おかげさま
古民家カフェ おかげさま 加古川市八幡町野村字三家556-2 tel:079-438-3024

感謝の秋



お金も重機も無い大正、昭和初期、手で稲を植えていた田植え仕事

5月6月の田植えでは

これから来る
梅雨の長雨、真夏の炎天下水不足、台風と・・・・・
秋の稲刈りまで、自然の力に負けないように、無事に稲が実ってくれるようにと

祈る思いで、1本1本、稲を水田に植えていっただろう

一夏を越し
秋の稲刈りに、例年を上回る取れ高の年には、体いっぱいの喜びが

下回れば、体いっぱいの残念さがあるくらい

米は金に代わる、1年の備蓄ともなる

収穫の秋
その年の五穀豊穣を、村中で祝う祭りが

秋祭りだ

太陽の光に
山から流れる水に
人々のおこないに
万物に・・・
感謝して

笛や太鼓を響かせて
山のもの
海のもの
里のものをお供えし

地元の酒と炊き出しで
飲んで、唄って、踊って
村中、お祭り騒ぎが

秋の祭りの醍醐味と言えるだろう


実りの秋
感謝の秋

そして、また次の日から
静寂が来て、日常に戻る

格別の秋
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://okagesama09.blog.fc2.com/tb.php/512-6f07db5c