おかげさま
古民家カフェ おかげさま 加古川市八幡町野村字三家556-2 tel:079-438-3024

待ち遠しい春


春を待つ田んぼ

我が国日本では
四季の季節の移り変わりに応じて、動植物の生態も、自然な現象であり
私には、楽しく、面白く、愛らしく、和ましいものです。

特に身近では、これから春を迎え、田んぼに水がはいってくると、緑藻などの植物プランクトンが増えはじめ、水生昆虫が増えてきます。

子どもの頃は、それらを、見たり捕ったりするのが、風物詩で、妙に面白かった(笑)
ゲンゴロウ、アメンボ、ミズスマシとか

カブトエビなんかは、田んぼの泥をかき回し、雑草がはえるのをおさえてたり

稲が育ってくると、稲を食べたり、稲に卵を産んだりする虫もいるから
そのときは、蜘蛛がタイミングよく、虫を捕まえに、巣をはったりしてくれます。

うまくできている生態系ですが

そんな生態系も、近年は、かなりかなり崩れてきていることが、淋しい。

水生昆虫が極小、もしくは、居無いに等しくなってますから。

だから、私は、水生昆虫たちが、戻ってくる田んぼや、畑や、森と力を合わせて、取り組みたいと思ってやっています。

初夏の昆虫たちの生態の本を見ながら、春を待ち遠しく想います。



さて
本日が、『春の手作り市』出店の締め切り日です。

朝から、ご来店、ご連絡も、駆け込み状態(笑)で、あっち向いたり、こっち向いたり

なかなか、今年は、とんでもなく、感動的で、面白い春の1日となりそうです♪

エントリー
お忘れの方は、お急ぎくださいね。

締め切り次第、チラシ作成に入ってゆき、今年出揃った芸達者な、出店・出演陣の、ご紹介を、このブログでも、出来る範囲でしてゆきますので、楽しみにお待ちくださいね。


店内では、生ギターと生歌の自主練習
知ってる唄は、口づさみながら
聞かせる唄には、癒されながら

春の手作り市を、待ち遠しく想うのでした。

みな、体調を整えて、ひとりも漏れず、元気で開催できることを、楽しみにしています。







スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://okagesama09.blog.fc2.com/tb.php/600-e0988e3d