おかげさま
古民家カフェ おかげさま 加古川市八幡町野村字三家556-2 tel:079-438-3024

12/5(土)午前中出かけます

最近、コンセントが無いと使えない携帯
なので、写メ限られます。

本日は、年に一度の七夕♪のような日
(^^)



昨年の写メですが。

今年も、キャンピングカー生活のしうちゃんが、おかげご来店でした♪

春桜前線と共に、熊本を出発し、夏には北海道、そして南下し、ちょうど今頃、毎年おかげです(^^)


毎年恒例のお土産は、三重県松坂市にある水屋神社の聖水とお塩
今年は、富有柿までついとる(^^)


水屋神社のご神木

私は行ったことないですが(笑)
ご縁あって、大好きな今は亡き宮司さんと、神社です。

しうちゃんのHP
http://soto.sakura.ne.jp/キャンピングカーSOTO

ちなみに、しうちゃん、女性です♪

明日は、朝9時から
高砂へ、木々(もくもく)工房へ、展示会に行ってきます。

午後には戻ると思いますので、お間違いのないよう、よろしくお願いします☆



代から代へ愛情を紡ごう


昨年4月から、スタートした『はりま塾』

今年は、2年目の継続でした。

『はりま塾』の主題は

― 子どもたちへ、より良好なふるさとの環境を手渡すために ―

です。

私たちが暮らす、はりま地域にも
さまざまな諸先輩方がいらっしゃいます。

中でも、私が最も影響を受けて来た中には、はりまの自然環境を、よく観察し、より良くなるように、お仕事のかたわら、ご尽力されている方々が、いらっしゃいました。

兵庫の山や森、里や川、そして海

それらを、言わば護り、子ども世代により良く、受け渡してゆけるように

80歳を超える今でも、若輩の私よりも、勢力的な行動力で、前を歩いてくれています。

私は、思いました。

あぁ、私たちが、まだ現状、ギリギリ笑って生きれているのは、何十年も前から未来を危惧し、地域の先輩たちの、人知れず、譲らず、護ってきてくれた軌跡があるからだ

と。

泣きそうになります。
先輩たちの最上級の愛情を、感じずにはいられないからです。

表現するなら
親の愛情を受ける子供の心境のようなものです。

感謝してもしきれ無い感謝しかありません。

そんな先輩方々に、私たちは何を返せるのだろうと、いっぱいいっぱい感謝しても、私たちに何ができるのか。。。

先輩たちは、お返しなんて望んで無いのも、知っているから

私は、先輩たちの真似をして、先輩たちがしてきてくれたように、次の世代へ、先輩たちの軌跡を、私たち世代で力を合わせ進化させ、先輩たちの愛情を、次の世代へ繋ごうと思いました。

そして、2年目のはりま塾では、まだまだ、手探りの中、大きな問いである

― 子どもたちへ、より良好なふるさとの環境を手渡すために ―

を合い言葉に、老若男女、さまざまなジャンルの地域の方々とつながり、シェアし、学び、実践してゆくことを、気を永く持ち、続けてゆくことが、大切だと思っています。

やめることも簡単で、なんでも、続か無い理由は、簡単に作れる訳ですが
それこそ、人間の勝手な意識の使い方ですから
論点は、そこにはありませんし、人間の都合に合わせるのではなく

自然環境を主体に、どうより良くしてゆこうかが、大切だと私は思っています。


12/14(月)は
夕方18時から、今年の『はりま塾』
の忘年会

お集まり頂ける諸先輩方をはじめ、どなたでも、これからの地域を、より良く次へ受け渡してゆこうという、同じ想いの方々が、ゆっくりでも、一緒に糸を編んでゆけますように

ご関心のある方は、いつでも
アクセスくださいね。

忘年会は、お世話係り、たってのリクエストで、殻付き牡蠣のボイルです(笑)
他、お鍋(^^)

会費は、1000円程度☆

飲み物は、飲みたいものを各自持参です♪

いろんな方々と触れ、お話しを伺い

よかったら、牡蠣食べに来てくださいね~☆




12月のお母ちゃんの台所

個人的には、思い入れも

形態も、内容も、丸ごと大好きな、『お母ちゃんの台所』です☆

台所がスタートしてから、4年目の師走

1年というサイクルを4回、四季の『旬』が、台所のお母ちゃんたちを、引っ張って来てくれました、たくさんの大切なことを気付かせてくれました。

自然の中で生きる、ゆく年を懐かしみ、また、自然の中でいきてゆく、くる年に想いを吹きかける

毎年12月は、今年の有終の〆として、せわしない月ですが、年の最後に、みんな顔を合わせられることが、嬉しいことです。

・・・さて、今年の〆くくり台所は

お正月準備風ですかね☆

毎回、細部にわたり、コーディネートしてくれているお母ちゃんたちに、感謝です☆

どなたでも、お越しください。

・・・


日時:12月17日(木)
    10時~昼食後順次解散

参加費:500円
     別途 お正月飾り代 1200円

◆葉牡丹でお正月飾りを作ろう
①苔玉
②ミニ苔盆栽
どちらかを選択してください。
①の見本写真を添付しますので ご覧ください。

◆持ち物:①②共通・・・ハサミ(クラフト用でOK)、ピンセット、薄手のビニール手袋、持ち帰り用袋
      ※②を選択の場合は、器もご準備ください(大きさ目安→直径約10㎝、深さ約5㎝以上が植えやすい)
      昼食作り用→包丁、まな板

