おかげさま
古民家カフェ おかげさま 加古川市八幡町野村字三家556-2 tel:079-438-3024

鳩里(きゅうり)小環境特別授業

昨秋に続き、地元播磨の小学校にて
『自然環境特別授業』が、先日行われました。

現在、文科省から申し送られている
「1年通した環境学習」がカリキュラムされている3年生
鳩里小では、6年目になるそうです。

地元でも、個人・団体・民間・行政、他それぞれに、これからの地球環境に、問題提起を置いた暮らし、営み、教育など、近年、増えていることも確かです。

そんな中
ご縁あって、兵庫出身、現在ハワイに在住し、世界の自然環境が今、どんなことになっているのか。それが自分の足元とどうつながっているのか。を、写真、映像を交えながら、伝えてくれるゲストティーチャー菅原真樹さんと

自然の中から産まれた楽器の演奏に
地元から2名のサポート講師が

昨秋は、三木市の豊地小(全校生徒67名)で

そして今春は、加古川市の鳩里小(全校生徒1000名超)で

先生方のご理解、ご協力の元、実施出来たことは、未来の地元を担ってくれる子供たちへの、私たち大人に出来る一環と思い、出来て良かったと思います。

授業が佳境に入ってゆくときの
子供たちの食い入り度
授業が終わったあとの
先生方から、感動のお言葉

荷が降りる想いで
こうして、地元播磨で、先生方のご依頼があれば、もうしばらく、特別授業は、続けてみたいなぁ。と思います。

さいごに
規制のある中、許可の範囲で
この授業の一コマを、記録にしたく
駆けつけてくれた、地元のカメラマン
まりこちゃん
彼女の写真の中から、数枚
授業風景を、あげておきますね。


うみからのメッセージ
ちきゅうにすむ、あなたへ・・・


子供たちの前では、音の出るさまざまな自然の楽器を、演奏してくれる、たかすだいすけ先生


自分で作ったいくつもの笛をふいてくれる、まつもとまなぶ先生


2人に負けじと、とっておきの楽器を、子供たちの前に出すが、笑われる、すがはらまき先生


しかし、みごとに、太鼓と笛のリズムに、ペットボトルは、ビートを刻み
その存在感に、子供たちも圧巻



まき先生と子供たちのキャッチボールは、地球をテーマに、白熱する

*その全貌を、まりこちゃんがYouTubeにまとめてくれていますので、ご覧ください。

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://okagesama09.blog.fc2.com/tb.php/428-ba5756c0