おかげさま
古民家カフェ おかげさま 加古川市八幡町野村字三家556-2 tel:079-438-3024

精神性と精神力と現実と

心の整理が出来ないこともある。



昨年一年を駆け抜け
今年もまだ2月だが、新年から駆け足が続いている
息はまだ、きれていない。
気がつけば、おかげ11年目を、奔走中だ。
特に、今年は個人的に、『節目の年』とし
昨年から、徐々に意気の高まりと同時に、質量も高まっていた。

これは、私自身の話しでは、あるけど。

それとは別で毎日、おかげに立てば、ひとりひとり、抱えた問題や楽しみ、悲しみが、人の数だけ、あるわけで。
それに、毎日毎日、私も向き合うわけで。

私にはどうしようも出来ないけど、他人の問題を
聞いて、その人が、解決してゆけるなら、それもありだと思ってきたし

解決してゆけるまで、つきあってゆくのも、そんなに苦では無い。

でも、それにしても、みな何かとイロイロあるのは、それも、生きてりゃ、当たり前だと、私は、思ってるくらいだが。

しかし、久々に
類を見ない精神の問題を抱えた人に
実は、昨秋、出会っていた。

短い間の付き合いだが
その間に、その人の苦悩を、私は感じ切ることになる。

そして、彼は亡くなった。

最期の最期、彼がどうだったのか。
今世の彼の課題を、彼は克服できたのか。

私にはわかった。

何を望んでいたのか。を。

私にはどうしようも出来ないことが、世の中の大半を占めている。

だけど
私は、彼に出会えてよかったと思っている。

誰にもわからなくても
私には、わかった大事なことを

彼と出会えて、少し確信が高まったから。

大事なことを、心の底から大事だと
気付けるチャンスは、ゴロゴロあるのに

手遅れになることが、大半だから

真に何が大事かを

ちゃんと、心の底から感じとれる人で

私は、ありたいと思う。

ほんとは、世の中、そんなに
大それたことはない。

シンプルなんだから。

人という種の役割を、正確に理解していれば、真っ直ぐ進むだけ。





スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://okagesama09.blog.fc2.com/tb.php/628-3158a95e