで、自分を誰にも受け渡さなかった信念どおりの生き方は
おこった事実がどうかは、宮部久蔵自身のことは、彼でしかなく

私には普通だ。

だが、どんな時代であったにせよ
先に生きてきた時代の先人方に、敬意は払いたい

そして、未来を紡いでゆくのは
これからの人々に責任はある。
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://okagesama09.blog.fc2.com/tb.php/356-52231866