おかげさま
古民家カフェ おかげさま 加古川市八幡町野村字三家556-2 tel:079-438-3024

記録

今年の1/28に、横の田んぼの、刈ったセイタカアワダチソウを、畑の畝に積んだか積んだかした様子



約2ヶ月強(一番寒い極寒の時期、そのまま動かさず、じーっと、雨の日も晴れの日も、雪の日も、その場所に寝かしていた、セイタカアワダチソウ)

本日4/6
一番端のセイタカアワダチソウを、ようやく動かし、一本の畝の状態を顕にした



見つけられるかな???

だいたい、毎日、人より元気な私ですが(笑)

何が怖いって、ヌルヌルしてる生き物が怖い

そして、毎年、春は、私にとって、恐ろしい時期でもある。

長い冬の冬眠から、まだ目覚めていない生き物たちに、申し訳ないんだけど

春の畑の整えの時期には、起こしてしまう可能性が大・大・大!(怖ぃーー)

今日は、中くらいのカエルでしたが(下の写真)



年によっては、気づかずに、突き刺してしまう年も(いややーーー・怖ぃーー)

そんな、もうドキドキしながらも
生き物たちにとっては、命がけの暮らしぶりを、人間の私も、畑の真ん中では、生き物の一種として、その酷な役割を、担いながら

嫌になりながらも
やめられないのは

いつか、人間が、畑の真ん中に立つことに、他の生き物にも、違和感が無く

よりよく循環してゆくその術を

自分の心に、腑に落としてみたいから

それは、死ぬまで悩み続けることであっても

年々、積み重ねてゆくことに、いろんな体得があるから、きっと楽しいのだろう

生き物たちは、えらい。
自然の仕組みと季節のサイクルによって、しっかり、子孫を産み続けている。

下の写真は、菌の繁殖です


スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://okagesama09.blog.fc2.com/tb.php/412-a0554550