おかげさま
古民家カフェ おかげさま 加古川市八幡町野村字三家556-2 tel:079-438-3024

グレートジャーニー(人類の旅)

自然の大掃除、台風が去ったあと

野外地や畑の、草引きやかたづけが待っていました。



今朝は
加古川市西神吉町大国の
就労継続支援(B型)『ビオトープ』から

貯まった廃油(天ぷら油)を
とりにきてくれました。


今日は、まことくん21歳♪

ビオトープでは
現在、定員20名のうち、15名が利用されていて
内勤では、お箸の内職や、電気の部品組み立てが、主な作業内容だそうです。

おかげでは、もう長いですが
お客さんが持って来られた廃油、おかげで貯まった廃油を、貯まった頃に、集めにも来てくれ、助かっています。

地域の循環型社会を相互扶助により
試みながら
難点や改善点も、相互に話し合いながら

よりよい循環型社会を、身近なところから、再構築してゆく面白さもあります。


ようやく、手元に届いた

生命誌 ひらく

約37分のDVDと、生命誌(バイオヒストリー)20年の歩みを元に、『生命』を解いてゆく
中村桂子先生(79歳)たち


今じゃぁ、冒険家として有名な関野吉晴先生(66歳)ですが

一橋大在学中、探検部を創設しアマゾン川全域を下った経験が

南米からアフリカへ人類の拡散の行程を遡る(さかのぼる)

グレートジャーニーを実現させます。

1993年ー2002年

踏破(とうは)

(困難な道、または長い道のり)を、歩きぬくこと。

2002年
武蔵野美術大学教授(文化人類学)

2004年ー2011年

日本列島にやって来た人々の三ルートを踏破(新グレートジャーニー)

ちょっと、没頭して読んでいます。


スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://okagesama09.blog.fc2.com/tb.php/758-56c521db