おかげさま
古民家カフェ おかげさま 加古川市八幡町野村字三家556-2 tel:079-438-3024

楽しむために〜♪( ´▽`)

1月もあと3日です。
濃く長かったように感じます。

ですが、2月ニゲル、3月が来れば、きっと早く感じる気がしていますので

体調にだけは、気をつけようと思っています。

今年は、私の周りも高・大受験生も多いですから、親子共々、この時期、栄養、睡眠、気力、体力を見守りたいと思います。

冬野菜をみじん切りにし、トマトカレーチーズ味のスープを、たっぷり作って配りました。

エイトたちも、朝からいっぱい食べてくれる。

私は、黒胡椒多めに、身体がホカホカします。
横に添えたパンは、トコトコさんがくれた、レーズン天然酵母パン



さて
今年で11回目を迎える
春の手作り市

よく続いてるな〜と、思います(笑

へんてつもないのんびりな日常が好きな私は、特別なハレのイベントごとを、あまり進んではやらないですが

みんなが集まるこのおかげで
一年に一度のご奉公と思えば、頑張れるわけです。
毎年楽しみにしてくれている人たちや、遊びに来てくれる人たちから、今年はいつ〜いつ〜と後押しされながら、11回(笑

第一回目から
みんなの手作りの市だから
みんなで、創ってきた市でした。

相談も、計画も、私はこう思う。あなたは、どう思う?
そんなやりとりを、スタッフ、出店者と重ねてきた11回

イベントもいきものですから
毎年、さまざまな反省点や問題点を与えられながら
でも逃げない、真正面からしか受け止めない
で、真正面に投げ返す(笑

泣いたことも泣かしたことも何回もある

鍛えられてきましたね〜
私もスタッフも出店者も、お客さんまで(笑

だけど、それが
無事に楽しむための、ひとつの方法だったのかも知れません。

だから今では、みんなに信頼を置き切って
難しい難題も、ストレートに相談出来るし
ディスカッションするし

みんなで、乗り越えて行ける気がします。

たかが、手作り市
されど手作り市

晴天の青空の下、楽しい、気持ちいいを、体感できるのも

ひとりひとりが、自覚と責任と信頼を
胸に秘めて、参加しているからなのかもしれません。

そして毎年終わったあとの
どっと気が抜けて、疲れがでる、ほっと感は

気を張ってた分の、最高の労いにかわります。

目に見えない重圧からの解放

終わりたては、もう来年はちょっと考えさせてと、思うけど

1年休めば、毎年やってる(笑

今年も、初っ端から出店者たちとのディスカッションは、それぞれにリスタートの襟を正した出発で

今春も、がっつりと、3/21は楽しみます!!!

お楽しみに☆
ぜひ、来てね〜♪( ´▽`)

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://okagesama09.blog.fc2.com/tb.php/908-91d4ac3c