おかげさま
古民家カフェ おかげさま 加古川市八幡町野村字三家556-2 tel:079-438-3024

月いちキッチンレポ

healing さんぽ


さて、2月のお楽しみ☆厄神さんも終わり、2月ニゲル(^^)

いよいよ、3月☆手作り市準備に、入っていきますが。

その前に、3月3日は、ひな祭り

月に一回
学べる&美味しい&キレイになる1日
第2回が、ちょうど3月3日(日)のひな祭りとなりました



女子のための女子による女子力UPの日にしちゃう

ゆらの月いちキッチン
食べ物の知識をまなびながらの、自然食特別ランチ&
午後からは・・・気軽に楽しもうアロマ講座
です。

2月の第1回目を終えて。。。
月いちキッチンの感想を、ゆらから、いただきましたので

どんな風に月いちが始まり、そして、どんなことを中心に、ゆらと共に月一回を、学んでゆけるのか
ゆらの感想を読みながら、想像してみてくださいね。
そして、暮らしに根ざした食と治療を、月に一回、学びながら何回も何回も暮らしの中で実践しながら、自然に身についてゆく実感を体感してゆきましょう

それでは、ゆらの2月、月いち感想報告を、どうぞ(^^)



月に一回、開催することになった「ゆらの月いちキッチン」

第一回目が、2月3日の節分ということで、ちょうど、冬から春への境目の日に始まりました。
この日は、特別ランチというこで、デザートも2種類、飲み物がつきます。

そして、ちょっと日常の食事に役立つ、「お話」付きです。


今回は
○冬の一番寒い時期でしたので、白菜が甘みが出てくるので、玄米ドレッシングをかけてサラダに。

○里芋など土の下のものなどが美味しく感じられるので、里芋グラタンに。

○ほうとう汁は、たっぷりお野菜をことこと煮て、体が温まる味噌を中心に味をつけました。

あと
○節分なので、もちろん、恵方巻きも一品として。
玄米の恵方巻き、初めて食べる方がほとんどでしたね。



高野豆腐や、干し椎茸、かんぴょうなど、天日に干して乾燥したものは、冬の時期、保存食としてとても重宝されてきたものです。

そういう乾物は、体内の水分調整役として、とてもいい働きをしてくれるそうです。
この日は、乾物もりだくさんでしたね。

この日は、食事をしていただきながら、色々と日々の暮らしの中での質問もたくさん出ました。

やはり、この時期、「冷え」が気になる方が多いようで、体を温める食材や、調理の仕方、食べ方など、特にお話させてもらいました。


私としても、お話を聞いて「ためになった~」と言って帰ってもらえたら、とても嬉しいので、これから、月いちキッチンに来てくださる方、たくさん日頃の食事で ”気になる”を持ってきてくださいね。


私が月いちキッチンの目標にしていきたいのは

〇無農薬のお野菜やお米を使うなど、
できるだけ、安心できる素材の料理を食べてもらいたいということ。

〇その時期に、一番おいしい、”季節”のもの、”旬”のものを使って、
素材の味を味わってもらいたいということ。

〇日本人が長い間食べてきた”和食”の美味しさを再確認できるようなメニューにしたいということ。

〇たくさんある食の情報の中で、一人一人が自分に合った情報を判断できるよう、主体的な食の学びのお手伝いをしたいということ。


そういう一日にしていけるように、がんばっていきたいと思います。


「美味しかった~、また来月いつですか?」と帰り際に言ってもらえた言葉が、なにより、嬉しかったです。


来月は、3月3日で~す☆
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://okagesama09.blog.fc2.com/tb.php/36-d892e632