おかげさま
古民家カフェ おかげさま 加古川市八幡町野村字三家556-2 tel:079-438-3024

笑いあり・涙あり・感動あり!!①

第13回なかよし
加古川マダン

朝10時から、行ってきました。

いや~
イベントで、がっつりと会場に根を生やしたのは、久々かもしれません。

最初から、最後まで
ひとり、ハートがぬくぬくのワクワクのふわふわでした(笑)

こうゆうの、私、大好きかも(^^)

携帯は置いて出かけたので、写メはありませんが
その分、集中できた☆

とにかく、この日を内心、超楽しみにしていたので

午前の学習会から、がっつりと!!!
挑みました(笑)

午前の部

◎10時~1時間

◎11時~1時間

2名の方々のトークライブ

この国に、海外の血をひく方々が、在日されているのは、周知の事実ですが

私には、身近にそういった友達が、今までいなかったので

どんなお話しをされるのか、とても関心を持っていましたので

超楽しい2時間で、もっともっと聞きた~いと思いました。

悲しく、辛いお話しも、もちろんありましたが

それも含めて伺うのが、この学習会の醍醐味であり、新たな問題提起となって、拝聴者みんなで、問題の根を探り、解決してゆくための時間ですから、そりゃ~意味のある時間です☆


お一方は、私より少しお姉さんの、2児の母
《在日ブラジル》

ブラジルから、ご夫婦で出稼ぎに日本に来られる方々も、多くなっていますね。

彼女もそうでした。

まず、来たての頃は

『医療』で、心細くなられたそうです。

他国で怪我、病気になった場合

言葉の壁が、不安をより一層強くします。

お医者さんで、英語は話せても、それ以外の外国語を話せるお医者さんは、少ない、もしくはいない。

ただでさえ、病気で心細いのに
言葉が通じないと、不安が不安をよんでしまいます。

外国の方々が多くなっている昨今

医療現場にも、辞書や通訳ができるような人の雇用も、このお話しを伺って、必要性も感じるのでありました。

つづく





スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://okagesama09.blog.fc2.com/tb.php/842-eddb98c3