おかげさま
古民家カフェ おかげさま 加古川市八幡町野村字三家556-2 tel:079-438-3024

国を包むと書いて、「くにかね」と読む

9月始まりましたね



81歳吉田さんの田んぼの無農薬米

あと、1ヶ月もすれば、稲刈り準備です。



友達の無農薬畑で収穫したなんきん
今年の味見して。と、差し入れてくれました。

いい色してる!

さて
私の生まれ育った村の名前は

国包(くにかね)という小さな村です。

住所は
加古川市上荘町国包

今年、初めてでしょうか??

『国包伝統文化祭』

が開催されるそうです

知らなかった(笑)

国包と言えば・・・

国包建具が、有名です。



私が子どもの頃、村の同級生のじいちゃんが、総理大臣賞とかとってる表彰状が、飾ってあったり

建具屋さんも、多かったのです。

そんな歴史もあってか

国包を愛する村の方々が、企画してくださったのだと思います。
素晴らしい☆

9/5(土)10時~17時
9/6(日)9時~15時

内容は

◎播州国包建具の組子の展示・組立体験

◎村のおっちゃん
美術作家藤原向意氏の作品展示

藤原向意(ふじわら・さきお)
1932年兵庫県加古川市生まれ。武蔵野美術大学卒業。1960年二紀会同人となる。このころから木版画を始め、その後プレス機で廃品を版画に刷り込むようになる。1992年頃から紙粘土とともに板や太い木の枝が制作に使われ始める。どこか原始的なイメージを作品に施し、アニミズム的な生命力にあふれた作品を生み出している。




◎播州国包屋台の展示

◎村のチーム
風龍太鼓の演奏

など

9/5(土)の初日
私も、見に行ってこようと思います☆







スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://okagesama09.blog.fc2.com/tb.php/762-c54067ba