おかげさま
古民家カフェ おかげさま 加古川市八幡町野村字三家556-2 tel:079-438-3024

カウントダウン

22日(金)

小学生は、昨日の卒業式を終えて、本日は終業式

エイトの通信簿を、100じ~が、見る。


・・・週間天気予報・・・

24日曇り
降水確立40%

いけそうね。

金曜日現在の判断としては
24日、手作り市、決行の予定どおりで、いきます。

万が一の小雨対策、防寒対策を入念に、出店のみなさんは、準備のほどよろしくです。

・・・そのまえに・・・

わたしは、明日の午後3時まで
お弁当作りに入魂です

下準備はじまりました。

ちょこっと、のぞきみ
レンコンととうふのバーグに混ぜる、にんじんとブロッコリーの葉っぱを油を使わず塩糀で、じっくり蒸してます



こんな調子で、明日の仕上がりを一番楽しみにしているのは、私です

レシピ、機会があれば、ご紹介しますね。

・・・さて、今年の手作り市、おかげ店内コーディネートは・・・

主に展示☆販売を予定しています。

テーマは、『地域自給をめざして』

5つのカテゴリー

○里山整備

担当:エコやバオバブ(山田さん)

脱原発・エネルギーの地域自給につながる、オフグリッドの考え方や、里山整備を通じた地域自給・循環システムの紹介を交えた提案展示

○脱原発

担当:はりまアクション(どんちゃん)

東日本大震災後、播磨でも、脱原発を願う、はりまアクションが発足し、この2年間、様々な活動(署名、パレード、講演会、話し合い・・)を、開催
その2年間の活動を通じた報告展示

○流域の暮らし

担当:加古川流域ネット(植田せんせい)

兵庫県下には、一級河川の加古川を中心に、市川、武庫川や、そこからの支流がたくさんたくさんあります。
川の上流・中流・下流、それぞれに暮らす私たちの中には、個人・グループで川の流域での環境に従事した活動をされている方々が存在し、それらのつながりをネットしている流域ネット

今回は、流域ネットのあゆみを報告展示

○東日本大震災東北支援

担当:ねこの手(むっちゃん)

2年前の3・11後、18年前に自分自身が直撃を受けた、神戸震災のあのときの気持ちが蘇り、居ても立ってもいられない気持ち
その気持ちが、一人の男を動かしました。

むっちゃんの旦那さん。

ボランティアの友人に、僕にできることは、何かありませんか。一本の電話から、はじまった。

そして・・・二年

現場で汗を流し、涙を流した者にしか分からない感動と、震災、被災地の現実、現状を、この男が立ち上がれたからこそ起こったドラマの数々を
今回は、報告展示と、これからも、支援にお金はかかるだろう。
東北募金を設置

そして
○やさい☆ま~けっと

担当:かずみ

無農薬野菜を作っている人たちと
無農薬野菜を使いたい人たちで
毎月一回、無農薬野菜の販売とそれらを使ったお昼ごはん、お惣菜、パン、スイーツなどの販売と癒しや治療など、やっています

手作り市では

岩本農園のうどんを使って

森の農園
めぶき農房
そして、おかげ
の無農薬野菜を使って
ダシ醤油は、私の手作り

讃岐風ぼっかけうどんの販売(^^)

・・・

店内も、よかったら、お立ち寄りくださいね☆
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://okagesama09.blog.fc2.com/tb.php/69-c8162568