おかげさま
古民家カフェ おかげさま 加古川市八幡町野村字三家556-2 tel:079-438-3024

ヌチ(命)ですかイクサヨ(戦世)ですか


『辺野古』


沖縄、名護市辺野古の大浦湾に、米軍巨大基地を造る話しは、ほぼ20年前の1996年から、始まっている。

普天間基地は、世界一危ない飛行場と言われ

それを移転する先を、同じ沖縄の辺野古へと、日米両政府が、勝手に決めた。

しかも、普天間に倍する巨大な攻撃型新基地

問題は、その海面埋め立てに使う土砂(岩ずり)を

小豆島
山口県周防島
門司新港
奄美大島

などから持ち出す、東京ドーム17杯分もの土砂だという。

つまり、土砂を取る方(小豆島・周防島・門司新港・奄美大島)と
埋める方(辺野古)の

二重の環境破壊である。


干潟は、海岸生物の、住まいなのだから


・・・今年のエコ・ピースツアーは

20年ぶりに、沖縄へ行ってきたよ。

と、教えてくださったのは、青木先生



『沖縄の干潟と戦跡を巡る』二泊三日の旅だったらしい。

もちろん、辺野古へも訪れたそうだが

辺野古では、キャンプシュワブのゲート前に、毎日400人前後の人が集まって、抗議と監視を続けているそうだ。

偶然、大江健三郎さんと7年ぶりの再会を、そこで果たしたそうだが(笑)

沖縄と西日本の自然と暮らしこそ~を願って

土砂を、辺野古へ持ち出す反対の署名活動を、青木先生は、始められていました。



スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://okagesama09.blog.fc2.com/tb.php/727-5a9bdae0