おかげさま
古民家カフェ おかげさま 加古川市八幡町野村字三家556-2 tel:079-438-3024

フランスにいけるかも~♪( ´▽`)(笑)

9/5・6に催された
第一回国包伝統文化祭が終わり・・・

そのリーダーさんが
おかげを訪ねてくださいました。


国包の包は、古来、「曲がり角」
とも言われる言われがあるそうです。

人生の、国の
曲がり角、大事な見極めの瞬間でもありますね。

加古川市の端にある国包は、加古川マラソンの折り返し地点でもあるとか

人生の折り返し地点も、それぞれに感慨深いものです☆

さてさて、今回の伝統文化祭の立役者とも言われるリーダーは

現在64歳の、前町内会長さんです♪

国包のシンボルとも言われる、けやきの大木が、国包の過去から未来を繋いでくれるように

現在、「けやきの会」を発足されご活躍中♪

元、全国的にも有名な某アパレル企業Wにお勤めだったようで

優秀で、若くして、取り締まり役員にも抜擢され
そこでの経験を活かし

町内会長になった際に
我が生まれ育った村、国包から世界へ発信してゆこう!!(笑)と

村を活気づけてこられた経緯をお聞きしました。

今回の伝統文化祭は、第一回目にして大盛況♪

市議会議員さんや市長さんをはじめ、教育委員会、各分野の方々も、列席やお祝いと、今後の注目のまとともなるような

村人たちの生気を蘇らせ
村の無形・有形・人材という財産を、輝かせた伝統文化祭となりました。
素晴らしい☆

今後は、小さな小さな村・国包から

ひとつは村を代表する建具が

フランス・パリの建物に、はめ込まれるようなステイタスになれば、パリで第二回の文化祭をやろう♪(笑)とか

埋もれてしまっているけど
村にいる多くのアーティストたちを中心に、恵まれた豊かな自然環境まるごと、美術館になるような、村づくりをしていこう♪とか

夢物語を語ってくれました。

アパレル出身だからか

美術・芸術・芸能から、村を活性化させてゆく視点をお持ちなのだと思います。

小さな小さな200軒くらいの村が
世界へ・・・

と夢をはせ

夢を見させてくださるリーダーに
希望の星を感じました♪

フランス連れてって~~~~♪


今後注目の、国包けやきの会
藤原忠悟さん♪
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://okagesama09.blog.fc2.com/tb.php/769-251ed4fa