おかげさま
古民家カフェ おかげさま 加古川市八幡町野村字三家556-2 tel:079-438-3024

小水力発電に関するお勉強会に出席して


日本のへそ
と言われている兵庫県西脇市

自然エネルギーだとか
風力発電、水力発電、火力発電だとか

文系の女子?には、なんとなく敷居の高い分野だったりするけど(といって、私は文系でも理系でもありません。ただのおばちゃん♪ですが・笑)

今回は、字のごとく、小さい
水力発電たる、内容説明と実践報告の組み込まれたお勉強会でした。

九州大学では
島谷先生を中心に、学生たちOB
が、行政、民間、市民の方々と一緒に、実践研究がなされています。

兵庫県西脇市では、現市長さんが環境にも力を注いでおられ
西脇市民の有志で結成されている『エコネット』のみなさんと、行政と、兵庫県の自然環境を網羅されている横山先生のお力添えもあって、今回、島谷先生を西脇市にお呼びしお勉強会を開く運びに至ったようです。

冒頭に、島谷先生の方から

『地域のための自然エネルギー』
といったお話しがありました。

水というのは、昔から地域に存在し、その恩恵を受け私たちは、暮らしています。

その水を汚すのも、有効利用するのも、私たち次第でもあり、その水を地域のために使う叡智を、みんなで出し合い話し合ってゆかなければなりません。

島谷先生が製作してくれたパワーポイント約100枚のレジュメ

そこには、小水力発電とは?から始まり、具体的な実践研究内容が、わかりやすく、まとまっており、今回西脇市のみなさんとも、これから、西脇でも具体的に実践してゆける足がかりとなりました。

全てを報告するには、字数オーバーになりますので、関心のある方は、私の手元にあるレジュメを参考にしてくださいね。

近い所で、西脇市の前に、洲本市入りされていた島谷チーム

次回3/1に、再度、洲本市入りされ、次は、具体的な小水力発電の機械設置実践にも、はいられるようで、一般見学も大丈夫だそうです。

おおがかりではなく、少しの水のある場所とその場所の特性を見極め、民、官、地域の関心懸念情報の聞き取り、感じ取りに、足を運ぶといった、まずは聞き取りを最初に行いながら、この小水力発電を、地域に設置なされてゆくことで、暮らしも、仕事も、経済も、環境も・・・といった様々な地域の問題点が、解消されはじめたり、整いはじめたりという

やる限りは、そんな風穴をあけるような、地域の小さなプロジェクトともなりうる可能性を秘めていますから

また、地域、どこかで、出会われましたら、関心を持って、学んでみてくださいね。


ワークショップでは
班にわかれて、各班ごとに、話し合った内容を発表してゆきました。
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://okagesama09.blog.fc2.com/tb.php/369-df4a0b9c