おかげさま
古民家カフェ おかげさま 加古川市八幡町野村字三家556-2 tel:079-438-3024

6/12講師紹介〜☆

昨日の日曜日は
6/11(土)開催のWhale Meeting
ホストたち2名が、ランチ打ち合わせにご来店でした。

菅原真樹 × YURAI

残り7席で、もうすぐ50名だそうです。
思案中の方は、お急ぎを〜♪♪

そして、翌日の6/12(日)@おかげさま

青木敬介 × 菅原真樹

『タマシイの海』トークショーVOL.2

講師紹介をしておきましょう☆

この日のスペシャルゲストは
「播磨灘を守る会」代表
青木敬介先生

現在83歳

気の塊のような
その迫力には、圧倒されますが
普段は、とっても優しいおじいちゃんです。

たつの市御津(みつ)にお生まれになり
すぐ目の前は、海
小さな頃から海と親しみ、大学で京都生活から帰ってきたとき、海が赤くよどんでることに、異変を感じ(赤潮)、それから
「播磨灘を守る会」を地元漁師たちと結成
その会も、今年45周年をむかえます。

45年間の播磨灘の変遷と、先生たちの活動記録を元に、これからの未来のために、今回はたっぷりとお話しをお伺いしたいと思います。

そして
青木先生のホスト役を今回つとめていただきます
プロダイバー菅原真樹

今年3月に、青木先生のホームグラウンドにて
青木先生との対談を果たした真樹さん

その第二弾は、自らホスト役を買って出、ぎっしり詰まった青木先生のお話しを、対談でナビゲートしてくださいます。

真樹さんは、現在ハワイ島在住
ハワイ王国時代の王族の末裔が引き継ぐ大切な土地を、白人の入植により、リゾート開発、ゴルフ場建設で引き起こす環境破壊から自然を守るため、広大な森を自ら購入し、現在も豊かな森とそこで生きる生き物たちを守ってくれています。

元々小さな島国ハワイ島では、潮水の海に囲まれているため、飲料水となる山からの自然の清水を大切に、昔のネイティブたちは、暮らしていました。

その伝統も、現在ネイティブでさえ、重んじ生きる人々は少なく、島の自然は荒れてゆきます。
(日本もそうですけど)

プロダイバーでもある真樹さんも、海の汚れに、心を傷め、水をたどれば、山の荒廃にたどりつき
自然界のしくみが、現在壊れかけていることを、自ら問題提起し続けています。

今回は、海の男たちからみる海
そして、海を守るための視点で、対談は、乞うご期待です!!


メインゲストとなる今回のお二人を
お迎えする側を代表して

おかげさまホームの
「はりま塾」講師でもある、横山先生にも
少し、お話しして頂きます。

大学の先生でもあり、専門は環境経済学、また地域アドバイザーとして、県外でもご活躍中ですが

今回は、兵庫県の一級河川である加古川
その流域に暮らす私たちですから
加古川流域からみた、自然環境についてお話し頂こうと思います。


そして、ラストは、ライブ
出演してくださるのは、TAKA SHOWさん


なにげなく
TAKAさんと、播磨灘を守る会のお話しをしていたときに、「僕も、播磨灘を見ながら曲を書くんですよ。そのときに、入浜権のことも、ふと思って。。。書いた曲があるんですよ〜」

って話してくれて
私は、いつか青木先生に聴かせてあげたいです!!

って言ってたことが
今回、ほんとに実現してしまうんです!!!

はりまを想って、はりまを唄う
『はりま4部作』をご披露してくださいます。


泣いてもたら、どうしよう〜〜〜〜〜〜
。・°°・(>_<)・°°・。


はりまを愛する、熱い熱いはりまのアットホームな1日になりそうです。

あかん
泣くーーー(笑)
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://okagesama09.blog.fc2.com/tb.php/998-7be35cd4