おかげさま
古民家カフェ おかげさま 加古川市八幡町野村字三家556-2 tel:079-438-3024

豊穣祭式次第概略



〈神事編〉


【豊穣祭でのこども達のやくわりについて】

子どもたちが、未来の主役であること。

お祭りでは、神の化身、神の座となるのが、子どもたちだそうです。

☆ 9:00~ 八幡神社参拝


☆ 菅原真樹さんを先頭に、森の精霊こども達が、手作り1本綱を持ち、太鼓・笛の鳴りモノ奏者と練り歩きます

☆ 参拝時には、鳥居前で1礼をするなど、その時々で菅原真樹さんから作法を促していただきます


《参拝ルート》 菅原真樹さんの後に続いて

おかげさま → 八幡神社参拝 → おかげ畑と鎮守の森を繋ぐ田んぼに御挨拶(日々の暮らしの中で人と森を繋ぐ場として活用予定)
 → 会場舞台へ 


☆ 御墨付け をはじめます

アナウンスで御墨付け説明をしてから
太鼓の音がはじまり、こども達がご来場者の顔に墨をつけてまわります。

【御墨つけとは】

炭をつけてもらうと、その年は風邪や悪病にかからないといわれていたり、子孫繁栄の意があります。
すみつけの起源は江戸時代元禄年間(300年前)といわれます。
なべを持っていて転び、顔になべ炭がついてしまったある名家の下女だけが病にかからなかったことからだいう言い伝えが残されています。


☆ つぎは 播磨の湧き水あわせ・奉納の儀 を行います。


この時間は、ハリマのゆたかな自然を思いやり、ハリマの川が繋ぐ 山林から海への調和した循環を願い 

加古川 • 夢前川 ・ 市川(予定) の湧き水源流水あわせ 奉納の儀をおこないます



静かな祝詞のような音の奉納が 音樂奏 UANOA からはじまります。


播磨の源流水を持った精霊こども3名が山から海から集まって来るイメージで

一人一人、舞台へゆっくり舞うようにでてきます

舞は各自かんたん創作で(手を拡げたり、回ったり、自由に楽しんで)

その後合図で
お母ちゃんたち数名とこども精霊数名、舞台まわりをかこみクワイアーチャイム(ヒーリング楽器)をならしはじめます 
湧き水をもった3名のこどもが神棚の前に水をおきます。
3名の精霊こどもはそのまま舞台にのこり、舞台においてあるクワイアーチャイム手にとり一緒に音を鳴らします。

そして静かな祈りをこめた音のなか
菅原真樹さんによる水あわせ・奉納の儀を行います。              
音がしぜんに消えていく時をおわりの合図として。

祭りの遊楽をあじわいましょう。


☆ その後のスケジュール


10:40 ゲストスピーク 国包地区 101歳古老 畑栄三氏 

11:10 音樂演奏 UANOA   

11:40 ゲストスピーク 兵庫県立大大学院非常勤講師 環境経済学 横山孝雄氏

12:00 直会(来場者に秋の収穫物お振る舞い)

12:40 わらべ唄 木村ちひろ

13:00 ゲストスピーク ハワイカロコセンター院長 菅原真樹氏

川が繋ぐ森と海の循環
先人達から受け継ぐ暮らしや自然の恵みへの感謝
今ある命への感謝
先の子孫たちに伝えていきたい暮らしや、大地枯渇することなきよう祈る護国(五穀)豊穣。
       
  
14:30 豊穣祭エンディング 音楽演奏 UANOA 



3名の精霊の子供達が再度出てきて、皆の前でぐるぐる回り
その時、なにか米の穂でも束にしたものを各自持ち
それを合わせた水につけて
来られた皆さんの頭にブレッシング

精霊達がそれぞれのところに帰っていくイメージで
その後舞台袖へ

15:00 終了


【菅原 真樹さん ご紹介 】


1963年 7月26日生まれ 兵庫県西宮市甲子園生まれ。現在HAWAII在住。

ハワイカロコセンター院長プロダイバー、写真家、ボディーワーカー、HAWAIIの伝統的な航海法を教える航海士でもある菅原真樹は、今人類が直面している様々な環境問題と真正面から向き合い、特別授業を通じ海や森の話、ゴミの話を環境汚染で命を失う生きもの達に代わって、日本の様々な学校に訪問し、話や映像や音楽演奏を交えて伝えています。



【音樂奏】


〈テーマ〉  

播磨の豊穣、秋の空、大地、川の流れ、時の流れから1000年先への播磨の未来に託す音楽、イメージして魂を響かす


UANOA  : Isa    〈ガットギター、ヴォイス〉 
     : 松本 学 〈尺八、篠笛、バンスリー〉
     : 山浦 庸平〈パーカッション〉
     : 近藤夏織子〈リコーダー、古樂、鍵盤、ヴォイス〉
     : 高巣泰輔 〈タブラ、パーカッション〉

     
空気のようなアンビエントから、楽曲、唄、民謡、即興、太鼓演奏、幅広く対応できると思います。

  (マイク音響もいれます)
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://okagesama09.blog.fc2.com/tb.php/523-1771457c