◆昼食メニュー
・酒粕雑煮・伊達巻・なます・きなこ餅

◆申し込み締め切り 12月10日

申し込み先
okageharima@gmail.com
※お名前・連絡先・大人子ども参加人数・子どもハーフ有無・お正月飾りの希望番号 を記載の上、お申込みください。

12月前半☆地域の催し

12月に入り

コタツを、出しましたよ。



2日前から、胃腸炎らしき?、嘔吐のいぶき

学校も自粛し、おかげに居ます。



ノロウイルスも流行っているようですので、お気をつけくださいね。

さて今年も残すところ、1ヶ月

地域の師走の催し物を、あげておきましょう

◎まずは、12/4(金)

JR社駅出たら、すぐ見える
カフェがいあのしずく

今年は、1ヶ月に一度の、マーケットで賑わいましたね



今年の最後を飾るマーケットでは
旧ロシア、コーカサスフードもあるようですよ♪
楽しみですね。

https://m.facebook.com/profile.php?v=events&event_action_context=%7B%22ref%22%3A98%2C%22action_history%22%3A%22null%22%7D&id=622717391137591&refid=17ダンスウイズガイア


◎翌日の12/5(土)は

高砂にある、木々(もくもく)工房さんにて
年に一度の展示会です。

さまざまな樹を吟味し、魂のこもったいい作品を、いっぱい作るんですよ。

賞もいっぱいとっている代表の上田さん

5日(土)は、午前中、私も展示会行ってきます。

高砂市伊保町中筋1245
090-3033-0499(上田)


◎12/13(日)は、サンデーマーケット

播但線京口駅前出てすぐの公園

自然派には、魅力的なマーケットですね☆

http://sunday-market.jimdo.com/?mobile=1サンデーマーケット



今年2回目の無料上映会

東日本大震災と障害者
逃げ遅れる人々
ー聴覚障がい者用字幕付きー



現実、災害が起こった場合
知らないと知ってるとでは、全然違ってきますね。

◎12/14(月)
稲美町コミュニティーセンター(役場新館4階)

①10時~
②13時~

主催は、みちおやくらぶです☆



Sakis
exhibition

〈JAPAN〉



器と雑貨 moi

〒 675-0031
兵庫県 加古川市 加古川町北在家2482

12/6(日)まで~☆

京都多福院 観音講LIVE

11/26の夜は、いぶきとチャロと、満月ウォーキング☆

月の光で、心身をほぐしながら、たわいもない話しをしながら、いぶきの小さな手は、私の手をつないで歩きます。

たまに、タイミングが合えば、いぶきに誘われて歩いています。




第34回 観音講 / 京都多福院

多福院 特別観音講奉納会
  『心で大宇宙調和の音を観る』


12月13日(日曜日) 
9:30~14:30(昼休憩をはさむ)

奈良裕之さん / 菅原真樹さん 

 ※奈良裕之さん
   世界民族楽器演奏者、音霊artist,
   龍村仁監督映画地球交響曲第6番出演者

 ※菅原真樹さん
   フリーダイバー、Photographer,
   ハワイ島4万年の太古の森番宿Kaloko House主宰

☆特別企画のため、今回のみ参加費が3,000円となります。
 ご理解くださいますようお願申し上げます。

どなたでも、お越し下さい。



【奈良裕之プロフィール】

1954年生まれ、61歳
釧路市在住。

小学校6年でトランペットをはじめ、70年代、ロックグループでプロミュージシャンとして過ごし、ライブハウスのプロデュースなども手がける。



94年より世界の民族楽器による即興演奏を始める。
ライフワークとして多くの福祉施設・教育施設・病院などを回り人々と深く交流している。
舞踏・詩・絵画・写真などとのコラボレーションやアイヌ詞曲舞踊団「モシリ」との共演にて日本列島スピリットツアーやインドネシアツアーを行う。



神 社・寺・教会・遺跡・美術館・プラネタリウムなどでも演奏している。

ドキュメンタリー映画「地球交響曲・ガイアシンフォニー第三番」に出演のアラスカ先住民クリンギット族の神話の語り部ボブ・サム氏と98年10月札幌・東京・奈良、99年8月東京・奈良・大阪にて共演する。



99年8~9月オーストラリア・ケアンズ市を中心に福祉施設・教育施設・一般公演を行う。音楽活動とは別に写真と書による個展も行っている。

個展のタイトルに冠する「ナラヤナ・アート」は、「ヴェーダ」の物語に出てくる「ナラヤナン」からつけたものという。