おかげさま
古民家カフェ おかげさま 加古川市八幡町野村字三家556-2 tel:079-438-3024

わが立つそま



103歳になってわかったこと
篠田桃紅著

80代の方のご推薦で、回し読みの中、40代の私にも(四捨五入すれば、50代ですが・笑)
途中回して頂き、読ませて頂きました。

103歳の感じかた
そして、80代の感じかたは
計り知れず

・・・40代の私の感じかたは

諸先輩方に比べ、人生経験の少ない、貧弱なモノだとは思いますが

私が一番心に残った章から
桃紅さんの言葉を交え、記しておきたいと思います。

・・・わが立つそま

「そま」は漢字で「杣」と書き

滑り落ちそうな山の斜面にある、ほんの少し平になった場所を指します。

山の斜面に見つけた、つかのま安心できる小さな場所に、人生を重ね合わせ

長く平坦ではない、山あり谷ありの人生のその中で、つかのま安心できる場所をみつけた、そのことに感謝し、神仏のお恵みがこの世にありますようにと、いつの時代も、祈る心は、変わらないのでしょう

わが身に過ぎることですが、この世の人々を思い、自分の立ちうる場所が、そうどこにでもあるわけではありませんが

それだから、ようやく得たときには、感謝の思いがあふれるのでしょう

人生は、山あり谷あり。
ようやく平地を得たとき、感謝して大事にする。

どんな斜面にも
つかのま安心できる場所がある。

篠田桃紅

・・・全人類が価値を認めて愛するもの

価値観は、時代によって移り変わります。

非常に長く人類に愛されてきた、というものは、たくさんあり
文学・芸術などに見いだすことができるでしょう

しかし、未来永劫、人類が愛するのか、というと、それもまたよくわかりません。

それでは、私たちが文句なしに愛し、文字どおり、全人類がその価値を認めざるを得ないものはないのでしょうか。

それは、母だと言った人がいます。

未来永劫、全人類にとって
ありがたい、母という存在。

篠田 桃紅


* 桃紅さんのこの本は
ブックカフェされど・・・mini
で、借りれます☆




されど ・・・ mini について    
*住   所    
加古川市西神吉町岸790-18  TEL090-5674 -3032
*営業時間     
Am10:00~Pm6:00まで(冬はPm5:00まで)
*定 休 日   
月曜日&第1・第3日曜&祝日
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://okagesama09.blog.fc2.com/tb.php/717-d989f1e1