おかげさま
古民家カフェ おかげさま 加古川市八幡町野村字三家556-2 tel:079-438-3024

ドキュメンタリー映画『逃げ遅れる人々』

師走、忙しい時期ですが。。

2011年の東日本大震災から、来年3月11日が来れば、5年です。

放射能汚染による甲状腺がんのひとつの経過が、5年の年月の中に出るだろうと、当時5年後の未来を危惧していたことを思い出します。

メディアの断片的な情報の奥にある真実が、私たちが避けては通れない真実ですよね。


兵庫県内でも、毎年夏休み休暇などを利用し、心ある有志が、福島からの休暇受け入れをやっていたり、兵庫県内に引っ越しされて来た方々のサポートをされていたりと

できる範囲で、できることをしている同郷の方々に、敬意を払う年月でした。

きたる12月14日(月)には

稲美町コミュニティーセンター(役場新館4階)にて

ドキュメンタリー映画
『逃げ遅れる人々
東日本大震災と障害者』



の上映会が、参加無料で

①10時~(74分)

②13時~

の2回上映されます。

・・・主催は、「みちおやくらぶ」

地域で共に暮らす老若男女が、どんな事情があろうと、誰もがあたりまえに共に暮らす輪を広げる

といった活動理念を持って長年、先を歩いてくれている川島みどりさんを中心に、現在は若いお母ちゃんたちも、活動してくれている。

今回は上映後、稲美町役場から、非常食のアルファ米の五目ご飯も頂き、午前中だけ、一緒に食べれるらしい。

障害があるゆえに、身を守れず、また必要な情報も得られない・・・

大災害の渦中で、私ならどうする・・・

小さな子、おじいちゃんおばあちゃん、下半身不自由な車椅子の方・・・

そんな方々を横目に、私なら、どうするだろう・・・

あなたなら、どうする?

いろんな方々の当時の状況を見ながら、一緒に、考えませんか?


私も、今年、見逃した映画のひとつで

再上映を、クリスマス前に、してくれるようです。

12/14(月)は
午前中に、行けたら見に行ってこようと思います。

夕方からは、『はりま塾』忘年会ですので

昼から帰って、忘年会の食事の準備をしますね☆

ということは

実質、おかげの営業は、私昼から居るけど、手が空かないかも☆





スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://okagesama09.blog.fc2.com/tb.php/856-89f2ed4e