おかげさま
古民家カフェ おかげさま 加古川市八幡町野村字三家556-2 tel:079-438-3024

日本と原発をみて①

1/10(日)
今朝は、消防の出初式が

『日本と原発』上映会場横の、高砂市文化会館でもおこなわれており(駐車場が同じ)
朝から、熱気ムンムンの会場入りとなりました
♪( ´▽`)



やん♪マスコットもあるんや〜( ´ ▽ ` )ノ

朝から和んだところで
今日の目的
『日本と原発』会場へ♪

知ってる顔のスタッフ大勢の中
新年、お初にお会いする方々ばかりで、久しぶりにお会いする方々などには、お一人お一人ご挨拶していると、あっと言う間に、上映開始時間と迫ってしまいました(笑

まずは、主催ご挨拶☆
わかりにくい(笑)ですが

高砂では、大先輩の山本きよこさんです。

社会問題から、今では舞踏♪♪で、全国も回られ、いくつになられても、超多忙なきよこさんで

何かしら地域の行事では、リンクすることが多い、よきアドバイザーでもあり、オブザーバーでもあります。

そして映画は、約2時間。

多くの方々が、原発に関しては、きっと3・11をきっかけに、関心と、さまざまな情報の元、見解もすでにお持ちのことと思っていますので(私も含めて)

特に私は今回は、より深めること、もう一度深めること。を念頭に置き、まっさらな気持ちで、鑑賞しました。

感想は、この映画を見られた方々が、ぜひ多くの方々に見て頂きたい。というだけあってか

とてもわかりやすかった。
が第一声です。

ここでは、多くを語りませんが(細部を語れば、字数が、めっちゃ多くなるから)

ひとつだけ。

3・11は、地震によって、津波に襲われ

海沿いにある原子力発電所は、水素爆発に至りました。

その際にでた放射性物質によって

発電所内はもちろん、10キロ圏内は、死の灰により、近づけない現実となりました。

地震による津波だけだったら・・・

津波が引けばすぐ!!
消防が、行方不明の人々の救出に、出動のご尽力が尽くせます。

しかし・・・

原子力発電所の爆発で、約1ヶ月、救出は、国の許可なしに、出来なかったそうです。

そして今でも、ふるさとを無くし、これからもその土地に足を踏み入れる目処が無い場所、人々が存在するのです。
その場は復興ならずなのです。

地震津波だけなら、復興は出来ている事例はたくさんありますよね。

原子力とは、そうゆうことなのです。














スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://okagesama09.blog.fc2.com/tb.php/887-d290a581