おかげさま
古民家カフェ おかげさま 加古川市八幡町野村字三家556-2 tel:079-438-3024

のこしてゆくということ

昨日は、午後に空いた時間、デスクワークでも。と、コタツに座った所へ



さとこ(いわもと農園)が、午前中の173(い・な・み)のジャガイモ植え付けを終えて、ふらっといちごを持って、寄ってくれた

丁度、いいとこに来た
と、吉田さんから、渡されたDVDを2人で見ることに

夕方には、加古川農業青年倶楽部、とくら農園のとくら君と研修生が、そこへ、やってきた

慣行農家へ研修に来た彼の目指すは、無農薬
ここでは、慣行でも無農薬栽培でも、農家の若手は、農法を超えて、兄弟みたいな関係だ

結局、いつも時間を忘れて、長くなる
気がつけば、辺りは真っ暗だった

店の終いのあと、実家に寄った

うちの実家は、私が子供の頃から家内商売をしていたので、家族は、いろんなお手伝いや役割分担をさせられることも多かった

世代交代をしても、その風潮は残っている
70歳を超えた父母も、まだまだ現役で、家族の中でも一番忙しい立場の2人なので、お手伝いや分担は、日常茶飯事

最近、実家の用事も、なんだか多くて、おかげが終われば、実家による事も多くて
昨日も、ご飯付きで、結局長居して、そのまま泊まることに

それが、夜中、いぶきが、歯がうづき、私のそばで、うなされ
飛んだ騒ぎ

結局、翌朝いぶきは、おかげ送りで、昼から歯医者に行くらしい













なんでやねん(笑)
カメラを向けると、ポーズをとりたくなる習性

朝から、予定が狂う

小さいけど、自立しているいぶきには、適当に彼の気の向く遊びを、振っておけば、勝手に遊んでくれるので

早朝に、それも、昨日届けてくれた『手づくりお醤油キット』を開けて、ちゃっちゃと仕込んでしまう。

兵庫県養父(やぶ)
大徳醤油さんの



また、パッケージがかわいい(^^)

これまで、いろんな方々からのご紹介で、兵庫県で、美味しいお醤油をいまだ、作ってくれているお醤油を、いろいろ試してきた

有名なところでは
兵庫県多可町、足立さんとか
兵庫県たつの市も、お醤油屋さんは多い

もちろん、おかげの近くでも、がんばってくれてるお醤油屋さんは、ある。

おばあちゃんの代では、おうちで作る人もいたし、村や地域に、お醤油屋さんだってあった

しかし、大量生産、海外輸入の波に、消費者も、安価、手軽、便利な消費に傾き続けた現在、老舗のお醤油屋さんも、少なくなっていった

現代の若いお母ちゃんたちは、祖父母世代から、旬の手仕事さえ、受け継ぐことも最近では少なくなり、父母世代でさえ、昔の知恵は分断され、その知恵さえ、使いきれないまま、娘に聞かれても、なかなか伝授することは、難しいようだ

そんな伝言ゲームでさえ、ままならないこの時代に、細く切れそうな昔の暮らしや知恵を、切ってしまうことなく、私たちは、一旦懐古を知る経験も取り入れながら、近代のライフスタイルや技術・進歩も加味し、残ってゆくもの、のこしてゆくことを、私たちなりに、体得しておくことは、また次世代への、ひとつのヒントになり得るかもしれない。

次世代が何を選び、のこしてゆくのかは、次世代が決定する権利があり

私たち世代も、私たち世代の叡智を使って何を今やっておくのか。という義務もある。

まずは、手元にご縁のあったお醤油を、ひとつ、作ってみよう。
そして、研究し
春から、また新たに新年度を迎えるにあたって、若いお母ちゃんたちみんなで、研究しながら、いつか美味しいお醤油も、みんなが作れるようになったら、嬉しいかも☆







また、経過報告してゆきますね
スポンサーサイト

Comment

いぶき君、大変でしたね。
でもお祭男の本領発揮という感じで、歯痛とはとても思えません。
お大事に!
2014.02.08 10:52 | URL | まりパパ #- [edit]
そうでしょ(笑)
歯の痛みは、定期的に、やってくるみたいです。
痛みを感じるときは、泣いてしまうほど。

いぶきの歯の痛みには、後日談がありますから、また、楽しみにしててくださいね(笑)
2014.02.08 12:06 | URL | かずみ #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://okagesama09.blog.fc2.com/tb.php/359-e20b0ec6