おかげさま
古民家カフェ おかげさま 加古川市八幡町野村字三家556-2 tel:079-438-3024

お母ちゃんの台所

今年は、2月スタートの『お母ちゃんの台所』

本日は、寒仕込み
黒豆100パーセントのお味噌づくりに、チャレンジです。

黒豆は、サラリーマンをしながら、兼業で
無農薬の黒豆を、作っている地域の方から、今年は、使わせて頂きました。

米糀は、毎年お世話になっている稲美町のシゲタさんの糀

今日は、各々前持って、選別し煮て来た、おマメを持ってきていますので

まずは、塩きりから

糀とお塩を混ぜています。

次に、煮豆を、ミンサーにかけています(昨年は、手動を経験しましたが、今年は、電動、早い!)



合わせます。



塩きりした糀が、ミンサーにかけた煮豆とよく混ざるように、手で混ぜ
詰めやすくするため、味噌玉をつくります



最後は、空気を抜くために、ぎゅっぎゅっと押し込みながら、つめてゆきます



合間には、お昼の準備も、してくれていました



蒸篭で、蒸しあがった中華風おこわ



そして、お昼ご飯です。



お母ちゃんたちは、賢いなっと思ったのは、黒豆の煮汁を、無駄にせず、重ね煮のお味噌汁に、使っていたこと。

それから、お味噌は、黒豆のお味噌を今日のお味噌汁につかいました。

このお味噌は
私たちの約30歳上の代の『お母ちゃんの台所』版みたいに
30年前から、畑で無肥料・無農薬でお野菜を作り、お味噌も糀からお手製で、お味噌を仕込んでいる、言わば私たちのお母ちゃん世代のグループから、有難く頂いたものを、使わせて頂きました。
そのうち、2世代交流の台所が、実現するのも、夢ではなさそうです♪

作業が押したので、復習を兼ね、ご飯を頂きながら、お味噌づくりのポイント説明は、さとこ



・自家製焼き豚入り中華おこわ
・重ね煮お味噌汁
・豆乳杏仁豆腐あんこ添え
の説明は、さっちゃん



・手作り柚子大根の漬物の作り方と
漬け物の歴史は、りえちゃん



優しいお味の美味しいご飯を、ありがとう

やっぱり

塩きりをしてるときや、おマメと糀を混ぜているときの、なんだか、しあわせ感は、なんとも言い表わせない味わいです。

それから
お母ちゃんに着いて来てくれた子どもたちも、お利口にしててくれて、ありがとうね。



しあわせな1日でした。
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://okagesama09.blog.fc2.com/tb.php/611-a5f669d3