おかげさま
古民家カフェ おかげさま 加古川市八幡町野村字三家556-2 tel:079-438-3024

播磨の海神1

23日の八幡神社の新嘗祭から始まり

播磨上流の収穫祭は
おかげから、北へ約1時間半

そして、本日のOFFは
おかげから、西へ約1時間半の

下流
たつの市御津町岩見の西念寺へ。

重なるときは重なるもので
上流と下流をいっぺんに、巡った。

姫路中地から市街を、湾岸に沿って行くのだが、信号で止まったとき、あまりにも。な風景に写メをおもむろに、撮った



市街で人口比が高くなれば、このようなポイ捨てのゴミは、増えるのか?

個人個人のマナーの問題の域を超えて、地域の連帯責任のようにも思えた。
だって、見苦し過ぎたんだもん。
恥ずかしい。

行政が、清掃担当の課から定期的に、配属し、かたずけているのだろうが。
きっと、繰り返し、ゴミは途切れないのだろう。

この風景に、何も思わないで通り過ぎてしまうことに、問題が問題を産むと。

おかげでは、どんなイベントをするときでも、ゴミゼロを意識しているスタッフたちや来場者に、どう思うよ、この状況。と問題提起したくなる。

そんなことを考えながら
ようやく、到着



実はこの中に、どうしても、会っておかなければならないお方が、いらっしゃるのでした。

青木敬介(81歳)

昨秋の『自分塾』2日目の
~自然環境の調整を学ぶ~

参加者の中に、秋仏のお客さんあずまさんに、うちの母が付き添い出席

受講後、あずまさんから、お伝えがあった。
はりまの海を長年守り続けた人がおるよ。と
それが、青木先生。

それから、あずまさんからは、娘をサポートするかのように、自然にかかわるお便りを頂いたり
又、私もそれに応え、さまざまなことを学ばせて頂いておりました。

今年4月からスタートした『はりま塾』講師の横山先生に
先生もきっと青木先生のことご存知だろうなぁ。とあるとき、お伺いしたら

なんとま~、もちろんご存知で
それもそれも、はりま塾セミナーにも、青木先生の書かれた文章が資料となるくらいに
横山先生にとっても、地域の大先輩でもあり、はりまにとっても、この方の歩まれて来られたヒストリーを忘れてはならない
そんなお方のおひとりでもあるというふうに思いました。

本日、ようやく、良縁に恵まれてか
思い起こせば1年越し、まさか、お会いするなんて、考えたことも無いお方

お歳で体調も優れない先生が、とっても喜んで待ってくれておりました。

つづく。





スポンサーサイト

Comment

播磨灘を守る会の方かな?
昔、海辺の観察会に参加したことあるなぁ
2014.11.25 22:24 | URL | かりかり #- [edit]
正解♪

会が発足してから、43年くらいらしいので、地元はりまの人々は、何かのご縁で、参加されてるかもですね。

そうそう、先日のギター倶楽部の終わりに、みのりちゃんが、最後に何か言いたげに、頭をぺこりと挨拶してくれたんだ。

しまいをしようと中に入ったら、チョコの包み紙で鶴が折ってあった。

大人たちの話しを、何気無く聞いてたのかなぁ。。と
あの子なりの、感受性に
私は、じ〜ん。とありがたかった。

ひとりひとりの祈りが、届きますように。
2014.11.26 12:00 | URL | かずみ #- [edit]
ありがとう
また一緒に行きます
2014.11.26 19:48 | URL | かりかり #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://okagesama09.blog.fc2.com/tb.php/558-eb1a750f