おかげさま
古民家カフェ おかげさま 加古川市八幡町野村字三家556-2 tel:079-438-3024

さなぼり



さなぼりとは

但馬地方(現在の兵庫県豊岡市)の方言。


田植えがすんだあとの休みのことで、家族の慰労会でもある。

また、諸説には


「早苗振」の語からきているといわれ、「さ」は田植または田植をつかさどる神の意で、神上り(さのぼり)、つまり、田の神がお帰りになる意味があり、田植えはじめを「さびらき」というのに対する語である。

本来、田植が無事にすんで、田の神を送るための祭事であったが、のちには田植終わりの祝いや休養日と考えられるようになった。

行事の内容はさまざまであるが、餅をついたり、まんじゅうをつくったりして、御馳走といっしょに神仏に供え、田植を手伝ってくれた人々を招いてお祝いをする。



うちの実家は、数年前から、弟2人が加わり、お父さんもずいぶん、楽になったと思う。

お母さんや妹たちは、さし苗や苗箱洗いに、お昼ご飯の用意

そして、夕飯は、慰労会をお母さんが、用意してくれる。

昔は、加古川の商店街は、さなぼりの時期、2週間ほど??、さなぼり市でにぎわっていたそうだ。

死んだおじいちゃんから、聞いた話である。
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://okagesama09.blog.fc2.com/tb.php/702-cac5e37e