おかげさま
古民家カフェ おかげさま 加古川市八幡町野村字三家556-2 tel:079-438-3024

代から代へ愛情を紡ごう


昨年4月から、スタートした『はりま塾』

今年は、2年目の継続でした。

『はりま塾』の主題は

― 子どもたちへ、より良好なふるさとの環境を手渡すために ―

です。

私たちが暮らす、はりま地域にも
さまざまな諸先輩方がいらっしゃいます。

中でも、私が最も影響を受けて来た中には、はりまの自然環境を、よく観察し、より良くなるように、お仕事のかたわら、ご尽力されている方々が、いらっしゃいました。

兵庫の山や森、里や川、そして海

それらを、言わば護り、子ども世代により良く、受け渡してゆけるように

80歳を超える今でも、若輩の私よりも、勢力的な行動力で、前を歩いてくれています。

私は、思いました。

あぁ、私たちが、まだ現状、ギリギリ笑って生きれているのは、何十年も前から未来を危惧し、地域の先輩たちの、人知れず、譲らず、護ってきてくれた軌跡があるからだ

と。

泣きそうになります。
先輩たちの最上級の愛情を、感じずにはいられないからです。

表現するなら
親の愛情を受ける子供の心境のようなものです。

感謝してもしきれ無い感謝しかありません。

そんな先輩方々に、私たちは何を返せるのだろうと、いっぱいいっぱい感謝しても、私たちに何ができるのか。。。

先輩たちは、お返しなんて望んで無いのも、知っているから

私は、先輩たちの真似をして、先輩たちがしてきてくれたように、次の世代へ、先輩たちの軌跡を、私たち世代で力を合わせ進化させ、先輩たちの愛情を、次の世代へ繋ごうと思いました。

そして、2年目のはりま塾では、まだまだ、手探りの中、大きな問いである

― 子どもたちへ、より良好なふるさとの環境を手渡すために ―

を合い言葉に、老若男女、さまざまなジャンルの地域の方々とつながり、シェアし、学び、実践してゆくことを、気を永く持ち、続けてゆくことが、大切だと思っています。

やめることも簡単で、なんでも、続か無い理由は、簡単に作れる訳ですが
それこそ、人間の勝手な意識の使い方ですから
論点は、そこにはありませんし、人間の都合に合わせるのではなく

自然環境を主体に、どうより良くしてゆこうかが、大切だと私は思っています。


12/14(月)は
夕方18時から、今年の『はりま塾』
の忘年会

お集まり頂ける諸先輩方をはじめ、どなたでも、これからの地域を、より良く次へ受け渡してゆこうという、同じ想いの方々が、ゆっくりでも、一緒に糸を編んでゆけますように

ご関心のある方は、いつでも
アクセスくださいね。

忘年会は、お世話係り、たってのリクエストで、殻付き牡蠣のボイルです(笑)
他、お鍋(^^)

会費は、1000円程度☆

飲み物は、飲みたいものを各自持参です♪

いろんな方々と触れ、お話しを伺い

よかったら、牡蠣食べに来てくださいね~☆




スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://okagesama09.blog.fc2.com/tb.php/848-33f64521